ページのトップへ移動

最新の記事

オーストラリアの新「50ドル」紙幣

今日、ちょこっとATMからお金を引き出したら、新しい50ドル紙幣がでてきました!こちら、2018年10月18日に発行されたようで、私は初めて手にしましたよ。
ワイドエステートのブログで2016年10月頃に紹介しました5ドル新紙幣は2016年9月1日発行、そして、その後も2017年9月20日に10ドル紙幣が新しくなっています。今後は20ドル新紙幣が2019年、100ドル新紙幣が2020年を予定しているそうです。オーストラリアの紙幣って、新しくなってもデザインが可愛くて色合いも素敵です!そして、色々考えて作られている世界の最先端をいく紙幣だなんて!本当に素晴らしい!!拍手です。

以下は以前ブログ内で紹介していますが、もう一度リンク先紹介しておきます。
Reserve Bank of Australiaのホームページ内で見つけた紙幣の紹介ページですが、とってわかりやすくて、見せ方がいい!!他の紙幣もついでに調べてみよう!
【Reserve Bank of Australiaホームページの新50ドル紙幣、詳細ページ】
https://banknotes.rba.gov.au/banknote-features/#-new-fifty

img_cyu_

床屋さんでビール?!

最近サーファーズにオープンした床屋さん「MADURO'S」。中をのぞいてみたら口ひげの先がくるっとカールしたスタイリストさんがお店にいて、ビール1本無料だそうです。いかにも海外の床屋さんって感じです!!

img_coo_08nov18.jpg

政策金利は、据え置き。

昨日は、恒例のメルボルンカップが行われ、オーストラリアは国を挙げてのお祭り騒ぎ、ビクトリア州は、祝日です、競馬の日が、祝日とは、驚きです、当社が入るビルでも、すれ違う人は、おしゃれな服装で、一日を楽しんでいるようです。

毎年、この日は、ちょうど、豪州連邦準備銀行の政策金利を発表する日にあたります。政策金利は、史上最低の1.5%で、27ヶ月据え置きとなりました。国内では、不安材料があるものの、経済成長は、続いているようです。景気は、心理的な影響も大きいので、皆が、不景気だ、と消費を控えたりすると、経済が回らなくなりますので、オージーの楽観主義が、好調な経済を支えている、ともいえます。

政策金利据え置きに関する、新聞記事の抜粋です、ご参考までに。(一部、補足説明あり)

オーストラリア連邦準備銀行(RBA)は6日、政策金利を史上最低の1.5%に据え置くと発表した。据え置きは今回で27カ月連続となった。RBAのロウ総裁は、低金利がオーストラリア経済を支えているとしている。また、2018~19 年の平均国内総生産(GDP)成長率予測を、これまでの3.25%から3.5%に上方修正し楽観的な見通しを示した。
 ロウ総裁は同日発表した声明の中で、オーストラリア経済はGDP成長率が3.4%となったことや失業率が5%に下がるなど好調だと評価。ただ、2020 年には資源輸出の成長が減速することから、GDP成長率も下落すると予想している。ほかに、企業景況感の良さや非資源部門の投資の拡大が見込めるとしたほか、公共インフラ投資が経済を下支えしているとした。ただ、オーストラリア経済で懸念されるのは、低調な世帯収入の伸び、負債水準が高く、シドニーやメルボルンの住宅価格の下落している世帯消費の今後の見通しが立たないとしている。また、干ばつにより、農業部門は困難な状況に陥っているとした。一方、交易条件は過去数年間にわたり改善しているとしたほか、豪ドルは過去2年間の変動幅にとどまるとした。コンサルティング会社キャピタル・エコノミクスやウエストパック銀は、1.5%の政策金利が2020 年後半まで続くと予想しているが、ほかの金融機関の間には来年にも金利が引き上げられるとの見方も出ている。

ブロードビーチの日本食レストラン「大地」

先日、ブロードビーチにある日本食レストラン「大地」に行ってきました。このレストランは、回転ずしチェーンの寿司トレインが運営しているレストランですが、隣には、高級日本食レストラン「天」がありましたが、最近、「天」は業態を変更して、ワインバーになっていました。以前、 「大地」には、ランチに行ったことがありましたが、夜は行ったことがありませんでした。

img_jo_05nov18_01.jpg
 

メニューを見ると、お酒のつまみもあり、お酒を飲みながらでも、楽しめそうです。レストランは、BYOなので、ワインやビールもOK。この日は、枝豆、お刺身、出汁巻卵(メニューには、日本風オムレツ トリフ入りと謳っていますが、出汁巻という感じ)そしてヒレカツを注文。お刺身は、白身のハマチが美味しかったです。また、出汁巻卵も、ふんわりとしていて、味も良く、いい食感でした。

img_jo_05nov18_02.jpg img_jo_05nov18_03.jpg
 

ヒレカツは、上手にかりっと揚げていて、こちらも美味でした。

img_jo_05nov18_04.jpg
 

ご飯とお味噌汁と付けて、二人で、満腹になり、A$61でした(ワインはBYOでしたの、持ち込み料のA$3)、満足度の高い、お食事でした。

お医者さんのご褒美アメ

もうすぐ5歳の息子を定期予防接種や風邪などでGP(一般開業医)へ連れて行く時、とっても喜んで行きます。時には、ただのすり傷なのに、自分から「マミー、ドクター(お医者さん)に行ったほうがいいよー」と言うのです。
それは、なぜかと言うと、いつも行くGPのドクターは診察後、必ずJelly Beans(ゼリービーンズ)を数個くれるのです。とってもカラフルなゼリービーンズが透明の瓶にたくさん入っていて、おもちゃのピンセットで「何色がいい?」と言い、毎回、2個ぐらいくれます。予防接種などの場合は大サービスで6個を小さな容器に入れてくれます。
と言うことで小さい時からなので、「お医者さん=ご褒美にアメをもらえる」なので泣いたり、怖がったりせず、ちゃんと注射もするし、診察も受けるのです。めでたし、めでたし(笑)。
私がいつも買うJelly Beansは「GLUCOJEL」と言うもので薬局のレジ近くに必ず置いてあり、袋には「GLUCOSE(ブドウ糖) POWER」と書かれています。袋の中には、たくさんの色が入っていて、こちらそれぞれフレーバーが違います。オーストラリアでも子供には上手に効果的にブドウ糖を与えたほうがいいと言われているようです。我が家にも常に在庫があり、外出時には小さな容器に入れて持ち歩いています。子供が少し体調が良くない、元気がない時、お腹が空いた時。。。等に食べさせています。私達、大人も疲れた時、小腹が空いた時などに食べています。もちろん食べ過ぎはいけませんよ!

img_cyu_02nov18_01.JPG
img_cyu_02nov18_02.JPG