ページのトップへ移動

事業買収&永住権取得

オーストラリアでビジネスを買収し、就労査証&永住権を取得する。専門コンサルタントとのコラボレーションで夢の実現をサポートします。

オーストラリアに永住をしたいがどうしたらよいか?というご質問を多く頂きます。

「オーストラリアへの移住は以前からの憧れで、経済的にも余裕が出来てきたのでここで夢を叶え、家族と一緒にオーストラリアを楽しみたい」ということが大半の理由ですが、加えて、最近は日本の財政不安、地震・ 原発問題、年金制度破綻、仕事・教育のグローバル化に対する関心度が日ごとに高まっていることから、家族間における重要な選択肢として真剣に検討される方が多くいます。

しかしながら、永住権取得の関連サイトや情報誌を見ると巨額な投資条件等が羅列されハードルが高く、「そこまでして?」と更なる検討に躊躇してしまうのが現実です。ただし、その一方で、オーストラリア政府は現地において雇用機会を創出する事業を歓迎しており、奨励策の一環として、その事業主を対象に将来永住権の申請・取得の可能性が開けるビジネス査証の発給をしています。このカテゴリーにおける査証の取得機会は初期の投資額においても緩和されていることから、現役の投資家・事業主・管理職を中心に永住権を取得する方法としてにわかに注目を集め始めています。

事業関連査証にも幾つか種類があり、それぞれに難易度がありますが、その中でオーストラリア国内にある既存のビジネスを買収し、そのビジネスの経営に就労査証で経営に携わった後、永住権を申請・取得するという方法があります。

オーストラリアでビジネスを一から立ち上げ実績を積み上げた後に永住権を申請するという方法もありますが、海外で初めてビジネスを起こす際には様々なリスクが考慮されなければならず、実現するまでに相当な時間とコストがかかる事が予想されます。

一方、既存のビジネスは既に実績があり、事業コンセプト、過去の業績、従業員処遇、権利関係、財務状況等が既に完成しており、様々な角度から事業を査定をすることができ、案件によっては一から作りあげるよりはるかに低いリスクとコストで買収する事ができます。また、既存のビジネスの買収の最大の特徴は就労査証、そして永住権の申請・取得が大幅に短縮できる事です。

既存のビジネスを取得する事で効率性を高め、将来永住権の申請・取得資格を得る為の企画戦略に集中することができます。

ワイドエステートでは既存のビジネスを買収し就労査証+永住権取得を検討されるお客様を対象に国内市場に出ているビジネス売買案件の情報をご提供致しております。また、買収時にはデューディリジャンス(事業精査)の実施に必要とされる弁護士や会計士その他のコンサルタントを紹介すると供に、買収を通じた事業査証や永住権の取得などについても信用と実績のある移民コンサルタントをご紹介致します。また弊社では、事業を開始する際の初期コストが軽減できるように現地事務所の連絡窓口等の代行サービスも提供しています。