ページのトップへ移動

個別記事

オーストラリア国勢調査2021の結果発表

昨年、2021年8月21日に実施した国勢調査の結果が、昨日、オーストラリア統計局(ABS)から発表されたので、興味深いデータを紹介します。

*人口:25,422,788人 前回実施した2016年から8.6%の増加。過去50年間で倍増。男性の割合が49.3%で、年齢中央値が37歳。女性の割合が50.7%で、年齢中央値が39歳。なお、日本の年齢中央値は48.4歳で、世界で最も高齢化が進んだ国。オーストラリアは約10歳若い国です。世代別の割合をみると、ミレニアム世代(25‐39歳)とベイビーブーマー世代(55歳から74歳)が最も多く、両世代ともに21.5%。州別の人口では、シドニーがあるNSW州が最も多く約800万人、次にメルボルンがあるVICTORIA州が約650万人、そして、ゴールドコーストがあるQLD州が約510万人です。人口の約80%が東海岸沿いに住んでいます。なお、人口の約半分が、海外で生まれたか、もしくは、親のどちらかが海外で生まれたという移民国家であることが示されました。

*宗教:43.9%がキリスト教ですが、無宗教が38.9%で前回、2016年が30.1%でしたので、無宗教が増加しました。

*住宅:持ち家が66%(内35%が融資を得て購入)、賃貸が30.6%。なお、日本の持ち家率は、60.9%。

*収入:オーストラリアの週収入中央値は$805、年収にすると$41,860。なお、日本の年収中央値は約399万円。世帯別にするとQLD州は$1,675、NSW州は$1,829。前回、2016年時点の週収入中央値は$662でしたので、約20%上昇。

これらのデータは、調査の一部です、興味のある方は、ぜひ、統計局のサイトをご覧ください。

【Australian Bureau of StatisticsのHP内、Census(英語)】https://www.abs.gov.au/census

img_jo_29jun22.jpg
*画像は2021 Census AustraliaのFBより