ページのトップへ移動

過去の記事

:2022年

オーストラリア国勢調査2021の結果発表

昨年、2021年8月21日に実施した国勢調査の結果が、昨日、オーストラリア統計局(ABS)から発表されたので、興味深いデータを紹介します。

*人口:25,422,788人 前回実施した2016年から8.6%の増加。過去50年間で倍増。男性の割合が49.3%で、年齢中央値が37歳。女性の割合が50.7%で、年齢中央値が39歳。なお、日本の年齢中央値は48.4歳で、世界で最も高齢化が進んだ国。オーストラリアは約10歳若い国です。世代別の割合をみると、ミレニアム世代(25‐39歳)とベイビーブーマー世代(55歳から74歳)が最も多く、両世代ともに21.5%。州別の人口では、シドニーがあるNSW州が最も多く約800万人、次にメルボルンがあるVICTORIA州が約650万人、そして、ゴールドコーストがあるQLD州が約510万人です。人口の約80%が東海岸沿いに住んでいます。なお、人口の約半分が、海外で生まれたか、もしくは、親のどちらかが海外で生まれたという移民国家であることが示されました。

*宗教:43.9%がキリスト教ですが、無宗教が38.9%で前回、2016年が30.1%でしたので、無宗教が増加しました。

*住宅:持ち家が66%(内35%が融資を得て購入)、賃貸が30.6%。なお、日本の持ち家率は、60.9%。

*収入:オーストラリアの週収入中央値は$805、年収にすると$41,860。なお、日本の年収中央値は約399万円。世帯別にするとQLD州は$1,675、NSW州は$1,829。前回、2016年時点の週収入中央値は$662でしたので、約20%上昇。

これらのデータは、調査の一部です、興味のある方は、ぜひ、統計局のサイトをご覧ください。

【Australian Bureau of StatisticsのHP内、Census(英語)】https://www.abs.gov.au/census

img_jo_29jun22.jpg
*画像は2021 Census AustraliaのFBより

最低賃金を引き上げ

先月5月21日に実施された総選挙で、野党労働党が勝利し、9年ぶりに政権が交代しました、そして、今月の準備銀行の定例政策決定会合で、インフレ抑制のため、金利を0.5%引き上げ0.85%とし、さらに今後数か月で追加利上げが必要であるとの見通しを示唆しました。

また、オーストラリアの労使裁定機関であるフェアワーク委員会(FWC)は6月15日、2022/2023年度(2022年7月~2023年6月)の全国最低賃金を5.2%引き上げると発表。その結果、7月1日からの最低賃金は時給21.38オーストラリア・ドル(約2,010円、豪ドル、1豪ドル=約94円)、週給812.60豪ドルとなります。2006年以来最大の引き上げ幅となり、最新のインフレ率(5.1%)に応じて最低賃金を引き上げるべきとしていたアンソニー・アルバニージー首相の選挙公約を上回るかたちとなりました。FWCは今回の決定の背景について、「生活費の急激な上昇と労働市場の力強さを考慮した」と説明しました。

一方、財界団体オーストラリア産業グループ(Aiグループ)は「インフレを加速させ、さらなる金利上昇につながる可能性がある」と懸念を表明した。このように政権交代で、労働党が勝利したことで、早速、賃金が上昇し、労働党に票を投じた人にとっては、うれしい結果になりましたが、世界的にも高賃金になり、雇用する側にとっては、昨今のインフレ、金利上昇で経営環境が厳しくなる中、結果的に失業率が上昇するのではないかと不安になります、しかしながら、過去、最低賃金が上昇するたびに、そう思いましたが、経済成長を続けているので、オーストラリアの底力を感じます。現下の、世界的なインフレのなか、新政権がどのような舵取りをするか注目です。

「Take your dog to work Day」とは?

