ページのトップへ移動

過去の記事

:2018年

クリスマスプレゼントはオイスターマッシュルーム

12月24日のクリスマスイブにプレゼントとして受け取ったオイスターマシュルーム。25日のクリスマスに少し成長し、26日のボクシングデーにさらに成長し、27日に収穫しました。この日の収穫は1.2キロ。すごい量です。
ささっと炒めてバター醤油でいただき、リゾットも作ってみました。それでもまだ食べきれない程の量だったので友人にもらって頂きました。収穫してもまた生えてくるらしく(3週間程かかるそうですが)4回くらい収穫が見込めるそうです。しばらくはこの子の面倒をしっかりみないといけません。頑張ってにょきにょき出て来て欲しいです。

img_coo_31dec18_01.jpg
成長記録  
img_coo_31dec18_02.jpg
27日に収穫しました!  
img_coo_31dec18_03.jpg
リゾットも作りました!  

クリスマスプレゼントは??

みなさん、それぞれのクリスマスを過ごされた事を思います。COOも大いに食べて大いに飲みました♪♪そして沢山のプレゼントでみんな笑顔になりました。今年のプレゼントの中でヒットだったのはマッシュルーム!!ぐんぐん育つ様子は次回のブログでご紹介しますね。お楽しみに!

img_coo_28dec18.jpg
 

早くオープンして、リアルフィッシュ

このブログでも、何度か紹介しました、我が家、御用達の日本人経営の魚屋さん「リアルフィッシュ」、今年の5月にココス・ショッピングセンター「COCOS SHOPPING CENTRE」のお店を閉めて、移転しますと、聞いて、早、7ヶ月。新しい場所の工事の関係で、オープンが延びに延びています。この間、宅配サービスをしていましたが、我が家は、お店に行って、実際にお魚を見て(特にお魚の目)、買っていたので、このサービスを利用することは、無かったのですが、、流石に、我慢の限界となり、ちょうど、季節柄、数の子があるということで、お刺身を出前してもらいました。久しぶりの白身の魚に舌鼓、日本酒との相性は、抜群、今日は、お気に入りの銘柄「雁木」の「鶺鴒」、純米大吟醸、精米歩合35%。一日も早いオープンを、切に願います。

img_jo_24dec18.jpg
 

[メルマガ] ブリース洋子公認会計士事務所 2018年12月号

******************************************************************************************
ワイドエステートでは皆さんの生活に役立つメルマガをご紹介しています。
発行元は実績のある会計士事務所、弁護士事務所...等々
是非ご覧ください。
また、弊社ブログ内にてメルマガの紹介をご希望の場合は、
ワイドエステートまでお問い合わせ下さい。

******************************************************************************************

◇◇メルマガ編集・発行◇◇
ブリース洋子公認会計士事務所
Yoko Briese Accounting & Business Services

今年最後のメルマガとなりました。 今年も大変お世話になりました。来年も皆様に旬な情報をお送りできるように、アンテナを張り巡らします。 当所は12月24日から1月2日までお休みをいただきます。その間、御質問がある方は、メールにてお問合せいただければ幸いです。皆様、どうぞ良い年をお迎えくださいませ。
では、今年最後のメルマガをお届けします。

ビジネス支援サービス

当事務所では、これからビジネスを始めたいけれどもどうしたらよいのかわからない方、始めているけれども、今更聞けないことがたくさんある方・・・などを対象に支援サービスをパッケージとして開始いたします。今までももちろん、支援させていただいていたつもりですが、声を大にしてお知らせしておりませんでしたので、ここで、発表します!

記帳のイロハを知りたい、従業員を雇う場合に気を付けること・・・など、きっとお役に立つはずです。わかりやすい費用設定でお届いたします。詳細につきましては、ご連絡ください。

詐欺にご注意

メディアでも大きく取り上げられていることなので、ご存知の方、実際に経験された方もおられるかもしれませんが、オーストラリア国税局(ATO)を名乗る詐欺電話が横行しています。今年の7月から12月10日現在で、55,000件の「ATOから詐欺電話があった」という報告があり、430名が合計AU$1,800,000の被害にあったということです。

手口としては、ATOと名乗る電話があり、「過去のタックスリターンが未申告になっていて、xxxxドルが未払いになっている・・・・または、過去に申告したタックスリターンに間違いがあったので、追徴課税としてxxxxドルをATOに支払わなければならない。これは、税法〇〇条xx項に基づく。正しく納税しないならば、連邦警察に逮捕される。」と、アプローチの仕方はいろいろあるようですが、かなり攻撃的な内容です。もっと怖いケースになると、詐欺電話中に、この被害者の会計士の名前を言い当て、会計士と今電話で話すから・・・と他のラインでまことしやかに電話をするという詐欺の手法も報告されています。そして、「これから言う電話番号にすぐに電話しなさい」と言うパターンが多く、電話をすると、iTunes ギフトカードを購入するように言われるようです(もちろん、他のパターンの指示もあるようです)。 電話をするように言われる電話番号は、メルボルンの市街局番のものが多いようですが、アデレード版、シドニー版もあります。

