ページのトップへ移動

過去の記事

:2020年

ツイードヘッドのイタリアン

ツイードヘッド(Tweed Heads)にあるイタリアレストラン「Garulla Italian Restaurant」をご紹介します。

魚介類がメインです。COOはそばもラーメンもパスタも固ゆでが大好きです。きっとオーストラリア人からしたらまだ茹で上がってないよと思われる位、固いのが好き。なので、なかなかアルデンテのゆで加減のお店を見つけられなかったのですが、ここのパスタは固いアルデンテです。(笑)

美味しかった!今回のメインはリゾットとパスタ。リゾットのソースもエビの濃厚な味噌のような味。パスタはニンニクの香りが効いていてからすみがソースに入っていて、とっても美味しかったです。パンのニョッコフリットは初めて食べたけどモチモチでこれまた美味しかったです。こちらのレストランはNSW州なので、また今週末に州境が閉鎖されてしまうので、機会があれば是非行かれてみてください。

img_coo_06aug20_01.JPG
img_coo_06aug20_03.JPG
img_coo_06aug20_02.JPG

8月14日(金)休業日のお知らせ

毎年、8月に開催されていましたEkka Royal Queensland Show Days(ブリスベン地区)とGold Coast Show Days(ゴールドコースト地区)がCOVID-19の規制の影響により、中止となりましたが、政府が2020年8月14日(金)を祝日にし、ロングウィークエンド(金、土、日の3連休)にすると決定しました。カレンダーには表示されていないので、まだ知らない方もいらっしゃるかもしれませんね。
ワイドエステートも8月14日(金)は祝日となりますので休業日となります。よろしくお願いします。

コロナウィルス発生後のもろもろ。。。

オーストラリアで、2020年の1月末に第一号のコロナウイルス感染患者が確認されてから、6か月以上が過ぎました。8月3日までの段階では、17,923人が総患者数となっております。一時は厳しい外出規制を引き、ウイルス感染拡大を何とか止めたように見えておりましたが7月に入り、VIC(ビクトリア)州でまたクラスターが発生し爆発的に感染者が増えてしまい、現在、メルボルンエリアは第2次世界大戦以来の厳しい外出規制が発令されております。そんな中、NSW(ニューサウスウェルズ)州、QLD(クィーンズランド)州は州境いをVIC州に対してクローズし、またQLD州はシドニーエリアもホットスポットに指定し、そのエリアを通った人、住んでいる人はQLD州に入ることを禁止しました。そんな厳しい規制をひいても、嘘の申請をして、メルボルンからシドニー経由でブリスベン入りした若い女性2人がコロナウイルスに感染しており、この人たちが行ったと言われるブリスベンの南サニーバンクやマウントグラバットのショッピングセンター、レストランなどの詳細が州政府から発表され、それらに行ったことがある人はすぐにPCR検査をするよう要請されております。オーストラリアの各州に共通している点は、連邦政府も含めてとにかく対応が早いことです。何か決まると、早い時はその日の夜から、規制が実行されるほどです。そのような迅速な対応可能な法律になっているからでもありますが、それでも関心してしまいます。連邦政府からの補助金制度も非常に素早く決まり、色々な問題はありましたが、ここ3か月は、そのおかげで生活ができる人がたくさんいます。本日、不動産情報/リサーチ会社のCorelogic社の発表によりますと7月1日までの四半期不動産市場状況は住宅価格が全体で−1.6%ダウン程度となったとのことです。ここ半年の状況から判断すると、このマイナス成長は許容範囲内とのこと。メルボルン(-3.2%)、シドニー(-2.1%)など大都市に比べブリスベン(ー0.9%)、アデレード(+0.3%)と緩やかなマイナス、又はプラス成長を維持しているようです。政府からの補助金は10月から見直しが言われており、どの家庭もお財布のひもを更に固く閉めると予想され、この後の四半期の動きが非常に気になるオーストラリアの住宅価格です。(資料提供:Corelogic.com.au News)

img_mo_03aug20.jpg

ゴールドコースト にも「LE BON CHOIX」オープン!!

ブリスベン方面では、何店舗かあるフランス菓子のお店「LE BON CHOIX」がパシフィックフェアにも入ったそうで、お土産に頂きました。結構奇抜な色ですが、中にチョコレートムースのようなクリームとビスケットのようなものが入っていて、ブルーベリーとラズベリーの味がしました。 すごく甘いわけでもなく程々の甘さで、ババロアみたいな食感でした。ゴールドコーストもいろいろなお店が出来て選択肢が増えるのでありがたいです。ご馳走様でした。

img_coo_31jul20.JPG

スーパーにアジアン食品が増えた!

