ページのトップへ移動

カテゴリー

:不動産編

夕日が海に沈む街「パース」

今は、海外旅行に行くことが出来ないので、コロナ感染の様子を見ながら国内旅行をしています。先月、初めて西オーストラリア州のパースに行ってきました、最大のテーマは、海に沈む夕日を見ることでした。ゴールドコーストは、東海岸ですので、海に沈む夕日を見ることが出来ませんが、パースは西海岸ですので、夕日が海に沈みます。コロナ禍でも、ゴールドコーストから、ダイレクトフライトが飛んでいます(フライト時間は、約5時間)。西オーストラリア州は、コロナ対策が、オーストラリア内でも最も厳しく、長い間、州境を閉鎖していましたが、運良く、クイーンズランド州との州境は開放されました。簡単に、西オーストラリア州とその州都パースの概要ですが、オーストラリア大陸の1/3を占める広大な州で、日本の約7倍、人口は約270万人で、その人口の約75%の200万人がパースに住んでいます。州経済の柱は、豊富な天然資源で、鉄鉱石、アルミニウム、金、ダイヤモンドなどが産出され、天然資源の輸出高の約60%を占めています。特に鉄鉱石は、世界の生産量の約32%を占めています。また、金の産出量も世界で中国に次いで第2位、埋蔵量は世界一です。また、地中海性気候により、オーストラリアでも屈指のワインの産地です。コロナ禍でも、2019-2020年会計年度(2019年7月から2020年6月)、1.4%の経済成長を遂げたことは、この州の強さを物語っています。

さて、今回の旅行では、パース、パース沖の島 ロットネスト島、車で約3時間半のワイン産地 マーガレットリバーなどを訪れましたが、このブログは不動産編なので、パースの不動産について触れたいと思います。旅行記は、番外編として、最後に写真でご案内します。

パースの不動産価格ですが、他の主要都市と比較すると、他都市が、2015年以降、上昇しているにも拘わらず、パースは下降しています。原因は、鉱山需要による人工動態によると専門家は、指摘しています。鉱山ブームになると、海外、他州からの移民が増え、住宅需要が増し、不動産価格が上昇し、反対に、ブームが去ると、人口が減少し、不動産価格が減少しているとの見方です。資源が主要産業である州の特徴かもしれません。

img_jo_11jan21_02.jpg
【↑各州不動産価格、推移チャート】
img_jo_11jan21_01.jpg
【↑WA州、不動産価格推移チャート】
img_jo_11jan21_03.jpg
【↑WA州、人口推移チャート】

そのパースで、新観光スポットとして人気急上昇中で、再開発地区でもある ウオーターフロントの「エリザベス・キー」で注目の開発物件があります。エリザベス・キーには、ウオーターフロントのお洒落なレストランやカフェがあります。開発業者は、ゴールドコーストの「スター・レジデンス(THE STAR RESIDENCES)」やブリスベンのクイーンズ・ワーフ(QUEEN'S WHARF)など、オーストラリア全土で、大型案件を手掛けるFAR  EAST CONSORTIUM(ファー・イースト・コンソーシアム)が開発したTOWERS(タワーズ)。3棟からなるタワーで、一棟は最高級ホテル「リッツ・カールトン「RITZ CARLTON)」が営業しています。2棟は、総戸数379戸の高級分譲アパートメントで、最大の魅力は、なんといっても最高の立地です。物件の情報は、下記のリンクをご覧ください。今回、クリスマスホリデー期間中で、内覧はできませんでしたが、外観からも、物件の品質は伺えます。「世界で最も住みやすい」と言われたパースの不動産も注目です。

img_jo_13jan21_01.JPG
【↑パース市内】
img_jo_13jan21_02.JPG
【↑エリザベスキー】
img_jo_13jan21_03.JPG
【↑海に沈む夕日】
img_jo_13jan21_04.JPG
【↑南氷洋とインド洋が交わる地点】
img_jo_13jan21_05.JPG
【↑マーガレットリバーワイナリー】
img_jo_13jan21_06.JPG
【↑ワインテイスティング】
img_jo_13jan21_07.JPG
【↑ビール工場】
img_jo_13jan21_08.JPG
【↑ロットネスト島】
img_jo_13jan21_09.JPG
【↑バッセルトン】
img_jo_13jan21_10.JPG
【↑マンモス洞窟】
img_jo_13jan21_00.JPG
【↑フリーマントル】
img_jo_13jan21_11.JPG
【↑野生のクオッカ】

