ページのトップへ移動

カテゴリー

:子育て編

もうすぐクリスマスだあ!

先日、息子が通うチャイルドケアでクリスマスパーティーがありました。今年もサンタクロースがやって来て、一緒に「はい、チーズ!」ちゃんとプレゼントのお願いをしたのでしょうか。泣いている子もいれば、話しかけている子供もいました。息子はどちらかと言うと、緊張してた様子です。
その日の夕方は家に戻る途中にあるクリスマスの飾り付けがすごいお家を拝見。初めて見るイルミネーションに「ワオーーー」となぜか英語で驚きの一言。その後は、目を輝かせてじっと見て「キレーイ」と感動していました。
先週はサンタクロースに手紙を書き、1週間後にお返事をもらい、「いつも、とおくからみているよ.....(略)もうすぐクリスマス、きみのおうちにもいくからたのしみにしていてね」と気持ちがグーンと、とっても盛りあがり、お手伝いをいつも以上にする息子。
もうすぐクリスマス!サンタクロースさんはプレゼントの準備に忙しくなりますね。

img_cyu_14dec18_02.jpg
img_cyu_14dec18_03.jpg

オーストラリアでは11月は卒業シーズン

今日で11月も終わりですね。1年あっという間です。オーストラリアでは11月は卒業シーズン。
来年1月で5歳になる息子も、木曜日の夕方、卒園式「PRESCHOOL GRADUATION NIGHT」がありました。セレモニーは午後6時から午後7時30分まで。日本のようにかしこまった式ではありません。だから父兄の服装もとってもカジュアル。短パン、Tシャツ、普段着が多かったです。子供達は、まるで大学生の卒業式のように帽子とガウンを身につけます。
そして会場は、チャイルドケアセンターでいつも子供達が遊んでいるプレイグランド。小さな椅子が並べられ、そこに保護者が座り、スマートフォン、ビデオ、デジカメをかまえて我が子の名前が呼ばれるのを待ちます。AからZのアルファベット順で名前を呼ばれ、ステージに立ち卒園証書を園長先生からもらうのですが、出て行ったら、たくさんの人が目の前にいて驚いて泣いてしまう子もいました。
そのあとは子供達が全員ステージに上がり、「I'm Ready to Go - Kinder Graduation」を踊りながら歌いました。(Youtubeで歌を見つけたのでリンクしておきますのでこちらからどうぞ。)
式後は準備されていた飲み物、サンドイッチ、フィンガーフード、お菓子、ケーキなどをいただきました。
そうそう、余談ですが、チャイルドケアセンターから卒園式の案内が届いた時に、こんな文章がありました。「Hard to believe our little people are about to become big people and fly our nest to go to big school. 」ふーん、なるほど、やっぱり日本語で言う「巣立ち」って言う表現使うんですね。

img_cyu_30nov18_01.JPG

img_cyu_30nov18_02.JPG

お医者さんのご褒美アメ

もうすぐ5歳の息子を定期予防接種や風邪などでGP(一般開業医)へ連れて行く時、とっても喜んで行きます。時には、ただのすり傷なのに、自分から「マミー、ドクター(お医者さん)に行ったほうがいいよー」と言うのです。
それは、なぜかと言うと、いつも行くGPのドクターは診察後、必ずJelly Beans(ゼリービーンズ)を数個くれるのです。とってもカラフルなゼリービーンズが透明の瓶にたくさん入っていて、おもちゃのピンセットで「何色がいい?」と言い、毎回、2個ぐらいくれます。予防接種などの場合は大サービスで6個を小さな容器に入れてくれます。
と言うことで小さい時からなので、「お医者さん=ご褒美にアメをもらえる」なので泣いたり、怖がったりせず、ちゃんと注射もするし、診察も受けるのです。めでたし、めでたし(笑)。
私がいつも買うJelly Beansは「GLUCOJEL」と言うもので薬局のレジ近くに必ず置いてあり、袋には「GLUCOSE(ブドウ糖) POWER」と書かれています。袋の中には、たくさんの色が入っていて、こちらそれぞれフレーバーが違います。オーストラリアでも子供には上手に効果的にブドウ糖を与えたほうがいいと言われているようです。我が家にも常に在庫があり、外出時には小さな容器に入れて持ち歩いています。子供が少し体調が良くない、元気がない時、お腹が空いた時。。。等に食べさせています。私達、大人も疲れた時、小腹が空いた時などに食べています。もちろん食べ過ぎはいけませんよ!

img_cyu_02nov18_01.JPG
img_cyu_02nov18_02.JPG

子供向けPetSense Program

先日、息子の通うチャイルドケアに「AWLQ(Animal Welfare League QLD」 (「動物愛護協会」と訳すのでしょうか)のスタッフがワンちゃんと一緒に来たそうです。 オーストラリア では、子供が飼い犬に噛まれて、大けがをするという事故が 毎年増えているようで、それを防ぐための子供向けお勉強会のようです。

