ページのトップへ移動

住居探しガイド

基礎知識

オーストラリアでお部屋探しを検討されている方へ。まずは大まかな情報や賃貸のプロセスをご確認ください。

オーストラリアのクィーンズランド州で不動産の賃貸を検討されている方の為に、一般的な情報、賃貸契約のプロセス等を簡単にまとめました。以下のテーマ以外でお知りになりたい情報がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

不動産業者の選択
成功の可否は不動産業者選びから。

オーストラリア国内における不動産物件の情報収集はインターネット、ローカル新聞、情報冊子等から入手が可能ですが、初めて賃貸をされる方には日系の不動産会社(日本人が経営)、或は日本人営業が在籍しているオーストラリア人経営の不動産業者に連絡し情報の収集をすることをおすすめいたします。不動産賃貸は引き渡しを受けた時から不動産業者、そして貸し主との長いお付きあいが始まります。先ずは不動産業者の事務所を訪問してください。また賃貸担当者との面談時には、物件の情報収集はさることながら、取引事例、実績、信託口座の運用有無、その他留意点等も確認する事をおすすめいたします。

不動産業者のライセンスの有無 ブローカー的な業者には注意が必要。
営業所&事務所の有無 営業所、或は事務所を構え営業しているか確認。
各団体の会員加入の有無 不動産協会や個人情報取り扱い、不動産調査会員は不動産業を営む上で最低加入されなければいけない団体です。
取引実績の確認 賃貸実績、賃貸契約&賃貸中のサポート体制、その他業務に関わることの確認。
サポート体制の確認 担当営業者以外のサポートスタッフ有無の確認。
信託口座の有無
(通称トラストアカウント)
家賃等を自社の営業口座に入れる会社は要注意(違法です)。
▼不動産ライセンス&各種加盟団体
クィーンズランド州
不動産取引ライセンス
クィーンズランド州
不動産協会正式会員
Real Estate
Institute of Queensland
オーストリラア全土
不動産調査会社会員
RP DATA
個人信用調査データ取り扱い
正式会員
入居希望者の信用調査の実施
資格会員
クィーンズランド州不動産取引ライセンス クィーンズランド州不動産協会正式会員/Real Estate Insititute of Queensland オーストリラア全土不動産調査会社会員/RP DATA 個人信用調査データ取り扱い正式会員/入居希望者の信用調査の実施資格会員
賃貸時の規制
賃貸時における規制を正しく理解しておく。

クィーンズランド州では外国人(日本人を含む)が住居用不動産を賃貸する事に対して特に規制は課せられませんが、賃貸契約期間中、オーストラリアに滞在することを許可された査証(ETASを含む)の保持が賃貸契約の条件となることがあります。なお、一般的に住居用不動産では、物件内で飲食業、レストラン、小売店などの事業を営むことはできません。また、消防法の規制により居住人数制限もあります。

賃貸物件の種類
ご自身のライフスタイルに合わせて物件を選べます。

ゴールドコーストには不動産賃貸の物件が豊富にあります。太平洋が一望できる高層コンドミニアムやゴルフフェアウェイに隣接したビラタイプの物件、自宅裏の桟橋にクルーズが停泊できるウォーターフロントの一戸建て等もあります。また、ソファーやベッド、冷蔵庫、洗濯機、テレビなどの家具や電化製品が備え付けられた「フル・ファニッシュ(Full furnished)」と呼ばれるお部屋と日本の一般的な賃貸物件のように家具のない「アンファニッシュ(Unfurnished)」と呼ばれるお部屋があります。数ある物件情報の中からご自身のライフスタイルにあった物件を絞り込んでいきます。
※留意点:賃貸契約の基本契約期間は最低6ヶ月となります。(1ヶ月のみ借りるということはできません。)

物件視察時の留意点
快適な住環境の確保の為に念入りな下見をします。

実際にドアの開け閉め、鍵がかかるかどうか、電化製品を実際に動かしてみる。シャワー/水道の水圧、出具合なども確認する。また、水漏れがないかどうかも確認します。家具つきであれば、実際にソファーに座ってみたり、ベッドに寝転んでみたり感触の確認。インターネット接続可能か、電話線、TVアンテナなどの確認もします。

近隣環境 交通機関、ショッピングセンター、学校、通りを行きかう人々の風貌などの確認。
建物セキュリティーシステム インターフォン、公道と仕切りのあるゲート、常駐管理人の有無の確認。
共有プール・スポーツジム等の
付帯設備
付帯設備の確認。利用方法や利用時間も確認。
庭・プール等の管理方法 賃貸中、1. 定期的に掃除が必要か? 2. 誰が業者へ依頼するのか?を確認。
キッチン・バスルームの水回り 実際に水を出してみる。水漏れがないか、修理跡の確認。
給湯施設 給湯設備がガスか電気か確認。
日当り・家の向き・眺望等 南向きが日当りはよい(日本とは逆)。交通騒音等を確認する。
備品 必要なものが揃っているか確認。備品をメモしておくと良い
賃貸物件を申し込む際に必要な書類
気に入った物件が見つかったら先ずは申し込みをいれます。

ゴールドコースト賃貸市場は「貸し手市場です」。人気がある物件は足が速いので、気に入った物件が見つかったらすぐに賃貸申し込みの準備をします。下見の際、他にも下見をした人が一緒だった場合、その分競争率は高いと考えて下さい。申し込みを早く出せばその分貸し手に対して心証が良いです。その際、必要な書類がキチンと整理され提出されるかが大きなポイントとなります。予め、必要な書類を準備しておきます。