大体において、ATOは、「警察」や「逮捕」という言葉を使って納税者を脅すことはありませんし、ましてや、納税の代わりにiTunesギフトカードを買うように指示もしません。通常、申告や納税を怠っていれば、手紙が最初のアプローチ・・・時として電話がかかってくることもありますが、あくまでも紳士的な話をしてくれます。

気になる方は、担当の会計士に確認されることをお勧めします。 また、ご自身が詐欺の被害にあってしまった、「これは詐欺かもしれない」と思いあたることがあれ、ATOの専用ライン 1800 008 540 にご連絡ください。詐欺電話中に電話を切るなと脅されることもあるそうですが、切ってしまっても大丈夫です。本当にATOからの電話ならば、かけなおすことができます!

正しく源泉徴収をしないと経費控除ができなるなるかもしれないので、ご注意を

このほど、人件費、業者、および契約社員から正しく源泉徴収をしていない事業主に対して、厳しい対策が法律化されました。

人件費や業者への支払い
源泉徴収税を申告・納税していない事業主については、2019年7月1日より、ご自身の事業の税申告において、あらゆる人件費が経費として認められなくなるということです。 従業員への給与、コミッション、ボーナス、手当、役員報酬、労働雇用契約に基づく支払い、ABNを提供しない業者への支払いなどから、決まった源泉徴収をしていない場合、それらの人件費が事業の経費として認められなくなりますので、ご注意ください。

ただし、ただ単に間違って源泉徴収をしていないために自発的に訂正措置をとった場合には、この厳しい措置は免除されるようです。契約社員(ABN保持者への支払い)に対しての支払いだと思っていたが、後に、それは従業員への給与として支払うべきだった(よって源泉徴収するべきだった)と気が付いた場合などが例として挙げられます。こういった場合には、支払った額は経費として認められますが、罰金は適用される可能性はあります。

Taxable Payments Reporting System
これは、もともと、建築業者に課せられた義務で、これらの事業主がABN保持者の契約社員に対して支払をした場合、その詳細をオーストラリア国税局に対して年に一度報告する義務です。この報告義務は、昨年からはクリーニング業者にも課せられ、今度は、大型車両を使用した運送業者、ITやセキュリティー、「調査や監視」関連の業者にも課せられることになりました。この「調査や監視」業界には、例えば、Locksmithsも含まれます。定義としては、「怪我や損傷、スパイ行為や諜報、盗難、潜入行為、破壊などから守る、または防ぐ行為を提供するサービス」となっています。

対象となる事業主は、2019年7月1日より、契約業者の名前、ABN、住所、そして支払額(税込み)を記録し、2020年8月20日までにオーストラリア国税局に報告する義務があります。

上記の内容について、ご質問やコメントがありましたら、以下までどうぞ!
info@ybabs.com.au

◇◇メルマガ編集・発行◇◇
ブリース洋子公認会計士事務所
Yoko Briese Accounting & Business Services
WEB: http://ybabs.com.au/

TOMAMIバーガー?

久しぶりにモスバーガーに行きました。
このところゴールドコーストは健康志向ブームでモスバーガーのメニューにもLow-carbがあります。低炭水化物のメニューです。写真が載っているバーガーもありますが、このTOMAMIの写真は載ってなくて、それに加えてメニューの横にlimitedavailable(数に限りあり)というスタンプも付いて、何だか興味をそそられたので注文してみました。なんと、このようなバーガーが来ました!!(写真の左側)丸ごとトマトの間にビーフパテが挟まってました。トマトはグリルされていて少し味もついてパテはプレミアム和牛。かぶりつくのが大変。トマトのジューシーな汁が滴りちょっとお行儀が悪い食べ方になってしまいます。が、美味しかったです。ここオーストラリアの固めのトマトだから出来るメニューだと感じました。

img_coo_21dec18.jpg

買いのチャンス、売主には厳しい!!

不動産データベース会社CORE LOGICが、2018年8 -10月までの3か月間で、オーストラリア全土で、売却(売買契約の締結)までに要した日数が中間値で53日間と、昨年の42日間と比較して、11日増加したと発表しました。

主要都市では、昨年が35日間要し、今年が46日間、その他の地域で、55日間が61日間と増加、2016年以降では、最高日数となっています。

特にシドニーでは、2017年が31日だったのが、50日と、21日間も余計に時間が掛かったことになります。クイーンズランドでも、ブリスベンでは、53日間と、2013年2月以降の最高日数です。

これらの数字は、不動産市場が弱いということを反映しています、不動産価格が下がり、在庫は増えているが、なかなか売れいない、という状況で、売主にはとっては、厳しい現状ですが、一方では、不動産を購入しようしている人にとっては、選択肢が広がり、値引き交渉もし易いということです、今が買いのチャンス!!