新刊「ゴールドコースト流・不動産投資」のご案内

写真の本「ゴールドコースト流・不動産投資」は、弊社代表 砂川盛作 著書で、2021年1月8日より、本の発売が始まりました。 ゴールドコーストの不動産の特徴や優位性について簡潔に まとめてありますので、是非、ご参考いただければと思います。

本来であれば、発売と同時に、弊社、砂川は日本全国でセミナーを開催し、ゴールドコーストの 魅力を熱く語ろうと思っていたのですが、コロナ禍中で断念しました。 海外不動産、海外不動産投資、特にオーストラリアの不動産に ご興味のあるご友人、お知り合いの方にもご紹介いただければ嬉しいです。 日本の書店にも徐々に並ぶことになりますが、アマゾンや楽天でも ご購入いただけますので、どうぞよろしくお願いいたします。

img_cyu_09jan21.jpg

オーストラリアのコロナ感染対策、スピード対応力

日本でも昨日(2021年1月7日)7,000人を超える感染者数が確認され、猛威を振るうコロナウイルスですがオーストラリアもこのところ、クリスマス、年末など家族が集まるスーパースプレッダーと呼ばれる時期もあり、あちこちで新たな感染者が確認されております。ブリスベンでは昨日、海外からの帰国者が2週間の隔離宿泊するホテルで働くスタッフが、イギリスで爆発的に感染者を増やした異変種コロナウイルスに感染していることが確認されました。これにより、感染者はまだ1人ですが、即、今朝、8時にブリスベン市、ローガン市、モートン地区、イプスイッチ地区に本日、1月8日(金)午後6時から11日(月)午後6時までの3日間の外出禁止令がだされました。必要最低の食料などのお買い物、医療関連、自宅では行えない仕事のための外出以外は家から出てはいけないそうです。(自分の住むエリアでの運動のための外出は許される。)このウイルスの感染力が70%程度、今までのコロナウイルスより強いということで、現在、長い夏休み中のオーストラリアで観光関連産業には痛い通告で、賛否両論になる可能性は極めて高いと思われますが、「安全重視」、「大変早いスピード」での都市封鎖となりました。州政府の決断力とスピードには驚かされます。外出時のマスク着用も義務化されました。お買い物は許されるとはいえ、街のスーパーは、一時混乱状態に陥り、食品の棚がすっかり空になりましたが、これも数時間で落ち着きを取り戻し、オーストラリア人のフレックスな諸事対応力に関心するばかりです。不動産投資先として、安定した国政と経済でオーストラリアは人気が上がってきておりますが、世界のパンデミック事情を考慮すると、疫病対処も今のところポイントが高いオーストラリアです。

img_mo_08jan21.jpg
img_mo_08jan21_03.jpg
【↑買い出しに並ぶ人たち】
img_mo_08jan21_02.jpg
【↑数時間後には商品の棚も回復しました】

