ページのトップへ移動

最新の記事

2021年注目の都市は?

2020年は、コロナウイルス、アメリカの大統領選挙を中心に、世の中が回った感じがします。特にコロナウイルスは、誰もが予想しなかったビッグ イベントとして、歴史に残ると思います。

さて、2021年が幕開けして、オーストラリアの不動産市場は、どのようになるのか?どこの都市が注目されるのか?という質問に答える記事が、オーストラリア ファイナンシャル レビュー誌に掲載されていました。

不動産調査会社コアロジックが調べた、2020年12月31日付の主要都市の中間住宅価格が公表されました。その中で、注目する都市は、ブリスベン。住宅中間価格が52万1,686ドル(日本円で約4,200万円)で、シドニーの87万1,749ドル(約7,000万円)、メルボルンの68万2,197ドル(約5,500万円)を大きく下回り、表面利回りが、ブリスベンで7.6%、シドニーで5.3%、メルボルンで1.3%で、価格的にも利回り的にも魅力的で、ブリスベンの住宅価格は、前年比で3.6%%上昇し、2021年も価格の上昇が予想されますという内容でした。また、調査会社SQMの調べでは、コロナ禍で、移民の減少や郊外への移住で、主要都市では、空室率が上昇する傾向にあります。昨年12月時点でシドニーの空室率は、3.6%、メルボルンは4.7%。一方、ゴールドコーストの空室率を見ると、サーファーズパラダイス(郵便番号4217)が1.1%、ブロードビーチ(4218)0.8%、サウスポート(4215)0.7%という、低空室率です、背景には、VIC州やNSW州で、コロナ感染が拡大したことにより、より安全で、家賃も低く、住環境が優れているゴールドコーストに人々が移住したことが挙げられます。ゴールドコーストの不動産価格が上昇傾向にあることも納得できます。やはり、2021年も、注目はゴールドコーストとブリスベンになりそうです。

img_jo_20jan21_02.jpg
img_jo_20jan21_03.jpg
img_jo_20jan21.jpg

Whitsundaysに行ってきました!

オーストラリア政府はコロナウィルスの種類や感染者数に非常に敏感に対応しています。毎日、数百名の海外からの帰国者がオーストラリアへ入って来ますが、それぞれの州のチーフヘルスオフィサー(最高健康責任者)が感染者数やウィルスの種類に目を光らせていて、そのオフィサーがこれは危険と判断すると、その事を州知事に伝え、州知事は一存で対処法の判断を下すので州境がいきなり閉まったり開いたりします。

同じ州内なら大丈夫かと思い、COOはWhitsundaysに行って来ました。ブリスベンからプロサパイン空港へ飛びました。アーリービーチの玄関口です。1月~3月は雨期でご覧の通り1週間ずっと雨の予報・・。がっかりですが、COOは晴れ女。そして相棒も晴れ女なのでどうにかなるさ!と。着いた日も翌日も小雨でしたが、外出する時や肝心なホワイトヘブンビーチでのシュノーケリングの時などは雨が上がり楽しめました。そしてウィットサンデーワイルドマッドクラブも大変美味しく戴きました。
しかし、3日目は大雨。2日目の深夜から明け方にかけてものすごい大雨が降りました。COOは3日目はワイルドファームツアーを予約していましたが、そのファームに行くまでの道路が閉鎖されるほどの雨でワイルドファームツアーはキャンセルとなりました。COOの相棒は大雨の中、アウターリーフのシュノーケリングツアーに、また出かけて行きました。アウターリーフは珊瑚礁の外側で海の透明度もぐっと高くなるため大雨の影響はあまりない為ツアーは催行されました。COOも一緒に行こうかと迷いましたが、午後にアーリービーチで友人と会う約束もしていたので、とりあえず部屋でしばらく過ごす事にしました。
部屋でゆっくりしているとバルコニーで何か訴えるように鳴く声がして見てみると、こんなにまるはげになったオウムが欄干にいました。きっと昨晩のひどい雨でこんなになってしまったのでしょう。。可哀想に。どうしていいのかわからなかったので、Animal rescue in Airlie beachと検索をして出てきたところに連絡を取りました。すぐに行くからという事だったので40分位待ちましたが全然レスキュー隊は来ないので、もう外出しようと外を見たら、もう、そのまるはげのオウムはいなくなっていました。一応レスキュー隊には「彼は去った」とメッセージを残し外出したところ、出先でレスキュー隊から連絡があり、「え!死んだという事?!」とメッセージが入り、電話で話をして状況を説明したところ、もしかしたら、また帰ってくるかもしれないから、もし帰って来ていたらすぐに向かうから電話を下さいという事で落ち着きました。結局、オウムは帰って来る事はありませんでした。すぐに羽が生えそろうという事はないと思いますが、元気でいる事を願います。
という事で、短い滞在でしたが、いろいろと体験致しました。それなりにきれいだったサンゴ礁ですが、やっぱりいい時期の時とは海の色のコントラストが違うので今度また時期のいい時に行きたいです。

img_coo_19jan21_01.jpg
【↑上空からの景色。ホワイトヘブンビーチ】
img_coo_19jan21_02.jpg
【↑上空からの景色。ハートリーフが見えました!】
img_coo_19jan21_03.JPG
【↑ウィットサンデーワイルドマッドクラブ】
img_coo_19jan21_04.JPG
【↑可哀想なオウム。元気でいることを願います】

お手伝い、助かるわ〜!