今年の「Take your dog to work day」は6月24日(金)です。アメリカには「Take your dog to work day」というイベントデーがあります。飼い主が伴侶である愛犬(犬に限らずペット全般)への愛情を称え、ペットを飼っていない同僚にペットの素晴らしさを伝える事が目的ですが、もう1つシェルターなどにいる動物たちを家族に迎えるきっかけを作る目的もあります。飼い主が仕事に行っている間、ずっと家でお留守番をしているペットが殆どだと思います。時間にすると8時間以上はひとりぽっちです。でも、もしペットと一緒に通勤出来て仕事をしている間も一緒にいる事が出来たらって考えるとどんなに素敵な事かなと思います。ペットと一緒に出勤する事で「日中どうしてるかな?」という心配がなくなるだけでなく、ペットを飼っていない同僚にペットと共に暮らす事の素晴らしさを伝える事が出来ます。オーストラリアではどうなのかな?と調べてみたら、いろいろな企業、google、Cotton on、Melbourne Theatre Company、Legal Vision、Canva、Vinomofoなどがこの取り組みに参加しているようです。COOは犬を飼っています。9歳です。まだとても元気ですが、年齢を考えるとシニアの域に入っています。何歳まで一緒にいられるかわかりませんがうちに来て幸せだったな、一緒に暮らせてよかったなと思ってもらえるようにCOOも努力したいです。
※ワイドエステートも愛犬家の会社です。

img_coo_22jun22.jpg
*画像はRSPCA South Australiaのホームページより

7月1日より違反運転の罰則が強化されます

Smart Street (https://streetsmarts.initiatives.qld.gov.au/)は交通安全について学ぶ教育プラットフォームです。2022年7月1日から交通違反の罰金がより厳しくなります。その前のキャンペーンとしてTMR (Department of Transport and Main Roads)は今週日曜日(6月12日)から「Anywhere, Anytime Campaign」を行い、それに伴い罰金額が増加します。いろいろな国の言葉に翻訳された概要書ができています。
日本語版概要書(PDF)もありますので、こちらをクリックして読んでみてください。これらの案内はFBや4EBラジオなどでも宣伝していますので注意して運転するようにしましょう。

img_coo_14jun22.jpg

リコーダーの練習に励む息子

ゴールドコーストは、毎日、朝夕と寒くなりました。もうすぐ、Term 2(2学期)が終わり、1ヶ月ほどの冬休みに入ろうとしています。 早い、早い。。。
さて、現地校で今年1月末からYear 3(小学3年生)になった息子は、学校の音楽の授業でリコーダー(縦笛)を 習い始めています。日本でも小学3年生から習うようですね。 それなら私もリコーダーを買って、一緒にやろうと、だいぶ前に、いわゆる$2ショップで買ったのですが、 安いものは、やっぱり音が全然あっていず、結局、ちゃんとしたYAMAHAのリコーダーを購入しました。 まずは、こっそりと誰もいない時に指使いを思い出し、練習ました。 そして、先日、息子の前で初めてふいてみせたら、「えー、上手!」と驚き、「どうして、できるの。 ぼくも、もっと上手くなりたい!」と言って自主的に練習するようになりました。「この曲、一緒にふこう!」と、さそってくることもあり、やる気満々です!!学校では、テキストブックの中の指定曲を弾ける毎に、 リコーダーにリボンをつけてくれるようです。レベル毎に指定曲とリボンの色は違い、今、息子は3本ついています。 最高レベルは黒色だそうですが、間のレベルをとばして、黒リボンにチャレンジしてもいいようで、それを目指すと言っています。実は私も、Youtubeでふきたい曲を探して、練習し、楽しんでいます。 普段使わない指の動きで脳が活性化され、吹くときの腹式呼吸で自律神経を整えて体調も良くなるようで、 私もリコーダーを始めて良かったです!子育てのおかげで、親も学ぶことが多いですね。

img_cyu_13jun22_01.JPG
img_cyu_13jun22_02.JPG

散歩中に感じた物件の売れ行き速度

ずっと寒い日が続いているゴールドコースト。早朝起きるのが、とても 辛くなってきました。 さて、あれは、4月頃だったか。。。私は不動産会社で働くただの主婦ですが、毎朝、 家の周りの住宅街を散歩していて、FOR SALEの看板が少なくなった、 看板がでても、すぐSOLDにならなくなった、ということに、「どうしたんだろう?」とずっと思っています。 それまでは、看板がでると、翌週や早くて数日後にはSOLDというサインがでて、その物件の前で「ほー、すごっ!」と小さい声で言って通り過ぎていたのに。。。 一般市民の「あれ、どうしたんだろう?」っていう感は、すてたもんじゃないと思うのでが、 もしかして、少し物件の売れいき具合が遅くなりましたか?地域によってなのかもしれませんが、皆さんが住んでる地域はどうでしょうか?気になるので、弊社ワイドエステートの不動産コンサルタントに聞いてみることにします!

