ページのトップへ移動

個別記事

【バーチャル内覧】クィーンズワーフレジデンス、究極のバーチャル内覧

ブリスベンの新規開発物件の中でも超大型クィーンズワーフレジデンスは、そのモデルルームも超大型です。ブリスベンリバーの横を走る高速道路M3からも見える何本も建設用のクレーンが建つクィーンズワーフ建築現場のお隣に位置するモデルルームは、宙に浮いたような設計で、建設現場の進捗をいつでも見ることができます。

img_mo_08apr20_01.jpg
【建築現場】  

中は写真の通りまず、ブリスベンのCBDと呼ばれる中心地とクィーンズワーフの位置関係がとても分かりやすい大きな模型があります。

img_mo_08apr20_02.jpg
【ブリスベンCBDとの位置関係がわかります】  

そしてその横にはホテルタワー、カジノとクィーンズワーフレジデンスの詳細模型が置かれております。

img_mo_08apr20_03.jpg
【詳細模型】  

更に奥に進むと、リアルサイズの1ベッドルームプラススタディー、3ベッドルーム(こちらはリビングエリア、キッチン、マスターベッドルーム)があり、家具も入っており、まるで完成したお部屋を視察しているようです。

img_mo_08apr20_04.jpg
【1BRMのリビングエリア】  
img_mo_08apr20_05.jpg
【3BRMのリビングエリア】  

クィーンズワーフレジデンスはコロナウィルスによる入国制限や外出自粛で実際には来れない海外、州外からのお客様にもこのモデルルームを実感していただくために、ウォークスルーという3Dの画像による内覧が出来る設定もしてくれております。

【クィーンズワーフの3D ウォークスルーです。↓↓】
https://my.matterport.com/show/?m=cS5qHnwb9zU

ロケーション、開発規模と話題性などでは断トツの開発物件だけに、ビジュアルなツールにも力が入っております。レジデンスタワーの完成は2023年。販売開始とともに、売れ行きも早いクィーンズワーフレジデンス。詳細はワイドエステートまで是非ご連絡ください。