ページのトップへ移動

個別記事

ブリスベン、ゴールドコースト間の新しい道路開発計画

州都ブリスベンまで距離的には75km程度離れているゴールドコーストですが、2つの都市の距離はどんどん近くなっております。M1という主要高速道路はもちろん、1時間ちょっとでブリスベン市内まで行ける急行電車もあり、ゴールドコーストはブリスベン地区への通勤圏であり、ブリスベン地区に住む我々にとってゴールドコーストは気軽に訪れることが出来る素敵なホリデイエリアです。こう考える人はもちろん私だけではなく、仕事、学校、ホリデイなど様々な理由でブリスベン、ゴールドコースト間を車で動く人の数は増加しており、またこの2つの都市の間の住宅開発も進んでおり、高速道路M1の利用車数も増加しております。そこで、ゴールドコーストからローガン市までの45km区間(M1の利用車数が最も多い区間)の渋滞を緩和するための道路開発、「Coomera Connetor(クーメラコネクター)」というプランが進んでいるそうです。第一ステージはネラングからクーメラまで、最終的にはブリスベンの南にあるローガンホームまで上下3車線づつの道路がつながるそうです。この地区に不動産をお持ちの方には、大変嬉しいニュース!!ブリスベン、ゴールドコースト間のより安全で安定した新しい道路開発は、この2つの都市をますます近くすることになります。ブリスベン、羽田間を直行で結ぶバージン/全日空の共同運航便も来年からはじまり、日本からブリスベンへのアクセスが良くなるので、こういった新しい道路開発計画は更に大歓迎ですね。クーメラコネクターの詳細は下記をご覧ください。

【Coomera ConnectorのHP】https://www.tmr.qld.gov.au/Projects/Name/C/Coomera-Connector

img_mo_11nov19.jpg