ページのトップへ移動

商業用不動産への投資

不動産ローンについて

投資用不動産の購入では積極的に不動産ローンを活用し投資効果を最大限に引きだす。

日本と同様にオーストラリアでも投資用不動産を購入する際、投資効果を最大限に引き出す方法として不動産ローンを積極的に活用します。ローンには、投資額に足りない資金を借りるという消極的な意味だけでなく、レバレッジ(てこの原理)を効かせて投資金額を更に大きくする効果もあります。例えば、30万㌦の自己資金が準備できたと仮定して、9%の利回りのある30万㌦の投資物件を購入すると、収入は27,000㌦となります。ところが、ローン70万㌦を活用して100万㌦の投資物件を購入し、その利回りが9%とすると、収入が90,000㌦に跳ね上がります。このように30万㌦と100万㌦の投資では経済価値が変わってきます。また投資額が増えることで物件の選択肢が広がりより良い投資案件に巡り会える可能性も高くなります。勿論、ローンを利用することにより金利負担もでてきますが、収支計画上が問題なく、将来価値の上昇が見込める物件が確保できるのであれば、ローンの活用は積極的に検討してもよいと思います。

オーストラリアの銀行は、日本人の在住の方に対しても購入する不動産を担保に購入資金を融資してくれます。銀行の物件評価・審査内容にもよりますが、購入額の大凡70%迄融資するケースもあります。オーストラリアの不動産の特徴についてはソリューション内にある不動産融資をご参考下さい。

■レバレッジで期待できる効果

  • 物件の選択肢が広がる
  • 安定した収入が見込める
  • 賃貸の上昇により資産価値の上昇が見込める
  • 収入+売却益が期待できる
  • 自己資本に対し高収益が期待できる
チャイルドケア事業買収 チャイルドケアビジネスの詳細 事業進出&事業買収のご案内