ビーチフロントの魅力

今、私に「ゴールドコーストではどの物件を買ったらいいですかね?」と尋ねられたら、即答で「ビーチフロントのコンドミニアム」と答えると思います。何故か?それは私が欲しいからです(笑)。何故、欲しいかというと、将来的に希少性が高まる可能性が見えているからです。ゴールドコーストは60キロに及ぶ、白砂のビーチが続いていますが、ビーチフロントに面した物件は数が限られています。ちなみにオーシャンフロントの物件とビーチフロントは違います。簡単に説明をすると、ビーチ沿いに道路があり、その道路を中心にビーチ側に面した土地、つまりビーチに接している物件がビーチフロントで、その道路の反対側に面した物件をオーシャンフロントといいます。いずれの物件もオーシャンビューが売りですが、ビーチに接した物件はやはり価値があります。以前はビーチに面した戸建てなどが5千万円くらいで買える時もありましたが、今は、おそらく一声、5億円〜10億円だと思います。それでも、シドニーやメルボルンの富裕層が挙ってビーチフロントの物件を求めます。シドニーやメルボルンに比較するとまだ格安なのです。。ビーチフロントのコンドミニアムもそう簡単に買える価格ではありませんが、資産として長くもつ物件としてはかなり優良の類に入ります。自分の物件からオーシャンビューが望め、延々と続く白砂のビーチにでることができる、夢のような物件、そして、希少性のある資産として価値の上昇が見込める。いかがですか?。ワイドエステートでは厳選した物件をご紹介できます。

img_ryu_05jan21_01.jpg
img_ryu_05jan21_02.jpg

新年を花火で迎えるオーストラリア、不動産も価格維持

コロナウイルス一色の2020年がようやく終わり、新しい1年がはじまりました。日本は第3波が猛威を振るい、非常に大変と伺っており状況の回復をお祈りいたします。オーストラリアでもクリスマスからお正月にかけての人々の移動や家族の集いなどが、ウイルス感染者数に若干の拍車をかけましたが、世界を見ると、ずっとましな方でこの状況に感謝をし新年を迎えました。こちらは新年を厳かに迎えるというよりは、賑やかに迎えます。大晦日は各地で真夜中の花火が盛大にあがるのが毎年恒例行事でしたが今年はどこも当然自粛。いつも一番大きいシドニーハーバーブリッジでも、観客は無し、TV中継のみの花火だったようです。ブリスベンももちろん、大きな花火はありませんでしたが、各地方自治体が人数を制限しながらこじんまり系の花火を上げて2020年を見送った感じです。ブリスベン市とサウスブリスベンエリアの高層マンションでは、通常は花火を見る人で屋上が住人でいっぱいになり人数制限のチケットを出すところもあるくらいですが、今年は、ソーシャルディスタンスを守れる人数制限付きがほとんだったようです。投資物件を購入する際、付帯施設は後々のテナント集客のポイントの一つにもなり、屋上のプール、バーベキュー施設エリアは昨今人気が高いです。

オーストラリアの2020年の不動産価格は、様々な厳しい経済状況が続いた中で一時は10%以上の下落が予想されましたが、4月から9月まで平均するとが全国で約2.1%ほど落ちた程度でとどまったことが、ザ・オーストラリアン紙に報道されております。また、1年でみると全国平均では約3%程度上昇し、特に地方都市の健闘が顕著だったようです。このトレンドはコロナウイルスで自宅勤務に切り替えた企業が多かったこともあり、スペース重視でマイホームを探す人が増えて、広さ確保ができる地方の戸建ての人気につながったということが原因と言われております。

オーストラリアでは3月以降にコロナウイルスのワクチン投与が開始されると聞いております。出来るだけ早くこの病気の感染経路を切って、また安全に海外旅行ができる日の到来を待つばかりです。

img_momo_04jan20_01.jpg
【↑自宅のバルコニーから愛犬も花火を楽しむ】
img_momo_04jan20_02.jpg
【↑自粛花火と言っても綺麗でした】
img_momo_04jan20_03.jpg
【↑Photos by Dominic Lorrimer.Sydney Morning Herald/
シドニーの花火の様子

コロナ禍でも上昇、ゴールドコーストの不動産

先週の土曜日の地元紙「ゴールドコースト ブリテン(Gold Coast Bulletin) 」に、ゴールドコーストの不動産に関して、興味深い記事が掲載されていました。

