ページのトップへ移動

個別記事

ブリスベン市のCovid19ウイルス対策

長引くコロナウイルスによる様々な規制は、経済的にも広い範囲で影響を及ぼしており、連邦政府はもちろん、州政府、市政もいろいろな対策を立てて、市民の生活サポートをしています。ブリスベン市もインフラ工事継続、拡大はもちろん、小、中規模ビジネスへのアシストを出しこの厳しい時期を乗り切ろうと市民によびかけております。

img_mo_24apr20_02.jpg
【↑継続するインフラ工事】  
img_mo_24apr20_01.jpg
【↑クロスリバーレール(イメージ写真)】  

先日の市から届く定期レター(写真)には市による小規模ビジネスへの家賃補助政策、24時間ビジネスポートホットラインをはじめ、市内のパーキングメーターは全部無料、図書館のEbook対策、地元物産購入奨励、Onlineによる家で出来る運動プログラムなどが出ていました。特に小規模ビジネスに対する様々は補助は、ブリスベンの市長さんAdrian Schrinner氏のトレードマーク。コロナウイルス対策として、豪$7.9Million(約5億4千万円)を投資して小規模ビジネスを守ると言っており、ブリスベン市はこれによりオーストラリアで一番中小規模ビジネスフレンドリーな街となる!そうです!!不動産関連業務に携わる我々にとっては、どれも大変ウエルカムな政策ばかり!こういった政策をどんどん出し、ブリスベンの街をますます住み良い街にしていただきたいものです!!

img_mo_24apr20_03.jpg
 
img_mo_24apr20_04.jpg
 
img_mo_24apr20_05.jpg