ページのトップへ移動

過去の記事

:2021年

2022年の不動産価格の行方

今年も今日で最後。2021年は不動産市場は近年例がない価格の上昇でした。コロナ禍の対応策として政府が施した財政投融資・失業対策施策、政府に歩調を合わせる感じで中央銀行による金融緩和策等により国内市場に大量のお金が放出され、資産形成の2大柱である不動産市場、株式市場共に大きく上昇しました。住居用不動産においては全豪年率で22.5%上昇、国富の一指標である全豪住居不動産価格はA$2.2 trilion (約170兆円)上昇し、現在は9.4 trillion (752兆円)となりました。他の国でも国内の資産価格が上昇していることはメディアで報じられている通りです(理由はほぼ同じだと思います)。さて来年の不動産価格について豪州の4大銀行、不動産情報会社等を含め色々な方面からコメントが発せられています。大凡は2022年は21年度のような急激な価格上昇は見られないが5%〜6%は上昇、2023年は若干の調整局面を迎えるであろう いう感じです。簡単にいうと「2022年も不動産価格は上がり、2023年は下がる」、です。 さて、今回、コロナ禍で不動産価格上昇の恩恵を最も受けたのは地方都市ですが、その中で地方都市として最大のゴールドコーストはシドニー・メルボルンの住民・投資家から真にターゲットにされた(ている)エリアです。ゴールドコーストの最大の魅力はなんといっても「ライフスタイル」ですが、コロナ禍においては「投資尺度」だけでなく「自分の人生を楽しく•もっと充実したものにしたい」という幸福感の追求という側面が最も評価されたのではないでしょうか。言い換えますと、ゴールドコースト不動産の本質を理解する人達が爆発的に増えたということではないかと思います(以下は弊社が提唱するゴールドコースト不動産の三つの輪です)。 来年はコロナ収束に向けて更に規制緩和措置がとられ(オミクロンは気になるところではありますが、今のところ緩和施策に大きな変更はなさそうです)、人の行き来がより自由になることから、この基調(ゴールドコーストの人気度=不動産価格の上昇)は来年も暫く続くものと思います(前半は活発・後半は緩やか)。ゴールドコーストのこの2年間で色々なインフラ投資がされ魅力が更にパワーアップしました。来年こそは国境閉鎖が解除され、二国間の行き来も自由になると思いますので、是非、当地も足を運んで頂き、何故、ゴールドコーストが豪州国内でも最もの人気のあるエリアで不動産が求められているのか、是非、ご自身の目でご確認ください。 来年もワイドエステートを宜しくお願いします。

img_ryu_31dec21.JPG
img_ryu_31dec21_02.jpg

クリスマス、年末年始休業日のお知らせ

もうすぐクリスマス!!この1年も、あっという間でした。

さて、ワイドエステートのクリスマス、年末年始の休業日のお知らせです。
今年はクリスマスが25日(土)、ボクシングデーが26日(日)のため、2021年12月27日(月)28日(火)がオーストラリアの祝日となりますので、休業日となります。
また、年末年始は1月1日が土曜日のため、2022年1月3日(月)がオーストラリアの祝日となりますので、休業日となります。

それでは皆さん、素敵なクリスマスを!

img_cyu_17dec21.JPG
 

ゴールドコーストの戸建て中央値$90万ドルを突破!気分的には富裕層仲間入り!