長かった夏休みも、あと約1週間です。夏休み中、息子はいろんなお手伝いをしてくれました。まだまだ頭がやわからいので、教えると、どんどん吸収してできるようになっていきます。「あー、助かるわ〜、ありがとう!!」と言うと嬉しそうな顔をして、「もっと手伝うよ!」と、やる気満々です。初めて息子に何かを教える時は、時間がかかりますが、できるようになると、小さな力が、どんどん積み重なって、私にとって、かなり時間のセーブになり、本当に助かっています。この夏休み中、お手伝いのできる範囲がとっても増えました。(*我が家はお手伝いでは、ご褒美はあげていません。)ありがとう!

img_cyu_18jan21_02.JPG
【↑え: 人参の皮むきとテーブルセッテイング】
img_cyu_18jan21_01.jpg
【↑大好きな人参の皮むきに夢中】

1月26日(火)休業日のお知らせ

1月26日(火)はAustralia Day 「オーストラリア建国記念日」のため祝日となりますので、ワイドエステートは休業日となります。

さあ、今年も毎年恒例のバーベキューの準備をしないと!牛肉やラム肉、ボイルエビそしてフルーツはとぶように売れてますので、買いそこなわないように気をつけましょう(笑)。

img_ryu_18jan21.JPG

夕日が海に沈む街「パース」

今は、海外旅行に行くことが出来ないので、コロナ感染の様子を見ながら国内旅行をしています。先月、初めて西オーストラリア州のパースに行ってきました、最大のテーマは、海に沈む夕日を見ることでした。ゴールドコーストは、東海岸ですので、海に沈む夕日を見ることが出来ませんが、パースは西海岸ですので、夕日が海に沈みます。コロナ禍でも、ゴールドコーストから、ダイレクトフライトが飛んでいます(フライト時間は、約5時間)。西オーストラリア州は、コロナ対策が、オーストラリア内でも最も厳しく、長い間、州境を閉鎖していましたが、運良く、クイーンズランド州との州境は開放されました。簡単に、西オーストラリア州とその州都パースの概要ですが、オーストラリア大陸の1/3を占める広大な州で、日本の約7倍、人口は約270万人で、その人口の約75%の200万人がパースに住んでいます。州経済の柱は、豊富な天然資源で、鉄鉱石、アルミニウム、金、ダイヤモンドなどが産出され、天然資源の輸出高の約60%を占めています。特に鉄鉱石は、世界の生産量の約32%を占めています。また、金の産出量も世界で中国に次いで第2位、埋蔵量は世界一です。また、地中海性気候により、オーストラリアでも屈指のワインの産地です。コロナ禍でも、2019-2020年会計年度(2019年7月から2020年6月)、1.4%の経済成長を遂げたことは、この州の強さを物語っています。

さて、今回の旅行では、パース、パース沖の島 ロットネスト島、車で約3時間半のワイン産地 マーガレットリバーなどを訪れましたが、このブログは不動産編なので、パースの不動産について触れたいと思います。旅行記は、番外編として、最後に写真でご案内します。

パースの不動産価格ですが、他の主要都市と比較すると、他都市が、2015年以降、上昇しているにも拘わらず、パースは下降しています。原因は、鉱山需要による人工動態によると専門家は、指摘しています。鉱山ブームになると、海外、他州からの移民が増え、住宅需要が増し、不動産価格が上昇し、反対に、ブームが去ると、人口が減少し、不動産価格が減少しているとの見方です。資源が主要産業である州の特徴かもしれません。

img_jo_11jan21_02.jpg
【↑各州不動産価格、推移チャート】
img_jo_11jan21_01.jpg
【↑WA州、不動産価格推移チャート】
img_jo_11jan21_03.jpg
【↑WA州、人口推移チャート】

そのパースで、新観光スポットとして人気急上昇中で、再開発地区でもある ウオーターフロントの「エリザベス・キー」で注目の開発物件があります。エリザベス・キーには、ウオーターフロントのお洒落なレストランやカフェがあります。開発業者は、ゴールドコーストの「スター・レジデンス(THE STAR RESIDENCES)」やブリスベンのクイーンズ・ワーフ(QUEEN'S WHARF)など、オーストラリア全土で、大型案件を手掛けるFAR  EAST CONSORTIUM(ファー・イースト・コンソーシアム)が開発したTOWERS(タワーズ)。3棟からなるタワーで、一棟は最高級ホテル「リッツ・カールトン「RITZ CARLTON)」が営業しています。2棟は、総戸数379戸の高級分譲アパートメントで、最大の魅力は、なんといっても最高の立地です。物件の情報は、下記のリンクをご覧ください。今回、クリスマスホリデー期間中で、内覧はできませんでしたが、外観からも、物件の品質は伺えます。「世界で最も住みやすい」と言われたパースの不動産も注目です。

img_jo_13jan21_01.JPG
【↑パース市内】
img_jo_13jan21_02.JPG
【↑エリザベスキー】
img_jo_13jan21_03.JPG
【↑海に沈む夕日】
img_jo_13jan21_04.JPG
【↑南氷洋とインド洋が交わる地点】
img_jo_13jan21_05.JPG
【↑マーガレットリバーワイナリー】
img_jo_13jan21_06.JPG
【↑ワインテイスティング】
img_jo_13jan21_07.JPG
【↑ビール工場】
img_jo_13jan21_08.JPG
【↑ロットネスト島】
img_jo_13jan21_09.JPG
【↑バッセルトン】
img_jo_13jan21_10.JPG
【↑マンモス洞窟】
img_jo_13jan21_00.JPG
【↑フリーマントル】
img_jo_13jan21_11.JPG
【↑野生のクオッカ】