ページのトップへ移動

売却に関するQ&A

お客様からよく頂くご質問をまとめました。他にお尋ねになりたいことがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
物件をもっているのですが、売ってよいか否か迷っています。

現在の不動産の価値、今後の利用計画、売却後の資金運用のなど多角的に検討する必要があります。ご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

物件をもっているのですが、日本人にも売れるのでしょうか?

FIRB(外資審議会)の規制があり基本的に中古物件は外国人に売却ができませんが、一部の地域或いは購入者が一定の条件を満たしていればでは売却が可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。

売却額はどのように決められるのでしょうか?

オーナー様が所有されている物件の近辺にある不動産の売買事例や不動産の市況、見込み客層など総合的に検討した後に大よその売却見込み額をご案内させて頂きます。

不動産の換金にはどの位の時間がかかるでしょうか?

物件の特長と市況、販売活動内容にもよりますが、ゴールドコーストの不動産は流通性が高く売却のご依頼を頂いてから約3ヶ月間位で換金は可能だと思います。

不動産を売却する際にも法律事務所の選任は必要でしょうか?

買主・売主共に、それぞれの法律事務所を選任することが商慣習となっています。ご自信の利益を最大限に保全するためにも法律事務所をご利用することを強くお勧め致します。勿論、ワイドエステートでもご紹介できますので、お気軽にご相談下さい。

媒介契約の形態について教えてください。

・一般媒介契約(Open Listing)/他の不動産販売会社に販売依頼可能
・選任媒介(Sole Agent)/売主自身も販売可能
・専属専任媒介(Exclusive Agent)/販売を特定の不動産会社に一任

どの媒介形態が一番良いのでしょうか?

物件の情報統一、不特定多数の見込み客との交渉、他の販売会社との交渉など売却には日常的に煩雑な業務が発生します。窓口を統一化したほうが効率はあがりますので、専属専任媒介契約が良いと思います。但し、不動産の特徴、市況なども勘案して媒介形態を決定することもあります。

Realestate.com.au(リアルエステートドットコム)とは?

豪州最大の不動産流通サイトです。豪州でもインターネットを介し不動産の情報を収集する動きが顕著です。このサイトに物件を掲載することで販売機会が大幅に広がります。現在ワイドエステートでオーストラリア人の市場を対象に販売している物件一覧です。
リアルエステートドットコム

物件にある私物などはどのようにしたら良いでしょうか?

物件の販売活動を始めますと物件の視察で人の出入りが多くなります。私物は倉庫、車庫などにできるだけまとめて頂き、特に貴重品になどに付きましては十分な管理をお願いします。

物件にある家財などはどのようにしたら良いでしょうか?

家具・家電製品などを有料或いは無料で引き取ってくれる専門業者があります。中古家財は市場に大分だぶ付いてきている感がありますので、引き取り価格はあまり期待できません。

物件を随分前に購入し物件の権利書がどこにあるか分かりません。

先ずは物件を購入した際に利用された法律事務所にご確認下さい。オンラインで過去に権利書が発行されているかどうか確認することも有料でできますので、遠慮なくご相談下さい。

不動産の売却代金はどのようにしてオーナーに払い込まれるのでしょうか?

売買契約締結後に法律事務所から販売代金の振込先を尋ねられます。その際に希望する振込口座を指定下さい。決済後、その指示に基づき法律事務所からオーナー様に不動産代金が支払われます。

土地税、市税、共益費などを支払ったが払い戻しはありますか?

全ての維持費は決済日を起日として清算されます。決済前に法律事務所より決済明細書(予定表)などの入手が可能ですので、そちらでご確認下さい。或いは決済後に法律事務所より発行される決済明細書でその詳細をご確認いただけます。

不動産売却時にキャピタルゲインがでます。税務上の扱いはどうなるでしょうか?

オーストラリア国籍・永住権保有者が投資目的で所有の場合で、購入時より1年以上経過して不動産を売却した場合には売却益の50%は非課税となり残りの50%に対し所得税が課されます。オーストラリア居住者が居住目的で保有している場合は売却益は非課税となります(査証の種類により、注意)。法人で所有の場合には売却益に対し法人税が課せられます。詳しくは会計士事務所にご相談することをお勧め致します。勿論、ワイドエステートでもご紹介できますので、お気軽にご相談下さい。