ページのトップへ移動

ワイドエステートの特徴

大切な不動産取引についてご相談する前にまずはワイドエステートの特徴をご覧ください。

この度はワイドエステートのサイトをご訪問頂き誠にありがとうございます。
初めてワイドエステートにお問い合わせを頂くお客様のために当社の特徴を簡単にまとめさせて頂きました。是非、ご参考下さい。
以下に限らず、お客様が安心して不動産取引が行えるようにスタッフ一同努めてまいります。

「顧客第一主義」を全ての前提としています。

当社のコンサルティングの基本は「顧客第一主義」です。目先の利益にとらわれることなく、時には「この物件を買ってはいけない」、「今は売ってはいけない」というアドバイスもします。長期的に見ればそれがお客様にとって有利な選択になる時もあるからです。まずはお客様の立場にたって問題点を把握する。ここから、当社のコンサルティングが始まり、お客様のニーズに応じたベストな選択肢をご提案致します。

「お客様の不安」を理解しています。

不動産取引には多額な金銭が絡んできます。そのことに加え文化や商慣習が異なるオーストラリアで売買や賃貸、それに伴う契約行為を進めていくには常に不安がつきまといます。当社はお客様がご不安、ご心配になられる立場を十分に理解し、安心して取引ができるような環境作りを心がけ、「お客様の力強いパートナー」として親身にお世話させて頂きます。

「わかりやすい言葉」で説明する事を心がけています。

不動産取引では業法や法律用語が頻繁にでてきます。契約に至る際にはその用語を理解する事は大変大切なことです。当社ではお客様に対して、出来るだけわかりやすい言葉でご説明させて頂き、ご納得を頂いた上で取引の手続きを進めます。お客様がご納得できないまま手続きを進めるようなことはありません。

「顔の見える営業」を心がけています。

インターネットの普及で誰でも簡単に不動産情報を収集できるようになりましたが実際に不動産取引となると、どの会社にお願いしたらよいか不安がつきまといます。当社では常に「顔の見える営業」を心がけお客様にご信頼頂けるように日々努めています。先ずは弊社のスタッフ自己紹介ページをご参考下さい。また、定期的に開催している「不動産セミナー」にも是非ご参加下さい。

当社も「不動産オーナー」です。

当社は自社でも不動産投資、運用、分譲事業等を行っていますのでオーナー様、事業主様のお悩みがよくわかります。不動産市況、景気動向、金融情勢、業界の動向などに加え、当社が今日迄培ってきた「自社の実績」と「現場レベル」の実務経験をもとにしたコンサルテーションはお客様が不動産取引を検討される際に参考になると思います。当社の実績もご参考下さい。

「スピード重視」をモットーにしています。

良い物件情報を早く届ける、良い物件を早くおさえる、良い条件を早く取り付ける、良い入居者を早く見つける、各種報告を早くする等、不動産は取り扱う金額が大きいが故にスピード感が求めれます。当社ではスタッフ全員が「アクションの遅れは事業機会の損失」と認識し、各種案件に迅速に応対します。

「三位一体」のワンストップ不動産サービスを提供してます。

当社では売買・賃貸・管理の三業務を自社内でおこない不動産取引に関連するあらゆるニーズお応えできる体制を整えています。個々の業務はそれぞれ緊密にリンクしておりそれらを理解していないと最善なコンサルテーションは提供できません。当社は専任の日本人営業&マネージメント担当者を配し、不動産価値の向上を常に念頭におきながら迅速にサービスが提供できる体制を整えています。

「ネットワーク力」も当社のセールスポイントです。

当社では不動産の取引のみならず、お客様の様々なご要望にお応えするために、弁護士事務所、公認会計&税理士、保険取り扱い業者、その他の各分野の専門コンサルタントとの連携を整えています。例えば遺言書の作成、税務対策、資産保全など様々なご相談をお受けする事があります。ご依頼内容に応じまして適当な専門コンサルタントを無料にてご紹介させて頂きます。

「コンプライアンス(法令)」を遵守します。

当社はクィーンズランド州不動産協会(通称REIQ)の正式会員で営業スタッフは全員が不動産取引主任者(免許保持者)です。当協会が定める「職務規定」、「業務規則」及び「倫理規定」にのっとり職務を行うことに加え、お客様から受領する手付金やお家賃は信託法に準じて弊社運営の信託口座(通称トラストアカウント/QLD州政府監督)にて入出金&管理いたします。

「在豪暦15年以上」のスタッフがお世話致します。

当社のスタッフの平均在豪歴は約15年です。不動産取引に関するキャリアの長さは勿論の事ですが、オーストラリアの生活編、遊び編、子供教育編など色々な方面で経験が豊富です。不動産の事に限らずオーストラリアに関する素朴な疑問などもお気軽にお尋ね下さい。