ゴールドコーストの戸建ての中央値がいよいよ90万ドルを突破し、100万ドル以上を目指す、まさに熱を帯びた展開になっています。下の図でHousesの値上がり率が確認できますが、今年10月時点で過去12ヶ月間の伸び率は驚異の31.3%です!。集合住宅(いわゆるコンドミニアム等)も24.2%の上昇率です。これは何を意味するか?簡単に言いますと、コロナ発生直前に物件を購入した方は"ぼろ儲け"という心地よい気持ちでいるはずです。実はコロナ発生前は豪州の不動産市場は少し低迷気味でした。若干もどりつつある中でコロナが発生したのです。下の図でHome Value Indexの曲線を見るとその事実がはっきりと読み取れます。その時に買った方は不動産市場が底を打ったことを確信して購入された方が殆どです。コロナが発生した時には「下がるのでは?」と不安になったかと思いますが、過去に例がない財政&金融施策があり結果的には過去に例がない上昇率となり、「コロナさまさま」と静かに手を合わせ「ニンマリ」という状況だと思います。ただ、これで驚いてはいけません。ここで不動産を10年以上持っている方は「ぼろ儲け」どころではありません。資産ベース&気分的には「富裕層」の仲間入り状態です。何しろ自分の家の周りの不動産が高値で飛ぶように売れていますから。。。「飛ぶように」という根拠は統計上でも出ていて広告を掲載して平均18日で売れると言う状況です。。これから、コロナが収束し、お金持ち気分の方の消費が活発になりますので、クリスマス、年末年始&イースターのベストシーズンに向けて不動産市況は熱くなっていくと思います。ただ、少しだけ気になる統計も出始めています。。が、これはまた次の機会に!

img_ryu_24dec21.jpg

サンタ・コアラって曲知ってますか

「あと、何回寝たらクリスマス?」と毎晩、カウントダウンモードにはいっている息子。さて、ちょっと話は戻って、現地校のTerm4最終日にクリスマスコンサートがありました。子供の歌声ってなんとも、癒されますね。さて、そこで歌うクリスマスソングは日本人の私は知らない、でも、なんとも可愛らしいオーストラリアらしい曲がいくつか歌われました。その中で、知らない皆さんも馴染みが曲と思うものをひとつご紹介します。曲名は「Santa Koala(サンタコアラ)」です。オーストラリアを代表する曲として世界中で知られている「Waltzing matilda」のクリスマスバージョンと言ったほうがわかりやすいのでしょうか。ぜひ、聞いてみてください。しかし、この歌詞を全部覚えられるって子供ってすごい。振り付け(アクション)もしてました。

フィリピンマート「Pinoy」

フィリピン人の友人から「バナナを買いに行きたいから連れて行って」と電話がありました。友人の車は今、修理中なのです。その電話の後に住所がテキストで送られて来て、ショッピングセンターではない住所だったので???と思いながら、その住所に友人を連れて行きました。すると、そこには小さなプレハブ小屋とコンテナが3つ程、置いてあるだけのところでした。友人は私の車から降りると大きなショッピングバックを3つ持ってコンテナの中へ入って行きました。コンテナの中にはいろいろな食材やお菓子などが沢山入っていました。1つのコンテナは冷凍庫になっていて、魚、肉、果物など、いろいろな冷凍食品が入っていました。品物はすべてフィリピン産だそうです。彼女の言うバナナというのはフィリピンサババナナの事で、普通にスーパーで売っているバナナとは違うそうです。皮が向かれたバナナの実だけが袋に10本位入って冷凍になっていました。それを彼女は10袋位買いました。1袋1kgと書かれていたのでもうそれだけで10kgです。その他にもいろいろと購入して、彼女の3つのショッピングバックはパンパンに。引きずるようにショッピングバックをプレハブの小屋に持って行きそこでお会計をします。携帯番号かメールアドレスで顧客登録はされているようです。フィリピン人でなくても誰でも買い物に行けます。一応、商品名と価格は段ボールに英語で書かれていますが商品の袋はフィリピン語なのでそれが何なのかが、よくわからない商品もあり、ちょっと買うのを躊躇してしまったりします。プレハブ小屋の事務所では、お金の送金や段ボールを購入してそこにオーストラリアの商品を詰めてフィリピンに送るサービスなどもしているようです。今まで見たことのないシステムだったので、ちょっとびっくりしました。コンテナだけの商売ってすごいですね。
↓↓フィリピンマート「Pinoy」のHPは以下から
https://pinoywarehouse.com.au/

img_coo_16dec21_02.JPG
img_coo_16dec21_01.JPG
img_coo_16dec21_03.JPG
img_coo_16dec21_04.JPG
img_coo_16dec21_05.JPG

