ページのトップへ移動

個別記事

リコーダーの練習に励む息子

ゴールドコーストは、毎日、朝夕と寒くなりました。もうすぐ、Term 2(2学期)が終わり、1ヶ月ほどの冬休みに入ろうとしています。 早い、早い。。。
さて、現地校で今年1月末からYear 3(小学3年生)になった息子は、学校の音楽の授業でリコーダー(縦笛)を 習い始めています。日本でも小学3年生から習うようですね。 それなら私もリコーダーを買って、一緒にやろうと、だいぶ前に、いわゆる$2ショップで買ったのですが、 安いものは、やっぱり音が全然あっていず、結局、ちゃんとしたYAMAHAのリコーダーを購入しました。 まずは、こっそりと誰もいない時に指使いを思い出し、練習ました。 そして、先日、息子の前で初めてふいてみせたら、「えー、上手!」と驚き、「どうして、できるの。 ぼくも、もっと上手くなりたい!」と言って自主的に練習するようになりました。「この曲、一緒にふこう!」と、さそってくることもあり、やる気満々です!!学校では、テキストブックの中の指定曲を弾ける毎に、 リコーダーにリボンをつけてくれるようです。レベル毎に指定曲とリボンの色は違い、今、息子は3本ついています。 最高レベルは黒色だそうですが、間のレベルをとばして、黒リボンにチャレンジしてもいいようで、それを目指すと言っています。実は私も、Youtubeでふきたい曲を探して、練習し、楽しんでいます。 普段使わない指の動きで脳が活性化され、吹くときの腹式呼吸で自律神経を整えて体調も良くなるようで、 私もリコーダーを始めて良かったです!子育てのおかげで、親も学ぶことが多いですね。

img_cyu_13jun22_01.JPG
img_cyu_13jun22_02.JPG