クリスマス、年末年始休業日のお知らせ

もうすぐクリスマス!!この1年もあっという間でした。

さて、ワイドエステートのクリスマス、年末年始の休業日のお知らせです。
12月25日(火)(クリスマス)、26日(水)(ボクシングデー)がオーストラリアの祝日ですので、休業日となります。
また年末年始は、1月1日(火)(お正月)がオーストラリアの祝日となりますので、休業日となります。

それでは皆さん、素敵なクリスマスを!

img_cyu_14dec18.jpg
 

もうすぐクリスマスだあ!

先日、息子が通うチャイルドケアでクリスマスパーティーがありました。今年もサンタクロースがやって来て、一緒に「はい、チーズ!」ちゃんとプレゼントのお願いをしたのでしょうか。泣いている子もいれば、話しかけている子供もいました。息子はどちらかと言うと、緊張してた様子です。
その日の夕方は家に戻る途中にあるクリスマスの飾り付けがすごいお家を拝見。初めて見るイルミネーションに「ワオーーー」となぜか英語で驚きの一言。その後は、目を輝かせてじっと見て「キレーイ」と感動していました。
先週はサンタクロースに手紙を書き、1週間後にお返事をもらい、「いつも、とおくからみているよ.....(略)もうすぐクリスマス、きみのおうちにもいくからたのしみにしていてね」と気持ちがグーンと、とっても盛りあがり、お手伝いをいつも以上にする息子。
もうすぐクリスマス!サンタクロースさんはプレゼントの準備に忙しくなりますね。

img_cyu_14dec18_02.jpg
img_cyu_14dec18_03.jpg

インターナショナルホテルのオープニングが続くブリスベン

建設工事がほぼ完了したメリーレインアパートメントの建物にはザ・ウエスティンホテルが入り、話題を呼びました。シェラトン、ヒルトン、Wホテル、アコー(ノボテルなどのチェーン)などに並ぶ世界的なホテルチェーンのオープンですね。メリーレインを開発した会社はお隣のフォーポイントシェラトンも所有されているとかで、シンガポールやニューヨークにあるおしゃれな街の雰囲気を造りたい、というコンセプトを持っており、確かに完成したメリーレーンを含め、メリーストリートの雰囲気が良い感じになっております。ブリスベンシティ最大の開発物件、クィーンズワーフプロジェクトには、スターカジノはもちろん、リッツカールトン、ローズウッドホテルもオープン予定で、チョイスの幅がぐっと広がります。他のオーストラリアの州都に比べ、世界的なホテルチェーンが少ないブリスベンでしたが、このクィーンズワーフプロジェクトがほぼすべて完成する2024年までには、かなりのレベルアップが期待されます。

ちなみにメリーレインは完成済みのアパートメント販売中です。『住む人』に焦点を当てたゆとりの設計で、なかなかの高級嗜好です。インテリアの仕上も高品質。各階ごとにそれぞれのアパートの個別収納スペースもあります。37階屋上のプールからの眺めは格別に素晴らしく、お値段は2ベッドルーム91万ドル(約7640万円)からとなり、28階以上はかなりの眺めで、街中の物件にありがちなお隣のビルも視界に入らず、街の中心にいるとは思えない雰囲気です。レジデント用の入口もエレベーターもホテルゲストとは別ですが、ホテルのレストランの割引やルームサービスが利用できるなど特典もあります。ご興味おありの方は是非、Wide Estateにお尋ねください。

img_mo_13dec18_01.jpg
img_mo_13dec18_02.jpg

ブリスベン空港アップグレード

オーストラリア建国200年祭で国中が盛り上がったのは1988年でしたが、このころブリスベンの空港は国内、国際線ターミナルや駐車場施設が大きくアップグレードされました。それまでは田舎の街にある空港風だったそうですが、ターミナルビルも大きくなり、ちょっと大都市の仲間入りしたブリスベン空港でした。それからまた、長い年月が経ち、ブリスベン空港は再び2012年から2020年までの8年かけた滑走路の大規模アップグレードと国内線ターミナル再開発が始まり、いよいよ、あと1年ちょっとで、豪ドルで$1.3Billion(約1000億円)かけて建設されている新しい滑走路が出来上がります。完成すると、現在の2倍の飛行機発着数が可能になり、国内でも一番良い滑走路となる予定だそうです。こういったインフラ設備への投資は、たくさんの雇用機会を生み出し、市の経済への貢献もしており、ブリスベン市はこの他に州のバックアップで、客船ターミナル再開発、その周辺のハミルトンの道路のアップグレードも進めています。クィーンズランド州の南西のブリスベンを含めたゴールドコースト、シャンシャインコーストエリアはこういったインフラ設備の開発、拡張、充実が人口増加につながり、地域の不動産価値を高める相乗効果となっているわけです。
ブリスベン国内線ターミナル再開発についての情報はこちらをクリック(ブリスベン空港のホームページ内/英語)

img_mo_07dec18.jpg

123456789