オーストラリアでは、ワンちゃんを家族の一員として飼っている家庭が多いです。 公園、散歩道、カフェ、スーパーの前、ビーチエリア、そして遊びに行ったお友達の家など、 本当によく見かけます。
ワンちゃん、可愛いですよね。子供は何も考えずに近づいて、撫でに行きます。 かわいいあまり、急に抱きついたりします。子供はワンちゃんが嫌がる行為も知りませんし、機嫌が悪いかどうかもわかりませんね。(人の機嫌もわかりませんね;笑)

大怪我をした子供は、もちろんかわいそうですし、時に取り返しがつかない場合もあるでしょう。 ワンちゃんも同じです、大好きな家族と離れ離れになるかもしれません。 うちは大丈夫。もちろん!でも、今一度、家族みんなで再確認してみましょう。

AWLQのHP内「PetSense Program」にてPDF資料がダウンロードできます。こちらからどうぞ。

img_cyu_12oct18_01.jpg
img_cyu_12oct18_02.jpg

子供の耳垢の掃除どうしてますか?

だいぶ前のことですが、子供が耳のあたりを痛がっていたので、中耳炎かと思い、GP(一般開業医)に連れて行きました。するとドクターが「たくさんの耳垢で何も見えない」言われ、「このEar Wax Remover(耳垢をとるためのワックス)を薬局で買いなさい。子供だから僕の指示通りの回数、量で使ってください。それでも痛がるなら、また連れてきて」と言われました。
その際に綿棒などで耳垢をとるのか聞いたところ、すごい怖い顔をして、「NO ーーーー!」という返事。日本では耳かきや綿棒で耳の掃除をするのは常識ですが、オーストラリアでは、怒られました。耳かきだと皮膚が傷つくし、綿棒でやると耳垢をどんどん奥に押し込めるだけだからそうです。そしてドクターの指示通り、ワックスを朝と寝る前に数滴耳に垂らすと、数日後、自然に外に出たのか息子の耳の痛みは取れました。

先日も風邪で体調を崩したのでGPに連れて行き、耳の中を見てもらいましたが、「耳垢で見えない」と言われたので、念の為、また同じことを聞いて見たら、「NO ーーーーー!」とやっぱり怒られました。ということで、またワックスを使ってみると、今度はなんと数日後に、すごい塊が息子の耳からポロリと出てきて「みてーーー、はい、どうぞ」と渡されました(笑)。痛くなる前に定期的にやってあげないとですね。

私はGPや薬局でこちらの写真の物を勧められましたが、あくまでも参考まで!!お子様によってそれぞれだと思うので、使う前に、まずはGPで相談してからにしてみてくださいね。

img_cyu_06sep18.jpg

子供のデザートにゼリー!!

もうすぐ、5歳になる息子。食後のデザートにゼリーを食べてる時は、とっても幸せそうな笑顔。1年ぐらい前に、キンディーで何かのパーティーがあった時、誰かのお母さんが緑と黄色2色のゼリーを作って持ってきて、それを食べてからゼリーの存在を知り大好きになったらしい。それならばと私もスーパーでゼリーの粉を探しに行ったら、あるはあるは、カラフルなものがたくさーん。

img_cyu_17aug18_02.jpg

最初はあまり気にせず鮮やかな色のものを買っていましたが、口の中がやはり色づいてしまうのが気になり、同じブランドの「Natural Colours & Flavours」を買うようになりました。セールになった時にまとめ買いしてます!

img_cyu_17aug18_01.jpg

平均週1回ゼリーを作っているので、我が家の冷蔵庫には常にゼリーが入ってます。時にはフルーツ入りだったり、2色だったり、サイコロ型だったり。。。と自分も楽しんでます。息子が具合が悪い時に喉ごしのいいものとして食べさせられるし、ご褒美にゼリーというのにも、いいので、「ゼリー様、様」です。

img_cyu_17aug18_03.jpg

ゼリー作りに疲れた時は(笑)、フルーツが入ったゼリーも4個入りでA$2ちょっとで売っているのでありがたい!実は私も子供の頃からゼリー好きなので、こんなに頻繁に食べれて幸せです。そして、主人もハマっています。

img_cyu_17aug18_04.jpg

珍しいミニカー見つけた!