img_cyu_10jun22.JPG

昨今のオーストラリア不動産市場

オーストラリア準備銀行は、先月、2020年11月以降、据え置いていた過去最低の政策金利0.1%を、0.35%に引き上げましたが、明日の定例会議(毎月第一火曜日に開催)において、現下のインフレなどを考量すると、さらなる引き上げが行われる、とメディアでは予想されています。先月の金利引き上げにより、オーストラリアの住宅価格は、金利が上昇するという不安が影響し、全国で前月比0.11%下落し、2020年4月ぶりに下落したと、不動産調査会社プロップトラック社が伝えました。主要都市別にみると、シドニーで0.29%、メルボルンで0.27%と下落、一方で、ブリスベンは0.35%、アデレードは0.58%上昇しました。このように、各都市別でみると、一律で下落しているわけではありませんが、明日、金利が再び上昇すると、全国的に下落する可能性もあると、同社のエコノミストは述べています。

建築業界では、ここ数か月、建築資材の上昇、労働力不足、洪水、ロックダウン、長雨などの影響で、建築業者が経営危機に陥り、PROBUILD社、3月にはアパートメントを中心に開発していたCONDEV社が進行中の約10億ドル、18のプロジェックを抱えたまま倒産。5月には、分譲住宅を提供していたPIVOTAL HOMES社が倒産、同社の倒産により、建築中の物件や建築契約済みの物件、併せて200件以上の案件が、宙に浮いた状態になってしまいました。また、今日のニュースでは、図面売りで、全79戸を完売済みの140億ドルのアパートメント開発を、昨今の急激な建築コスト上昇を理由に建築を中止すると伝えていました。このようにコロナ感染、ウクライナ侵攻、天災など、様々な要因で影響を受けている世界経済の中で、オーストラリアの不動産市場がどのように推移していくか、目が離せない状況は続きそうです。

チーズベジマイトロール

オーストラリアと言えばベジマイト(Vegimite)ベジマイトとはいろいろな野菜をイースト菌で発酵させたもので独特の塩辛さと酵母のような臭いがします。黒いペー ストで見た目はチョコレートペーストみたいですが、独特の臭いがあり、それ自体を 舐めるととても塩辛くて全然美味しいと思いません。COOはベジマイトの存在は知っ ていましたが食べた事がなかったのですが、子供の友達の親がイギリス人で初めて子供のサンドウィッチで食べました。スライスチーズとかチーズスプレッドと一緒に合 わせて食べるようです。その時は何とも言えない味にびっくりしたものです。イギリ ス人はベジマイトではなくマーマイトを良く食すそうです。マーマイトの方が美味しいと言ってます。初めて食べてからかなりの月日が経ちますが、今でもそんなに好きな食べ物ではないので特にベジマイトの瓶を購入する事はありません。しかし!このロールはとても美味しいと思います。チーズが少し焦げている感じが美味しいです。 Coles supermarketに売っています。朝の時間帯にはありますが、夕方行くとなく なっています。Colesによってもある店舗とない店舗があるようです。見つけたら試してみて下さい。

img_coo_13may22.JPG

パラダイスポイントの日本食レストラン

COOの住んでいるゴールドコースト北方面には日本食レストランがあまりないのですが、近くに「Paradise Point Japanese Cuisine」がオープンしたので母の日の前祝いという事でお店に行ってきました。 パラダイスポイントの目ぬき通りに面していて立地はとてもいいです。ソブリンアイランドとパラダイスポイントをつなぐ橋を渡って来たんだろうなぁと思われるオシャレなお客様で賑わっていました。テイクアウトのお客様も多いようで、カウンターの上に準備されたテイクアウト用の袋も常にピックアップされてはまた次の袋が準備されるという繰り返しです。爆弾というメニューがあるのですが、納豆が入っていて オージーにどうかな?とは思いますが、COOは大好き。南方面からだと少し遠いですが、目の前には公園もあり雰囲気がよく、ランチもやっているので天気の良い日にピクニックがてら出かけてみて下さい。

img_coo_12may22.JPG

母の日、ハイティー

今年の母の日はピクニックをしようと計画をしてくれていましたが、あいにく天気が良くなかったので急遽室内でのハイティーになりました。可愛らしくデコレーションされていて気分が上がりました。どうもありがとう。お母さんの皆様、母の日おめでとうございました。

img_coo_11may22_01.JPG
img_coo_11may22_02.JPG

12345