ページのトップへ移動

チャイルドケア事業買収

チャイルドケア買収について

買収対象(M&A)はチャイルドケア事業のみ。売主の簿外債務などを継承するリスクはありません。

チャイルドケア事業買収契約と譲渡のフロー図
  1. チャイルドケア事業資産を所有する売主"A"社と買主が新たなに設立した会社"B"で事業売買契約を締結します。
  2. 売買の決済時には、チャイルドケア事業の資産、及び付属する資産のみが"A"社から"B" 社に移転されます。この際"A"社の借金や簿外債務は"A"社単独で負っていますので、これらの債務は"B"社には継承されません。

事業売主と買主の位置づけ

買収額に含まれるもの
  • チャイルドケア直近の売り上げ ( 園児の継承)
  • 遊具、オフィス機器、その他
  • 事業許可ライセンス
  • 土地&建物定期借地権
  • 社員/現場責任者、保育資格保有者、幼児教育・教論免許保持者等