オーストラリア先住民族の長老、Aunty Ruth女史の講演

12月11日(土)午後3時より、ホールディング・レドリック法律事務所内にて、オーストラリア先住民族の長老、Aunty Ruth 女史の講演を拝聴して来ました。真っすぐ前を捉える瞳で、もうすぐ93歳とは思えないしっかりとした口調のスピーチは素晴らしいものでした。スピーチの中で、自分はドミトリーから逃げ出したりしていい子ではなかったと語っていましたが、若いころから自分の意志を主張していたのだと感じました。20歳前に子供を産んでいて自分の子供は8人いるそうなので、ひ孫も含めると100人越えだそうです。すごいジェネレーションですね。そのひ孫か玄孫かわかりませんが会場にいらしていました。オーストラリアに住む日本人として当地の先住民に対して敬意をはらい、この土地の歴史や文化を知る事は必要な事であると思っています。そして感謝の気持ちをいつも持っていたいと考えています。

img_coo_15dec21.jpg

ワクチン接種デジタル証明書を取得

ワクチン接種2回目が完了してから、2週間経ち、あっという間に12月で、そろそろワクチン接種デジタル証明書を取得して、Check In Qldにリンク付けしなくちゃと思い、早速やってみました。

私のChek in Qldアプリはバージョンが古かったので、まずアプリをアップデートしました。すると、メニューに 「COVID-19 Digital Certificate」 と言うメニューが増えました。これをクリックし、「Add Certificate via myGov」とあったので、クリックするとmyGovのサインインページにいきました。

img_cyu_09dec21_01.jpg img_cyu_09dec21_02.jpg

サインイン情報を入力し、ログイン。あらかじめリンク付けしておいたMedicareのページをクリックするとメニューが出てきます。その中のProof of vaccinationsの「View Proof」をクリック。

img_cyu_09dec21_03.jpg img_cyu_09dec21_04.jpg

続けて、Immunisation historyの「View history」を クリック。最後に接種証明書をシェアしたい(リンクしたい)アプリを選択します。私は、今のところ、Check In Qldだけなので、この横にある「Share」をクリックしました。はい、リンクが完了です!!

img_cyu_09dec21_05.jpg img_cyu_09dec21_06.jpg

次にちゃんとできたか、確認です。 Check In Qldのメニューから「COVID-19 Digital Certificate」を選択してみると、接種証明書が表示された!! NAME(名前)、DATE OF BIRTH(生年月日)、VALID FROM(2回目のワクチン接種日)、 が表示され、この人はワクチン接種が完了しています。と一番下にありました。 余談ですが、生年月日が大きすぎで、年齢がわかってしまうのが、ちょっと嫌ですね(笑)。それから主人のスマホでは、うまくリンクができなかったので、とりあえず、接種証明PDF版をダウンロードしておきました。

空き缶、空き瓶リサイクルで寄付!

以前にもブログに書いた空き缶や空き瓶などの回収Container for Depositですが、 友人も協力してくれているのでCOOは細々とずっと続けています。毎年年末に口座を 閉めて、翌年の1月から改めて貯め始めます。もうすぐ一年になります。その成果が こちらです。たったこれだけ・・・と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、特に 大変な苦労などはなく、ただ飲んだ空き缶や瓶を持って行くだけでした。持って行っ た時にその場でお金にも交換できるのですが、そうしてしまうと きっとCOOは使い込 んでしまうので、口座を作ってそこに入るように設定しました。そしてこの貯めてき た金額を年末に動物保護センターに寄付します。クリスマスなので動物たちの世界も いろいろと物入りだと思うので。COOはこれだけですが、人が集まれば金額も増える と思います。自己満足かもしれませんが、今後も頑張ろうと思います。

