ページのトップへ移動

個別記事

クィーンズランド州は州境閉鎖のままでいいのか?

ブリスベン&ゴールドコーストがあるクィーンスランド州(QLD)の首相とシドニーがあるニューサウスウェールズ州(NSW)の首相の仲がイマイチしっくりこない。NSW州はいわゆる「ウィズコロナ」で州内の経済を回して成功しており(世界においても素晴らしい事例です)早めに州境閉鎖の解除を求めていますが、QLD州は頑なに拒否しています。ただ、QLD州の州議会選挙が先日あり、州境閉鎖の継続を訴えた与党が勝利。暫くはこの州閉鎖が続くことが予想されますが、ゴールドコーストにとっては、これが一大事。何しろシドニーとメルボルンはオーストラリアにおいて1位、2位の経済市場で、そこからゴールドコーストにくる観光客&投資家の行き来が制限(ほぼ入れない状態)されているので、ゴールドコーストはイマイチ冴えない状況が続いています。勿論、ブリスベン方面から沢山の観光客はきているものの、数&お金の量でいうとシドニーとメルボルンは突出しています。コロナ禍でリモート勤務がニューノーマルが広がる中、ビーチを見ながら仕事ができるという夢のようなライフスタイルを描いているシドニー、メルボルンの人は多いはず。何しろ同じような環境を求めるとシドニーとメルボルンでは不動産価格は最低2倍〜4倍くらいの値段はしますから。海外旅行も国境封鎖で暫くお預けとなり、今、旅行の検索サイトで一番検索名が多いのが「ゴールドコースト」で、いかにゴールドコーストがオーストラリア人に人気があり、こちらにくるの心待ちにしているのかが分かります。何とか、ピークシーズンを迎える12月上旬までにはこの問題を解決して欲しいものです。。

img_ryu_12nov20.jpg