ページのトップへ移動

メルボルン

ビクトリア州の最大都市、豪州経済都市2位、世界で最も住みやすい都市、メルボルンで価値ある不動産資産を手に入れる。 メルボルンは7年連続で「世界で最も住みやすい都市」に選ばれました。

メルボルンはヤラリバーが街中を流れる美しい街です。ビクトリア州の州都で、人口は約486万人、現在オーストラリアでは2番目に大きな経済都市で順調な人口増加を背景(年率2.3%で国内一の上昇率)に2030年までには現在国内一位のシドニーを抜くであろうと予想されており人口の増加に伴い経済規模も毎年拡大しています。古くは金鉱脈の発見でゴールドラッシュとなり1800年代後半にはメルボルンには世界中から富豪が集まり街も一気に発展した歴史があります。市内には今もの尚その当時の豊かさを象徴する豪華なヨーロッパ調の古い建物が歴史的遺産として大切に保存されています。また当時は馬車道として利用された網の目のように整備された商業中心地と郊外の道路には路面電車(トラム)が走り、歴史ある建物と現代風のトラムとのコンビネーションがメルボルン独特の雰囲気を醸し出しています。

また、メルボルンはテニス、ゴルフのオーストラリアオープンをはじめとする数多くのインターナショナルイベント(国際競技)開催地です。スポーツイベントはもちろん、サウスバンク、クラウンエンターテイメントコンプレックス(カジノ複合娯楽リゾート)、いくつもある博物館や美術館などヨーロッパの色調や雰囲気を取り入れたメルボルンの独特な文化、オーストラリアを代表するファッショントレンドもここから発信されています。

メルボルンの不動産の購入スタイルは基本的にはバイ&ホールド(Buy & Hold)、そして将来キャピタル狙いのスタイル。典型的な例としてはサービスアパートメントを購入して賃貸市場で貸し出し家賃を稼ぎながら物件価値の上昇を待つというスタイルです。オーソドックスなスタイルではありますが、毎年人口が増加し、それに並行して経済規模が大きくなっていること、またこれからも伸びることが容易に予想できるメルボルンだからこそ戦略の描きやすい投資スタイルをとることができるといえます。

メルボルンの魅力とは?

世界でも最も住みやすい街

7年連続で「世界で最も住みやすい都市」(※エコノミスト・インテリジェンス・ユニット調べ)に選出された街です。整った道路交通網、鉄道や路面電車ネットワーク、病院や学校、そして公園や緑地などの公共インフラの整備状況、環境や維持状況などを鑑みるにメルボルンは確かに住むことに必要なものが便利に揃い、景観も美しく大変暮らしやすい街です。そのため、海外からの移住者にも人気が高く、安定した人口増加につながっています。

海外からの移住者が多い街

メルボルンは古くはゴールドラッシュの時代から、ギリシャ、イタリア、ベトナム、中国からの移民が多く集まり、多文化という意味ではオーストラリア内でも極めて古い歴史を持っています。そのネットワーク力は今も根強くメルボルンの人口の約60%が外国生まれ、または親のどちらかが移民移住者となっておりこの統計をみてもメルボルンが他国からの移住者に対して如何に寛容であるかが読み取れます。また、多くの日系企業もメルボルに進出し、それに伴い日本人の人口も増え続け現在約15,000人の日本人がメルボルに住んでいます。多民族文化を古くから尊重する土壌ができており、食文化も洗練され、歴史的にまたこれからも他国からの不動産ニーズ見込める街です。

教育産業の街

メルボルン市中心地にはオーストラリアでもトップクラス、世界でも評価の高いメルボルン大学をはじめ、大学や専門学校そして職業訓練校等が多くあります。一般の賃貸市場に加えて学生市場における賃貸のニーズも多く安定した賃貸収入が見込めます。

国内でも高い経済成長率

ビクトリア州は、資源産業、農業、また近年は、観光業で大きく成長しオーストラリア経済の約30%を担う存在です。その中でも、メルボルンはビクトリア州の約25%の経済活動を生み出しています。

日本からのアクセスも抜群

2012年12月より豪州の最大手航空会社が成田空港から毎日直行便が運航開始としました。2017年9月よりJALが成田空港からデイリーの直行便を運航開始しており、日本からの空のアクセスも益々便利になりました。

不動産価格が割安

豪州国内においては2番目に大きい経済都市、そして人口増加率はシドニーを上回りますが、住宅価格はシドニーより3割ほど安く、また過去20年における不動産の上昇率もシドニーを上回り今後も長期的に安定した価値の増加が見込めます。

新築物件一覧