ページのトップへ移動

個別記事

私の支払った税金の使途は?

以前にもブログで取り上げたと思いますが、この国では国税局から自分が納めた所得税が国によりどのように使われたが一目でわかる納税書領収書が発行されます。主な使途項目は福祉•医療•防衛•教育•公的サービス•移民等。この一覧表をみると自分が間接的に経済的な面で社会貢献をしていることがわかります。その中でこの国らしいと思う項目の中に国の借金の総額とその借金に対して支払った利息金額が記されています。2020年度の借金はA$546billion(約40兆円)、それに対して支払った利息はA$18.2billion(約1兆3000億円)。利息は途方もなく巨額ですが、勿論この一部も自分が納めた税金から支払われていることが確認できます。国の借金が膨大になると大変だよと色々な場面で聞きますし、一方で必要な借金もあるなど情報が交錯しますが、なるほど、このように国から一個人に対して、しかも公的な領収書の中で財務状況がわかるような情報が届くと時間をおいてしっかりと読んでおこうという気にもなります。恐らく国外からも資金調達をしているオーストラリアは基本的に借金は「だめ」という考えが定着しているものの(それもあって財務はよく信用格付け会3社間においては国債はトリプルAの評価を受けています)、今回のコロナ禍のような経済危機時には借金もやむ終えないという状況もあるため、この辺りの意識を常に国民と共有したいのだと思います。納税者目線にたった立派なサービスと思うのは私だけではないと思います。こちらで不動産賃貸事業されて税金を納めているオーナーさんにもこの領収書は届いていると思いますので、ぜひ一度ご覧になってください。

img_ryu_08dec20.jpg