ページのトップへ移動

個別記事

コロナ禍でも上昇、ゴールドコーストの不動産

先週の土曜日の地元紙「ゴールドコースト ブリテン(Gold Coast Bulletin) 」に、ゴールドコーストの不動産に関して、興味深い記事が掲載されていました。

内容は、ゴールドコーストの戸建て住宅とアパートメントの中間価格、そして、対前年比です。地区ごとに公表されています。対前年比では、もっとも価格が上昇した地区は、戸建て住宅では、31.5%上昇したクーランガッタ地区(ゴールドコースト空港がある地区)、アパートメントでは、21%上昇したパラダイスポイントです。地区によって、対前年比で下降している地区もありますが、全体としては、価格は上昇しました、特に戸建て住宅で、ゴールドコーストの南部の上昇が顕著でした。コロナのパンデミック宣言がされた時は、不動産価格は、下降するだろうと予想されていましたが、史上最低の金利、政府から補助金に支えられ、特にゴールドコーストは、シドニーやメルボルンと比較して、割安感があることで、他州からの移住により、不動産価格は、上昇したようです。上昇時、購入希望者は、熱くなりすぎていることがありますので、感情的にならずに、冷静に物件の価値、そして、出口戦略も考慮してください。

img_jo_14dec20.jpg