ページのトップへ移動

最新の記事

自宅での自己隔離に備えてしまいましたが....

5月25日(月)からクィーンズランド州では、自宅自主学習をしていた生徒たちが学校に戻ります。少し前に1、2年生と12年生が戻りましたが、これで全学年が学校で勉強できるようになります。先週からレストランなども人数制限付きで営業ができるようになり、少しづつ元の生活に戻る兆しが見えてまりりました。オーストラリアは今でこそ落ち着いてまいりましたが、3月の後半から4月中頃くらいまではかなりの数でコロナウイルス感染者数が増加し、厳しい規制が引かれ、いったいどうなるのか。。。。という時期がありました。スーパーから、まずトイレットペーパーが消え、その後お肉、お米、小麦粉、パスタなどが商品棚から完全に姿を消し、薬局からはマスク、消毒液、挙句の果てには赤ちゃんのオムツ用ワイプまでが消えました。早朝からスーパーに長い列が出来たり、トイレットペーパーを醜く奪いあうお客様の様子などが報道され、ますます買いだめに拍車がかかった時期もありました。テレビでのモリソン首相による「買いだめをやめること!!」というアピールにもかかわらず、私も実は、Just in case(念のため)、もしも2週間の自己隔離を言い渡されたら、と思い缶詰のスープや冷凍ピザ、パスタ、犬の餌などを買いだめしてしまいました。。。。実は自己隔離しなくてはならなくなった人には、食べ物を配達してくれるサービスがあり、またスーパーもオンラインで注文出来るので、何の心配をしたのだろうかと反省しております。最近はこういった物品がきちっとスーパーには戻り、今のところ家族も私も元気で、たくさんあるスープやパスタを少しづつメニューに入れて消費中です。世界ではまだまだ、コロナウイルスは猛威を振るっており、オーストラリアのこの状況に感謝しなくてはいけないとおもっております。オーストラリアもセカンドウエイブと呼ばれる感染者増加の第2波が来ない、という保証はもちろんなく、政府からの情報をきちっと把握し感染増加防止に協力します。

img_mo_26may20_01.jpg
 
img_mo_26may20_02.jpg
 

本物の味、フレンチベーカリー「Cubby Bake House」

NSW州(ニューサウスウェールズ州)のChinderahにあるフレンチベーカリー「Cubby Bake House」。フランス産の小麦を使ってフランスのメソドで焼き上げるパン。それらの焼き立てパンは棚に2時間以上は置かれないそうです。フランスに飛ぶ必要はないよ、ここにそれがあるからと。
ゴールドコーストの南方面に住んでいるお友達がここのパンも美味しいけど、ケーキやペイストリーもとっても美味しいよと以前戴いた事があり、一度ブランチかランチに行ってみたいなぁと思っているのですが、ゴールドコーストの北エリアに住んでいるCOOにとっては行くのが少し遠いので、なかなか行けていません。そして今はQLD州(クィーンズランド州)とNSW州の境は閉じているので行けません。しかし!先週末にこのミルフィーユみたいなケーキを食べる事が出来ました。ちょうど先週末から自粛が少し緩和されて久しぶりに少人数で集まって、おしゃべりが出来ました。何層にもなったパリッパリでカリカリの生地と甘さ控えめのクリーム、そしてマカロンでデコレーションされたケーキは、とっても美味しかったです。お友達のご主人は州境をパス出来る許可証があるので電話で注文したケーキやペイストリーをピックアップに行ってくれたそうです。先週末から少しだけ自粛が緩和されたゴールドコーストですが、まだ気を抜かないように気を付けて毎日過ごしたいと思っています。
マーメイドビーチにある「Bam Bam Bake House」は姉妹店です。 ここのクロワッサンもとっても美味しいです。

img_coo_20may20_01.JPG
 
img_coo_20may20_02.JPG
 

アパートメントとペット

コロナウイルスによる外出規制が引かれた中でも、運動のための外出は許され、またペットとの散歩もソーシャルディスタンスを守ればOkでした。そのせいか、最近私の住むウエストエンドエリアの公園には犬を遊ばせるオーナーが増えたように思います。ブリスベンのシティまで近いロケーションで、このあたりはここ5年ほどでマンションの建設が進み高層マンションが並びます。クィーンズランド州の賃貸法は今のところテナントさんからペットを飼いたい旨のリクエストを受けた場合、戸建てでも、マンションでも家主の意向に沿わない場合は飼うことができません。マンションの場合は特に管理組合の許可も必要になります。とはいうものの、マンションの供給過剰がいわれる中、ペットをOKしてテナントさんを募集する家主も増えているようです。ペットについての州の法律も、もう少しペットが飼いやすくなるよう今年中に改正される予定です。テナントさんには嬉しいニュースですが、家主側は、ペットがいるテナントさんを入れる際は、少し厳しい退去時のクリーニングや年に1度の害虫駆除などをテナントさん負担でお願いするなど、ペット対策を導入する必要も出てまいります。我が家もアパートですが、犬を飼った際には、管理組合から許可をいただき、10kg以内の犬であること、やたらにほえさせないことなどの条件付きでした。我が家の犬のお散歩ルートにあるDavies Parkはラッキーなことに犬を離して遊ばせることができ、周辺の愛犬家に人気があります。先日、Davies Parkで出会った犬たちの名前を全部思い出したら20匹以上いたのでびっくり。時代の流れは、「愛犬家に友好的」なブリスベン住宅状況です。

img_mo_19may20_01.jpg
 
img_mo_19may20_02.jpg
 
img_mo_19may20_03.jpg
 

【バーチャル内覧】バーレービーチのラグジュリー物件

今回のバーチャル内覧は、サーフィンの大会が開かれるビーチとしても有名なバーレーヘッズの物件「Nature Burleigh」です。18階建て、総戸数33戸、海岸通り沿いに位置し、目の前には、白い砂浜のビーチが広がっています。近隣には、ローカルで賑わうレストランやカフェもあります。白い砂浜のビーチが、目の前の物件ですので、そのビーチにスポットを当てました、このビーチを毎日楽しめます。
*詳しくはワイドエステートの物件詳細ページをご覧ください!こちらからどうぞ!

補修授業校、新一年生おめでとう!

息子はオーストラリア・クイーンズランド州補修授業校に幼稚部からお世話になっていて、今年、ピカピカの新一年生!しかし、COVID-19の影響で、5月2日(土)の入学式、新学期開始日が中止となりました。もちろん毎週土曜日に登校するのも、しばらくできません。さみしいことですが、補修校運営委員会の皆様のおかげで、補修授業校はちゃんとはじまっています!!日本の教科書は予め自宅に配達され、5月2日(土)はオーストラリアに入国ができず、日本にいらっしゃる新しい校長先生のご挨拶をYoutube動画で聞くことができました。そのあとは新しいクラスの先生、お友達とZOOMで顔合わせができました。子供達の少し照れているけど、とても嬉しそうな顔が印象的でした。そして、予めお知らせがあった課題に沿って子供とお勉強。宿題も出て、ちょっと1年生になったという実感です!!今週土曜日で3回目のオンライン補修授業校。ZOOMでの授業も少しづつ時間が増えてきて、息子も少しづつ慣れてきました。「1年生はいろんなことが勉強できて楽しい!」と言っていますが、その調子で楽しく学んでいってもらえたらと思います。早くお友達と校庭でおもいっきり遊べる日がくるといいね。新一年生おめでとう!!

img_cyu_15may20_01.JPG
 
img_cyu_15may20_02.JPG