内容は、ゴールドコーストの戸建て住宅とアパートメントの中間価格、そして、対前年比です。地区ごとに公表されています。対前年比では、もっとも価格が上昇した地区は、戸建て住宅では、31.5%上昇したクーランガッタ地区(ゴールドコースト空港がある地区)、アパートメントでは、21%上昇したパラダイスポイントです。地区によって、対前年比で下降している地区もありますが、全体としては、価格は上昇しました、特に戸建て住宅で、ゴールドコーストの南部の上昇が顕著でした。コロナのパンデミック宣言がされた時は、不動産価格は、下降するだろうと予想されていましたが、史上最低の金利、政府から補助金に支えられ、特にゴールドコーストは、シドニーやメルボルンと比較して、割安感があることで、他州からの移住により、不動産価格は、上昇したようです。上昇時、購入希望者は、熱くなりすぎていることがありますので、感情的にならずに、冷静に物件の価値、そして、出口戦略も考慮してください。

img_jo_14dec20.jpg

クィーンズワーフ、売れ行き順調!

ブリスベン市内最大の開発物件クィーンズワーフは現在クレーンが5 - 6本立ち、順調に工事が進んでおります。また、売れゆきも順調で、コロナウイルスの影響を受けながらも、根強い人気があり、先日、1ベッドルームがいよいよあと2軒残るのみとなった通知が届きました!さすが、話題の大型開発ですね。完成は2023年。お値段は8階が$585,000!詳細は是非ワイドエステートまで、お問い合わせください!

>>↓↓クィーンズワーフの日本語案内ページは以下から(ワイドエステートHP内)
https://qwb.wide-estate.com.au/

img_mo_10dec20.jpg

ブリスベン中心まで15km!海辺の街、Wynumm(ウィナム)がホット!

コロナウイルスは、たくさんの影響をもたらしておりますが、就業スタイルもこのウイルスのおかげでかなり大きく変わったように思います。クィーンズランド州でも外出禁止令がだされた時期があり、自宅勤務が出来るところは、それが主体となった会社がたくさんありました。もちろん、ここ数か月ブリスベンはほぼ生活が元に戻りつつあり、通勤も始まっております。しかし今後も、若干街から離れていても環境が良いところを住む場所に選ぶ家族、若いカップルが増えていくように思います。オフィスに通わなくても出来る仕事がある。...ということを発見させてくれたコロナウイルスでした。さてそんなトレンドを気にしながら、ブリスベン市中心街から15km程度、もちろん電車でも、車でも通勤可能地域で、しかも海辺というWynumm(ウィナム)は極めてホットスポットです。東側にモートンベイを望み、一軒家はもうすっかり高くなっておりますが、古い家が壊され、マンションの開発が続いておりお値段はまだまだブリスベン市中心に比べればお得感があります。お勧めなのが、Lato Baia(ラト・バイア)。Life by the Seaという意味の名前の通り海が見えるお部屋が多く、間取りもゆとりがあり、また屋上のプールからの眺めはリゾート感もたっぷりあります。1ベッドルームプラス書斎、ゆとりの84平方メートルA$400,000より、2ベッドルームA$470,000より。詳細はワイドエステートまで、お問い合わせください。

img_mo_09dec20_00.jpg
img_mo_09dec20_01.jpg
img_mo_09dec20_02.jpg
img_mo_09dec20_03.jpg
【↑写真提供:Must Do Brisbane.com】

私の支払った税金の使途は?

