ページのトップへ移動

個別記事

ゴールドコーストの不動産の換金性

購入した不動産は、いつかは売却をしなければいけない資産です。株や他の金融資産と異なり不動産の売却=換金には時間を要します。さて、売却にはどの位の日数を要するでしょうか?答えは今日までの経験を鑑みるに市場の強弱環境にもよりますが、大凡最大で4ヶ月位かと思います。勿論、1ヶ月ほどで売却と換金が実現することもありますが、ポイントとして日本の不動産流通システム&情報の開示さが格段上の豪州では価格市場を鑑み合理性があるか否かが重要なポイントとなります。日本では不動産取引の透明さが世界ランキングでは低いと評価される通り、ある意味不動産業者が価格を仕切っているといっても過言ではないように思います。その理由はお客様は自分が買おうとする不動産の近辺の事例などを調べる術がなく、結果信頼できるであろう不動産業者の売買事例を元に売買の判断をせざるおえないと思います。翻ってオーストラリアでは一般の人が有料ではありますが、自分が購入しようと思う物件、あるいは売ろうと思っている物件の近辺の直近の売買事例の情報を入手することができます。なので、例えば、売却の際「とりあえず、ふっかけて少し高めに価格を設定しておこう」と日本風に物件を売却に出すと問い合わせが全く入らないという状況が続きます。それは何故かというと興味ある見込客はすでにその物件の周りの直近の売買事例を入手しており、相場観を掌握していることから、それ以上、つまり乖離した売り出し価格には全く興味を示しません。遠回りのアドバイスとなりましたが、物件を売却する際には売却しようとする相手先はすでにその物件の価値をある程度掌握していると仮定して売却の計画をたてることが肝心で、それさえ踏み外していなければ最高4ヶ月の期間で売却=換金を実現することは可能です。不動産売却についても是非ワイドエステート にご相談ください!

img_ryu_19nov19_01.jpg