ページのトップへ移動

チャイルドケア事業買収

チャイルドケア事業について

チャイルドケア事業は政府補助金による安定したキャッシュフロー収益、コンプライアンス遵守型で透明性の高い事業です。

社会インフラに組み込まれているため事業の継続性が高い

豪州政府は国策として扶養児童をもつ女性の社会進出を強く後押ししています。同時に政府は良好な児童の育成環境と就学前教育の環境作りを強く推進していますが、この二つの国策を実現するために重要な役割を担う施設がチャイルドケアです。扶養児童をもつ世帯の多くがチャイルドケアを利用しています。

親御様(顧客)の継続利用率が高く、安定した収益が確保できます

オーストラリアにおけるチャイルドケア事業の最大のポイントは国策に基づいた継続的な利用実需があることです。利用者の多くは働く為にお子様をチャイルドケアに預ける必要がありますが、一般的に一度通うチャイルドケアを決めサービスを受け始めると、家庭の事情(他の地域に引越し等)やそのチャイルドケアに大きな問題がない限り他のチャイルドケアに預け替えるケースは殆どなく、親御様が継続して利用し続けることが多い為、他の事業と比較して、安定した収入を見込むが事ができます。

引き渡し日より安定したキャッシュフローが確保できます

買収時には現在実際に営業しているチャイルドケアが対象になります。チャイルドケアの引き渡し時(決済日)には実際にご利用頂いている親御様の利用契約を継承する形になりますので、その日から保育費(補助金も含め)の収入を受け取ることができます。

収益構造はシンプル。収入の半分以上は国の補助金から構成されます。

収益構造サンプル主な収入は保育費で利用者負担金、そして政府からの補助金で構成されます。経費で大きな割合を占めるのが人件費(保育士&教員等)で、その他、施設地代家賃、光熱費、公共料金等がありますが、サービスを提供する上でリスクとなる「在庫」を抱える必要がありません。

コンプライアンス遵守型の事業です

チャイルドケアの事業を運営するにあたっては当局より様々な規制や指導を受けます。また、当局は定期的に幼児の育成や教育カリキュラム、施設の環境状態、保育士や教員の指導内容など主に七項目にわたり審査しその結果(優良可)を当局のホームページで公表します。対応が煩雑そうに思えますが、公的な機関が経営に関わってくることから、実は透明性が非常に高いビジネスです。公的機関による第三者の目が入る事で事業の健全性を都度確認することができます。

地域社会への貢献性の高い事業です

チャイルドケアは地域社会において存在意義の高い事業です。扶養児童をもつ女性の社会進出を促すとともに、親御様から何よりも大切なお子様お預かりし育成そして教育をするという大変重要な役割を担っています。チャイルドケアは親御様から最も頼られる場所で、また将来を担うお子様達が楽しく遊び、学び、そして良い思い出を沢山持って巣立っていく場所です。

出口戦略も描ける換金性の高い事業です

ビジネス資産の購入は将来の売却も見据えて計画を立てる必要があります。オーストラリアでは身近なビジネスが売買できる市場、仕組みがあります。例えば、飲食業においてはレストランやテイクアウトショップ、プロフェッショナルの分野では会計士事務所などありとあらゆるビジネスが日常的に売買取引されています。チャイルドケアのビジネスはそれらの中でも群を抜いて事業評価、希少性と共に価値の高いビジネスです。取得した後安定的な利益を確保しつつ、更に付加価値をつけて売却しキャピタルゲインを狙う事もできます。