以前にもブログで取り上げたと思いますが、この国では国税局から自分が納めた所得税が国によりどのように使われたが一目でわかる納税書領収書が発行されます。主な使途項目は福祉•医療•防衛•教育•公的サービス•移民等。この一覧表をみると自分が間接的に経済的な面で社会貢献をしていることがわかります。その中でこの国らしいと思う項目の中に国の借金の総額とその借金に対して支払った利息金額が記されています。2020年度の借金はA$546billion(約40兆円)、それに対して支払った利息はA$18.2billion(約1兆3000億円)。利息は途方もなく巨額ですが、勿論この一部も自分が納めた税金から支払われていることが確認できます。国の借金が膨大になると大変だよと色々な場面で聞きますし、一方で必要な借金もあるなど情報が交錯しますが、なるほど、このように国から一個人に対して、しかも公的な領収書の中で財務状況がわかるような情報が届くと時間をおいてしっかりと読んでおこうという気にもなります。恐らく国外からも資金調達をしているオーストラリアは基本的に借金は「だめ」という考えが定着しているものの(それもあって財務はよく信用格付け会3社間においては国債はトリプルAの評価を受けています)、今回のコロナ禍のような経済危機時には借金もやむ終えないという状況もあるため、この辺りの意識を常に国民と共有したいのだと思います。納税者目線にたった立派なサービスと思うのは私だけではないと思います。こちらで不動産賃貸事業されて税金を納めているオーナーさんにもこの領収書は届いていると思いますので、ぜひ一度ご覧になってください。

img_ryu_08dec20.jpg

オーストラリアの親も教育熱心、学区と不動産価格

オーストラリアの2大不動産サイトといえば、Realestate.com(リアルエステート・ドットコム)とDomain(ドメイン)。クイーンズランド州では、Realestate.comの方が、シェアーが高いですが、シドニーやメルボルンでは、Domainが優位との話も聞きます。そのDomainの調査で、面白い記事がありました。

オーストラリアの公立の学校の場合は、日本でも同じだと思いますが、学区制になっていて、特定の学校に入学するためには、特定の地域の住民でないと入学できません。オーストラリアでも、有名な公立学校があり、結構、オーストラリアの親も教育熱心で、その学校に子供を入学させるために、その学区に引っ越しをするようです。そのため、人気のある学校がある学区の不動産価格が前年対比で25%以上、高騰していています。

例えば、パースでは、PRIMARY SCHOOL(小中学校)とSECONDARY SCHOOL(高校)で、それぞれ前年対比で、35.6%、32.7%上昇しました。全国的に見ると、ブリスベン、メルボルン、シドニーの学区で、上昇率がトップテンに入っています。

ゴールドコーストでも、人気の学校に入学させるために、わざわざ、自宅の他に、地区内の家を賃貸する人もいるとの話を聞いたことがあります。もちろん、オーストラリアでは、人気の私立学校もたくさんあり、学区制ではありません。

国が豊かになると、教育熱心になるようです。ただ、オーストラリアの場合は、学業だけでなく、スポーツや音楽なども含めたバランスのとれた人間形成に、学校は力を注いでいます。

>>下記がトップテンの学区です。<<

Top 10 primary school catchment zones(小中学校学区)

SchoolStateMedianYoy
Como Primary School WA $901,750 +35.6%▲
Dudley Park Primary School WA $276,000 +30.8%▲
Bald Hills State School QLD $675,000 +29.2%▲
Newport Public School NSW $2,000,000 +29%▲
Wynnum West State School QLD $547,500 +28.8%▲
Rainworth State School QLD $1,150,000 +27.8%▲
Elwood Primary School VIC $1,730,000 +27.2%▲
Ipswich Central State School QLD $365,000 +27%▲
Avalon Public School NSW $2,562,500 +26.5%▲
Cannon Hill State School QLD $755,000 +25.8%▲

▲Domain's 2020 School Zone Report

Top 10 secondary schools catchment zones(高校学区)

SchoolStateMedianYoy
Armadale Senior High School WA $325,000 +32.7%▲
Epping Boys High School NSW $1,565,000 +32.3%▲
Colo High School NSW $600,000 +31.9%▲
Applecross Senior High School WA $1,030,000 +28.9%▲
Willoughby Girls High School NSW $3,115,000 +28.6%▲
Staughton College VIC $480,000 +28%▲
Ryde Secondary College NSW $1,530,000 +27.5%▲
Rosebud Secondary College VIC $796,000 +27.4%▲
Belconnen High School ACT $707,600 +26.4%▲
Albert Park College VIC $1,695,000 +25.6%▲

▲Domain's 2020 School Zone Report

img_jo_26nov20.jpg

1234567891011