日本でミニカーのおもちゃとして子供に大人気の「トミカ」。もちろん、 4歳の息子も(主人も)大好きです!さて、ここオーストラリアのおもちゃコーナーに並ぶミニカーは主に「Hot Wheels」や「Matchbox」などのブランドのミニカー。私的にはなんだか色や形が派手だなという印象です。

img_cyu_13jun18_01.jpg
 

先日、BIGWで写真の「MATCHBOX」のミニカーを主人と息子が見つけて買ってきました。そうです!なんと車体に日本の警視庁マークと漢字で「警視庁」と書かれ、車種はSUBARU。もっとよーく見るとカタカナで「マッチボックス」と書かれています。ホイールがゴールドだったりして、実際の日本のパトカーより、オシャレで派手で驚きましたが、主人や息子は「かっこいいねえ」と感動し、売れないからかA$2に値下げされて、安く買えたことにも大満足してる様子です。

img_cyu_13jun18_02.jpg
 
img_cyu_13jun18_03.jpg
 
img_cyu_13jun18_04.jpg
 

その後、なんだか「Matchbox」のミニカーが気になり、いろいろ調べていったら、「トミカ」は1970年に発売開始となっているのですが、 当時、イギリスの小スケールミニカーの第一人者の「マッチボックス」をいろいろと参考にしたのだと書かれてありました。「なるほど。。。」ちょっと主人に自慢げに話せそうです(笑)。

新・子育て費用サポートシステム7月から開始

今日から6月スタートです。6月は会計年度の年度末の月で少しづつ忙しくなってくるような雰囲気です。

さて、子育て中の家庭に対して、オーストラリア政府が認可されている幼稚園、保育所などの費用をサポートしていた「Child Care Benefit」、「Child Care Rebate」というシステムが、「Child Care Subsidy 」という新しいサポートシステムとして2018年7月2日からスタートします。これに伴い、現在サポートを受けている家庭も、あらためてCentrelinkのonlineフォームに入力をしないといけません。

まだ、入力が済んでいないみなさん、忘れずに、早めにやりましょう。実は私も、まだなので、数日中に入力したいと思います!!
「The New Child Care Package」としてパンフレットが、だいぶ前から息子が通うチャイルドケアに置いてあり、入力の催促メールも何度か届いていますが、昨日から大きなポスターが貼られるようになりました。

***The New Child Care Packageの詳細(オーストラリア政府のサイト)
https://www.education.gov.au/childcare

img_cyu_01jun18.jpg
 

日本語の絵本どうしてますか。

私は、今までゴールドコーストの図書館で日本語の絵本を見つけては、たくさん借りて読み聞かせをしたり、日本へ一時帰国した際に本屋で絵本を買っていました。
ある時、一時帰国した際、同じ年頃の子供を持つ、パパ、ママ友から勧められたのは中古絵本。そして、それをちょっと自慢げに妹に話してみると、「そうだよ、うちも学校から、この本を読んでくださいと課題が出たらまず中古で本を購入するよ」と言われ、教えてもらったサイトが「BOOK OFF online」。絵本を検索してみると、たくさんでてきた!欲しかった絵本も半額やら3分の1ぐらいの価格!と興奮気味な私。。。
絵本の内容は他のサイトを見て参考にし購入。実家に届き、開けてみると、「えーーこれが中古!!」綺麗すぎる。。。と驚きが続きました。それからは、ずっと「BOOK OFF 」にお世話になっています。近くに店舗があれば、直接行って購入するのもいいですね。また、買取もしているようなので、大事に使って、また誰かの手元で読まれれば素敵ですね。
ちなみに、写真の絵本は定価で買うとトータルで約4,000円ぐらいになりますが、この時は、なんと全部で1,590円ですみました。

img_cyu_09may18.jpg
 

もちろん、図書館で借りるのも、いいですが、いろいろな絵本がいつもそばにあり、そこから好きな時に、好きな本を読むという環境にして本好きになって欲しいですね。それから表紙が素敵な絵本はインテリアにもなりますね。

おうちでヘアカット

2歳半ぐらいから息子のヘアカットはブログで紹介したキッズ専門ヘアサロンへ行っていましたが、去年の5月から私がカットすることになりました。なぜか。。。は好きな時に予約がとれない、息子は暑がりで、しかも髪の毛が伸びるのが早い、何度か行ってるうちに私でもできるのでは。。。と思ったから。写真が購入した「PHILIPS」のバリカン。ファミリータイプで錆びないので、手入れも簡単!そもそも結婚当初から3年ぐらい主人の髪をバリカンとハサミ、すきバサミでカットしていたので、面積が狭く、やわらかい息子の髪の毛は超簡単でした!息子も好きなDVDを見ながらおとなしく座っていてくれます。信頼関係バッチリです!おりこうさん!「マミー、暑いから髪切って!」とリクエストがあればすぐ切れて息子も快適のようです。余談ですが、Shaver専門店で息子の髪を切るので子供用バリカンを買いたいと言ったら、5歳ぐらいからでないと危ないとバリカンを売ってくれず、Targetで買いました。。。ということで*注意*自信がないママは自分でカットしてあげるのは辞めておきましょうね。

img_cyu_06apr18_01.JPG
img_cyu_06apr18_02.JPG

123456