パスポート 現在有効なパスポートの写し。
国際運転免許証 現在有効な国際免許証の写し。
オーストラリア発行の免許証 現在有効なオーストラリア発行の免許証の写し。
日本の銀行の口座残高証明書(英文) 普段取引のある日本の銀行から発行される残高証明。
オーストラリアの銀行の口座残高証明書 普段取引のある(或は新たに口座開設した)オーストラリアの銀行から発行される残高証明。
給与明細書(英文) オーストラリアで働いている場合は通常雇用主が発行します。
クレジットカード 現在有効なクレジットカードの写し。
電気・ガス代等光熱費請求書 オーストラリアに既に住まわれている方で直近に支払った請求書の写し。
電話代の請求書 オーストラリアに既に住まわれている方で直近に支払った請求書の写し。
家賃支払い明細書 通常、直近にお世話になった不動産会社が発行してくれます。
賃貸契約時の留意点
賃貸契約条件の内容はしっかりと確認します。

オーストラリアは契約社会です。一旦、賃貸契約を結んでからの変更・取り消しは例外を除き原則できません。賃貸契約書に署名をする前に十分に契約内容の説明を受けて下さい。分からない箇所は質問をして全ての契約内容を把握してから、署名をするようにしてください。曖昧なまま契約をしてしまうと、後にトラブルのもととなることがありますので、十分にご注意下さい。

賃貸期間 6か月、或は12ヶ月の定期借家契約が一般的です。途中解約は原則できません。
家賃 週単位が一般的で前払いが原則です。
住所 賃貸する物件が実際に視察した物件か確認します。
電気・ガス・水道・電話代の負担 一般的にはテナントが負担します。新規物件の場合、電話の初期開設費はテナントが負担する場合があります。
家賃の支払い方法 振込期日、振込方法等の確認をします。
特約条件の内容 例えばペットを飼う事が許されているか?室内での喫煙は可能か?退去居時の掃除の方法は?などの特約を確認します。
賃貸契約の途中解約時の諸条件 賃貸契約を途中解約する際の注意点(ペナルティーがかかります)を確認。
退去時諸条件 退去日の決定、退去通知の提出、退去時物件リポートの提出、ボンド返還条件及び手続きなどの確認。
物件引き受け時の留意点
引き受け時に物件の状態は念入りにチェックします。

物件の引き受け時には"入居時"の物件状態&備品リストの確認書が手渡されます。絨毯のシミや、タイルのキズ等細かい点まで報告書に記載をしてください。記載がない場合、すでに報告書に載っている項目も必ず目視で確認し、記載されていない項目(例:絨毯のシミ、タイルのキズ等)は報告書に書き足すようにしてください。備品の数はもちろん(例:食器の数等)、キズや汚れがないかどうかも確認が必要です。

入居時物件状態報告書 この報告書に書きもれがあった場合、退去時に修繕の対象となり費用を負担させる場合があるので、入念に確認が必要。
備品リスト 食器類の数、キズ、汚れも丁寧に確認します。
その他 カーテン、ブラインドのゆるみやレールの故障など。
物件賃貸中の留意点
物件賃貸中に守らなければいけない事があります。

基本的に入居した状態を保ち続けるという事です。家具など自分の使い勝手のために移動した場合、もとに場所に戻すことが基本です。修理、備品の損傷など、速やかに、物件管理会社へ連絡する必要があります。連絡後は管理会社からの指示を待ちます。緊急時以外、管理会社に何の相談もなく自分勝手に修理業者を手配したり、備品の補充などをしますと、修理代、補充代金が払い戻しされない場合があります。先ずは管理会社に相談する事が基本です。

修理・修繕依頼 管理会社へ報告し、指示を仰ぐ。勝手に業者を頼むとトラブルのもとになります。
住民協定 テナントが守らなければいけない約束事です。例えば、洗濯物をバルコニーに干してはいけない、プールの使用方法、使用時間の決まり事などがあります。
定期点検 通常3か月に一度、管理会社の担当スタッフがお部屋の使い状況を調査する為に点検します。
定期的掃除 退去時に指摘されないようにこまめに掃除を行う。特にキッチン、バスルームなど、水垢がたまりやすい箇所は定期的に掃除する。
備品の損傷 管理会社へ報告し、指示を仰ぐ。勝手に備品を購入するとトラブルのもとになります。
物件が売りに出ている場合 賃貸している物件が売りにでている場合、購入希望者を下見の為に実際に物件に案内する場合があります。予め管理会社から連絡が入りますので日時の調整をします。
物件退去時の留意点
保証金の変換は物件状態の如何によります。

退去日が決まった後は余裕をもって物件引き渡しの準備を始めます。物件に修理&修繕の施し、備品の購入が必要な場合、テナントが負担する分については保証金より精算されます。修理の手配、備品の補充などに時間が要する場合、保証金の返金にお時間がかかります。保証金の返還を早めにうける為にも引き渡しの準備は早めに段取りをつけます。保証金から精算される支払い例は以下を参考にしてください。

滞納家賃 家賃の滞納分の精算。
物件の掃除 掃除が十分に施されていない場合、専門業者を手配します。
物件の修理&修繕 修理&修繕が必要な箇所が回復されていなかった場合、その修理&修繕費。
備品の補充 ソファーのクッションが紛失、家電の故障などの場合、その購入補充費。
私物の処分 私物が物件に放置されていた場合。その私物の処分費。
賃貸契約条件の不履行について
賃貸契約に違反があると信用調査機関に登録されます。

家賃を未払のまま物件を退去した場合、管理会社は信用調査機関にその事実をテナントの情報と供に登録する事ができます。不動産業者、管理会社は信用調査機関にテナントの信用調査の照会を行っていますので、一度登録をされてしまいますと、登録が抹消されるまで、新たに賃貸契約を交わすことが極めて難しくなります。十分ご注意ください。