img_coo_08dec21.JPG

QLD州境、やっとオープン

昨日、QLD(クィーンズランド)州政府はコロナワクチン接種率が80%を達成したことにより、オーストラリア国内のホットスポットからの州境規制を前倒して、12月13日(月曜日)の午前1時に規制緩和をすると発表しました。70%では、入州後、14日間は隔離を余儀なくされていましたが、80%を超えたことで、シドニーやメルボルンなどホットスポットとして指定された都市から来た人は、隔離をする必要がなくなり、旅行客がQLD州に来ることができるようになります。ゴールドコーストの観光事業は、コロナで大きな損害を受けましたが、やっと、光明が差した感じです。

この規制緩和により、ワクチンを2回接種し、QLD州到着前72時間以内のPCRの検査で陰性であれば、到着後の隔離がなくなり、自由に観光を楽しむことができます。また、QLD州へは、空路だけでなく陸路での入州が可能になります。ただし、到着後、5日目にPCR検査をうけなければなりません。

一方、海外からクイーンズランド州に直接入国する場合は、国内同様、ワクチン接種、搭乗前72時間以内の陰性結果が必要ですが、14日間の自宅隔離が必要です。実質、観光客が来ることは、難しい状況です。また、海外からオーストラリアに戻ってくる人たちも、14日間自宅隔離となりますが、自宅隔離の場合、家から一歩も外にでることができません、また、同居人も同様に外出禁止です。また、自宅が一戸建てでなく、マンションですと、自宅隔離で無く、指定のホテル隔離となります。なお、例えば、海外からシドニーに入り、その後、シドニーで14日間滞在すると、その後、QLD州への移動は、国内移動と見なされ、国内移動規制が適用されます。ちなみに、ワクチン接種率90%を達成すると、自宅隔離の必要がなくなります。QLD州政府は、2022年1月中旬ぐらいには、90%を達成するだろうと予想しています。

今回の規制緩和で、他州から観光客が来るだけでなく、QLD州の不動産を購入しようとする人も来ることができるので、不動産熱が更に過熱しそうな予感がします。

なお、上記の条件を満たさず、入州した人は、最高A$4,135の罰金が科せられるとのことです。

世界的には、新たな変異株「オミクロン」が出現して、まだまだ、予断を許さないですが、感染力はデルタ株より強いが、毒性は低いので、重症化リスクは低いとの報道もあります、コロナが消えることは無いでしょうが、様々な行動規制が無くなることを祈るばかりです。

img_jo_07dec21_01.jpg

新学年のステーショナリーが届く

今日から12月ですね。早い!私立に通う息子は、明日、2日(木)で学校が終わるので、12月3日から、ながーいお休みが始まります。なんと、来年の1月26日が新学期スタートです!
2022年から息子はYear 3です。新しい学年で使う「Stationary Pack(文具品)」の注文の案内が 今年も、学校側から10月末頃に届き、11月中旬に注文した文房具品が、もう届きました!!(早く注文すると送料が安いのです。) 日本のように、教科書というものがないので、ノート類がたくさんと、鉛筆、消しゴム、色鉛筆、ハイライター、 ホワイトボード、スティックのり、ハサミ、定規、ファイル、ポケットファイルなどの文具品に ドリル数冊(問題集)、ヘッドホン、マウス、そして、Year 3から始まるリコーダー(縦笛)と リコーダー教本。全てに、名前(下の名前だけ)をつけて、新学期が始まる日に学校に持っていきます。 ちなみに新プレップと1年生は「Stationary Pack」を各自の親が注文したら、配達先は家ではなく、学校にまとめて 配達されます。と言うことで、名前つけは、まだ、まだ、まだ、まだ時間がるので地道にやりたいと思います。

img_cyu_01dec21.JPG

12345678910