ページのトップへ移動

最新の記事

ゴールドコースト市の便利なサイト

季節の変わり目ということもあり、急な雷雨、大雨が多いこの頃。先日もゴールドコーストは雨、雨、雨そして豪雨で道路、ウオーター沿いの公園などが冠水したところがありました。
学校によっては、休校になったり、豪雨になる前に、子供達を迎えに来てください、などの学校連絡が急に届いたりしました。息子の学校は、「今日は、早めに迎えに来てもいいですよ」程度でしたが、メインストリートである、Brisbane Roadの一部が冠水のため昼頃から閉鎖してしまいました。そんな私は、あらかじめ知っていた道路情報がわかるサイトを見て、他に閉鎖してしまった道はないか確かめました。その時にとっても便利なホームページを発見!!!
もう知っている方も多いと思いますが、知らない方のためにシェアです。
City of Gold Coast (ゴールドコースト市)のDashboardページ!!このページさえ知っておけば、「Road Conditions」「Weather Warnings」「Power outage」「Latest News」などの情報がパッと見ることができます。地図も表示されていて便利!ぜひ活用ください。

【City of Gold Coast Dashboard (for disaster management)】
http://dashboard.cityofgoldcoast.com.au

img_cyu_28feb20_01.jpg
img_cyu_28feb20_02.jpg

ウエストエンドの素敵な新築マンション、モンターギュレジデンス今年10月完成予定!!

 シティのお隣、サウスブリスベンの南にあたるウエストエンド。古い住宅街と新しい高層マンションが混じり、古くはベトナム、ギリシアからの移民の方が 多く住み、今もおいしいベトナム、ギリシャレストランがたくさんあります。エキゾティックという言葉がびったりだったウエストエンドも、昨今のマンション開発ブームで、ショッピング街と住宅用マンション、オフィスが入る混合開発も増え、こちらにご紹介するモンターギュレジデンスもその一つです。開発主はブリスベンで60年の歴史があるプラデラグループ。屋上のルーフトップガーデン、中2階のグリーンパーク、たくさんの緑を取り入れ都会のオアシスを感じます。Cityに13分で着くグライダーバス停目が目のまえ、フェリーの駅も徒歩10分、また一番の売りはウールワーススーパーマーケットが入ることです。地上階のレストラン、カフェエリアもあるモンターギュマーケットもとても良い感じです。タワー1とマーケットエリアの完成は今年の10月。詳細はWide Estateまでお問合せ下さい。

img_mo_27feb20_01.jpg
img_mo_27feb20_02.jpg
img_mo_27feb20_03.jpg

株価急落、不動産は?

先月、年始にあたり、今年の不動産市況を占ううえで、2019年の不動産価格がプラスに推移し、2020年も安定的に成長しそうだと書き、同時に、米中貿易摩擦、イギリスのEU離脱などの不安材料もあり注視が必要だと思いましたが、ここにきて、これらの不安材料を飛び越して、コロナウイルスが、一気に世界経済に影響を与え始めました。中国から始まり、日本や韓国にも飛び火しましたが、アメリカの経済が好調だったので、アメリカの株価にあまり影響を与えていませんでしたが、イタリアで感染者が増加し、ヨーロッパにも飛び火したことで、ついに、アメリカのダウ株価が、1日で1,000ドルという、大幅な下げを記録しました。当然、日本を含めて、世界的に株安に転じることは、コロナウイルスの抑え込みが見えない中、避けられない情勢です。オーストラリアの経済への影響も避けられません、中国は、最大の輸出国であり、中国からの投資、観光も盛んな昨今です。しかしながら、冷静に世の中を見ると、著名な投資家は、このような時こそチャンス到来と考えているようです。オーストラリアの不動産に関しても、短期的には、影響を与えるかもしれませんが、長期的な視点に立てば、人口増加や豊富な資源に支えられたオーストラリアでは、不動産は、安定的な投資対象になると思います。このような状況の時こそ、一喜一憂する株ではなく、オーストラリアの不動産投資を検討してはいかがでしょうか?

img_jo_25feb20.jpg

クィーンズワーフ開発アップデート、いよいよ正式販売開始!!

8本のクレーンがそびえたち忙しく可動中の開発サイトの横に、大がかりなモデルルームが完成したクィーンズワーフ。12月にもちょっとご紹介いたしましたが、いよいよ20202月19日より、一般に販売が開始されます!!

広いモデルルームには、ブリスベン中心地全体のモデル、クィーンズワーフの完成モデル、そして実物サイズの1ベッドルーム、3ベッドルーム(リビング、キッチン、マスターベッドルームのみ)もあり図面買いで実物が見れないことを不安に思われるお客様にも安心です。ブリスベンリバーの眺めはもちろん、建築サイトも良く見えますので、建設の進捗も常時見ることができます。カジノ、スターホテル、ローズウッドホテルの入るエリアは2022年、レジデンシャルタワーは2023年完成予定です。1ベッドルームはA$550,000よりございます。(6階)ブリスベンに何か不動産をと思われる方には、かなり気になるクィーンズワーフレジデンス!!詳細はワイドエステートまでおたずねください。

img_mo_18feb20_01.jpg
img_mo_18feb20_02.jpg
img_mo_18feb20_03.jpg
img_mo_18feb20_04.jpg
img_mo_18feb20_05.jpg
img_mo_18feb20_06.jpg

家屋の雨漏り

オーストラリアでは、ついこの前まで、山火事に悩まされ、鎮火のために、雨乞いしていましたが、最近は、豪雨の被害により悩まされています。自然は、気まぐれで、人間では、コントロールできません。
さて、豪雨があるたびに、心配になるのは、雨漏りです。ゴールドコーストは、晴れの日が300日と言われていますので、住宅も、あまり豪雨のことを計算していないように思われます。とくに横殴りの強風を伴った雨がふると、多くの家で雨漏りは発生します。天井にシミができると、ほとんどのケースは、雨漏りです。戸建ての住宅であれば、屋根瓦(タイル)の問題が多いです。タイルが欠けていたり、ヒビがはいっていたり、タイルがずれていたりすると、そこから雨が侵入します。また、屋根の棟の部分のモルタルが劣化して、ひび割れや破損により、そこから雨が入ることもあります。雨漏りは、雨が降ってみないと分かりませんが、築年数が経ってくると、よくある事象です。屋根は、定期的に専門業者にチェックしてもらい、必要に応じて、修理やタイルの交換をすることをお勧めします、同時にタイルを塗装すると、防水力がアップします。豪雨で、天井から、ぽたぽたと雨が降ってくるのは、大変です。家も生き物、日ごろのメンテナンスをお忘れなく。「備えあれば患いなし」です。

img_jo_12feb20.JPG