オーストラリアの大手スーパーはColes(コールズ)とWoolworth(ウールワース)。イメージカラーはColesは赤、Woolworthは緑です。どちらもいろいろな戦略でお客様獲得を狙っています。COOはどちらかと言うとColes派。それぞれのスーパーでポイントシステムがあり、提携しているパートナー企業もそれぞれ異なります。COOにとってはColesの方がそのシステムが分かりやすく感じて、ボーナスポイントもあり、提携しているパートナー企業もよく利用するというのが理由。

さて、COOがオーストラリアに初めて来た頃には薄切り肉なんて犬が食べるものとか言われていましたし、スーパーでは売ってなく、アジア系の肉屋でしか購入する事が出来ませんでしたが、しかし!!!今では、そのスーパーで薄切り肉が購入出来ます。餃子、シュウマイ、もちアイスなどオーストラリアでもポピュラーです。ここの冷凍棚はアジアンコーナーになっています。それだけアジア人が増えたという事だと思います。

img_coo_28jul20_01.JPG
img_coo_28jul20_02.JPG

オーストラリア産ナチュラルコスメ「sukin(スキン)」

コロナの影響で日本にも帰国できなくなり、日本で購入していたものが手に入らなくなり、「あら、どうしよう」ということが、少しづつ増えてきました。
私に関しては、ゴールドコーストに移住してから21年間、ずっと愛用していた化粧品と乳液が手に入らなくなりました。「これは、困った!!」と在庫がなくなる前に、ここゴールドコーストで購入できるもので私の肌でもOK、そして価格的にもありがたい商品を探しました。ネットでいろんな情報を元に、見つけたのがオーストラリア産ナチュラルコスメブランド 「sukin(スキン)」。もう、そろそろ1ヶ月経ちますが、私にはすごくピッタリの相性!!スーパーや薬局で売っているのですぐ買いに行けるし、しかも、頻繁に半額セールをしているので、お財布にもありがたい!!安心して使える天然素材で作られているようです(細かい商品の説明はネットで調べてみてください)。 おかげさまで、私は新しい出会いがあり、なんと以前より、お肌がツルツルでもっちりなのです。なるほど、やっぱり、オーストラリアで開発された商品ということは、ここの気候とかお水などを 考えての上ですから。。。なんだか私のお肌も「そうそう、これこれ」って喜んでいる気がします。

私が今、使っているのは、カモミールとローズがほんのり香るミストタイプの化粧水、ホホバオイル、ローズヒップ、他などが配合されている乳液、そしてローズヒップナイトクリーム。余談ですが、今回、化粧水を探すにあたり覚えた英単語があります。化粧水を意味する「Toner」。全然、思いつかなかった。。。 英語でローションだと思ってました。
さあ、これで「困った」から「よかった!」になり、一件落着です!!

img_cyu_22jul20.JPG

クィーンズランド州境の検問

コロナウィルス感染防止策でQLD州(クィーンズランド州)は州境を閉じていましたが、その州境が7月10日より制限付きで開きました。NSW州(ニューサウスウェルズ州)のホットスポット(感染が拡大している地域)とVIC州からの州越えは却下されます。NSW州とQLD州の境には検問が設置されていて、そこを通らなければQLD州には入れません。そして、QLD州に入るにはパス(許可書)が必要です。QLD州に住んでいる住民であってもNSW州に行き、QLD州に帰る場合にはパスが必要です。 平日、朝の出勤や通学時と夕方の帰路の時間帯は、この検問エリアは非常に混み合い1時間位並ぶ時もあるようです。COOも先週末にNSW州に行き、QLD州に帰って来る時、その検問を通過しました。きっと並ぶだろうな。。。と覚悟を決めていましたが、夜だった事もあり、ほぼ並ぶ事なく通過できました。自分の番が来る前にパチリと写真を撮ってみました。警官があかんべーをしています。どこに行って来たの?何人?全員パスある?と短い質問をされてパスを見せたら 「はい、どうぞ」と、あっけなく通過できました。夜で車の台数が減っているという事と、あとはQLD州のナンバープレートだったからではないかとも思います。他州のナンバープレートの車は結構いろいろと質問されるとニュースで聞きました。少しドキドキしましたが、いい経験でした。

img_coo_21jul20_01.JPG
img_coo_21jul20_02.JPG

ゴールドコースト住宅価格の最新情報

2020年7月14日に発行された、ゴールドコーストの地元新聞ゴールドコースト・ブリテン誌によると、インターネット不動産サイト「Realestate.com」が集計したデータによると、ゴールドコーストの平均戸建て価格はA$672,500で、対前年比2.7%、5年前と比較すると22.7%上昇しました。また、アパートメントも、平均価格、A$417,000で、対前年比1.7%上昇したと伝えています。一方、オーストラリアの主要都市である、シドニーやメルボルンは、コロナウイルスの影響を受け、軒並み下落しています。

しかしながら、ゴールドコーストの中でも、すべての地区で上昇したわけではありません。ホットスポット地区とブログでもご案内しましたが、ゴールドコーストの南部地区のパーム ビーチ(PALM BEACH)のアパートメントは、対前年比18.3%、5年前と比較して51.9%上昇、バーレー・ウオーターズ(BURLEIGH WATERS)の戸建ては、それぞれ、8.2%、37.1%上昇しました。

一方、ここ数年、著しい住宅開発が行われているクーメラ(COOMERA)地区の戸建ては、対前年比10.3%下落しました。しかしながら、5年前と比較すると6.9%上昇していますので、やはり、不動産は、長期的な視点で見ることが肝要です。

このように、ゴールドコーストは、現状、コロナウイルスの影響は、少ないと言えますが、世界的に見ると、コロナウイルスによる経済的なダメージは甚大で、かつ、収束時期が不透明な現状を考えると、短期的には、物件を売却したい人にとっては、厳しい状況が予想されます、一方で、購入したい人にとっては、チャンスかもしれません。当面、不安定な不動産市場が続きそうです。

*以下のリストは一部を抜粋したものになります。全データリストをご覧になりたい場合はこちらをクリックしてご覧ください。

img_jo_16jul20.jpg

バーレーヘッズのケーキ屋さん最高!

ずっと気になっていたBurleigh Heads(バーレーヘッズ)のファクトリーエリアにあるフレンチパティストリー(洋菓子店)「Aux Fines Bouches」に行って来ました。美味しそうなケーキが並ぶ中、日本人なら「えっ、食べてみたーい」と思うネーミングのケーキもあるんです。日曜日は午後1時までで、閉店ギリギリに行ったので商品は少なくなっていましたが、それでもお目当ての「ゆずタルト」は1つ残っていたのでラッキー。この日にはなかったけど、次は「SAKURA(さくら)」と「SUDACHI(すだち)」を食べてみます。

img_coo_09jul20_01.JPG
 
img_coo_09jul20_02.JPG
 

息子、ホリデーキャンプに初参加!

スクールホリデーも残すところ今週のみ。コロナの影響で、日本にも帰国できず、どこかに出かけると言っても州境が閉鎖のため、旅行の計画がたてずらかったホリデーでした。
本当は息子を学校のバケーションケアにあずけようと思っていたのに、あっという間に定員になってしまい困っていたところ、現地校の保護者FBに投稿された「Holiday Camp(ホリデーキャンプ)」というプログラムを見つけて予約をしました。今回、息子は自宅から近いテニスのホリデーキャンプに参加。テニスと言ってもずーっとラケットを持ってボールを打ってるわけではなく、子供をあきさせないようなスポーツアクティビティもとり入れながら、テニスを楽しむ一日です。

基本的にホリデーキャンプは朝9時から午後3時ぐらいまでで、1日、半日、曜日などを選べます。フルで参加すると費用は割引されます。今回はコロナの影響で半日だけというホリデーキャンプもあったり、このホリデー中はやらない、というところもありました。
息子はWiiのゲームでテニスをしたぐらいでしたが、コーチが投げたボールをちゃんと返すことができるようになり、新しい友達もでき、良い経験をさせてあげられました。
「Holiday Camp」 初体験!調べると、いろいろなプログラムが あり、なんだか私までワクワクしてきました。エネルギーが有り余っている息子には、スポーツ三昧なプログラムがいいと思いました。動物と触れ合うのもいいなあ。。今度は、どんなプログラムがいいかなあ。

img_cyu_08jul20.jpg
 

123456789