ページのトップへ移動

カテゴリー

:子育て編

州立校の学区域を調べる地図

もう、11月も中旬になりました。2019年1月末からPrep新入学と思ったら、もうあと3週間ほどでながーい夏休みに入り、息子もいよいよ来年1月末からYear1となります。
さて、ちょっと時期外れですが、オーストラリアの学校へ入学させるという経験をされていない日本人の子育て中のママ、パパから質問されることが多いので、オーストラリアの州立学校の学区域「Catchment(キャッチメント)」についてブログでちょっと紹介します。
基本的に、日本の公立校と同じで、区域毎に通学できる学校が指定されていて、区域内に住んでいる子供から優先的に指定の州立校に入学ができます。

以下は、Queensland(クイーンズランド) 州政府の「School Catchment Map」のサイトです。自分の住んでいるところはどの学校が指定校になっているのか調べられます。試しにワイドエステートの事務所の住所を入力して2020年Prepを選択したら学区域がわかり、指定学校の名前も表示されます。

https://www.qgso.qld.gov.au/maps/edmap/
*気になる州立校を入力するか、自分の住んでる住所を入力してください。
*入学年度と学年を選択してください。

img_cyu_
【ワイドエステートの事務所の住所を入力してみた結果です】

人気がある州立校に子供を入学させたいという考えているようでしたら、早め早めに住む場所を考えないといけませんね。また投資物件の購入をお考えの方にも、このMAPは少し参考になるかと思います。

「Tooth Fairy」がやって来た!

先日、もうすぐ6歳の息子の乳歯が初めて抜けました!「おめでとう!」
さてさて、日本では、下の歯が抜けたら屋根に投げて、上の歯が抜けたら縁の下に投げて丈夫な歯が生えてくるのをお願いするのですが、所変われば、ここオーストラリアでは、「Tooth Fairy(歯の妖精)」が子供が寝ている間にやってきて、枕元に置いた乳歯とGold Coinを交換してくれるのです。ちなみに相場は1ドルです(笑)。キンディーに通っている頃から歯の磨き方のお勉強の際には「Tooth Fairy」も一緒にやって来て、そんな話を子供達にしてくれます。
息子も翌朝、1ドルコインが乳歯の代わりに置いてあって、すごく大喜びで「この歯もゆれてるから、また1ドルもらえる!楽しみ!」と、お金が、これから貯まることが嬉しいようですし、これで、やっと、先生や友達に報告できるようで、いろんな人に自慢げに話しています。

img_cyu_30oct19_02.JPG
【やっとTooth Fairyが来てくれるぞ!】
img_cyu_30oct19_01.jpg
【小さい頃に読ませた「Tooth Fairy」の本】

息子がお勧めの塩ラーメン

もうすぐ6歳になる息子は、ツルツル(麺類)が大好き!沖縄の血が混じっているので、特に「沖縄そば」「宮古そば」は大好物なのです。そして子供なのに、味にうるさいです。ここのは美味しい、美味しくないとハッキリと言います。(子供はみんなそうですね)そんな息子がお勧めするラーメンがゴールドコーストのサーファーズパラダイスにあります。それは「居酒屋うまかもん」の塩ラーメン!!注文する際は、「子供が食べるので胡椒なしでお願いします。」と伝えています。大きいのですが、いつも麺を全部食べてしまいます。「あーおいしかった、もっと!」と本当に美味しそうな、満足な顔をして食べきります。まだ子供のため、チャーシューや、もやしなどの野菜は食べてくれませんが、私が丼ものの小さいサイズを注文して、具たっぷりスープとして、残りを頂いています。私も満足!

img_cyu_10oct19.jpg
 

小分けのスナック菓子は便利!

スーパーのお菓子の棚には写真のように小さな袋に小分けされたスナック菓子がズラリと並んで売っています。だいたい一袋に5〜10袋入っています。こちらは主に学校に通う子どものモーニングティーなどのおやつやランチなどとして持たせるためにおおいに活躍しています。もちろん、大人も子供も外出時に「お腹すいたーーー」と言われたら、さっとあげられるし、オーストラリアのバラマキ用お土産としても重宝しますね。

img_cyu_02oct19_01.jpg img_cyu_02oct19_02.jpg
 

小さい袋と言っても、6歳(もうすぐ)の息子に、これを一袋持たせると、少し多すぎるので、今は小さいタッパーに何種類か入れてあげて、学校に持って行かせます。息子は塩からいのがダメで、塩味でもなんでも薄い味のスナックを好みます。いちよう、袋の表示を見て、私なりに厳選したり、お友達が持ってきているものや、学校の売店で売っているものなどを参考にしています。今、我が家では写真の商品をよく買っています。

img_cyu_02oct19_03.jpg
 

Jumpy'sは最近新しく売っているVEGGIE味、こちらはスナックがカンガルーの形をしていて、子ども受けして可愛いです。ポップコーンは、ほんのり塩と甘い味、プリングルスは筒に入っている大きさよりチップがひとまわり小さくて、かわいらしく感動しました。そして日本でもおなじみのカルビーの枝豆スナックです!
お値段は一袋ものより、お高めですが、一袋ものは、1回では食べきれず、開封してしまうと、封をしても湿気ってしまいます。その点、小分けにされている方が、何かと重宝します。半額の時や安くなってる時に購入すれば、一袋ものとトントンになりますから、そこらへんは買物上手にね!

img_cyu_02oct19_04.jpg
 

大きさ変えて、また食べた!

以前、野菜嫌いの息子が形、大きさを変えたらキュウリやトマトを食べてくれるようになったというブログを投稿しました。この課題についての第2弾と言っていいのでしょうか。今度は同じ野菜でもイモ系はどうかなあ思い、工夫して食べさせようとしましたが「キライ」と食べず。とりあえず、ジャンクフードだけどフライドポテトは良く食べてくれるからいいやあ。。。とあきらめていました。ある日、家の近くのウルワースで、これまた小さいさつまいもを見つけました。「BABY GOLD Jacket Sweet Potatoes」(ちなみに中はオレンジです)。確かに小ぶりのさつまいもが6個ぐらい入っていて電子レンジでチンして美味しくいただけると書いてありました。早速、電子レンジでふかしてみると、キレイに皮がむけて、味見してみると「あまくて、おいしいーー」これならいけると、ちょっとだけ塩をふってだしたら、「これ、美味しい〜ー、おかわり!」と息子は食べる、食べる。ペロリと私達の分まで食べてしまいました。我が家では、今でもリピ買いしている商品となりました。出会えてよかった!

img_cyu_13sep19.jpg
 

Book Weekのコスチューム作り

8月は、なんだか学校イベントが多く、私も宿題を与えられたようでした。先日、投稿した「100DAY Tシャツ」作り、続けてBookK Weekでのキャラクターパレード用のコスチューム作りとなりました。学校側の手紙では子供と相談して一緒に作るようにとなっていたので、息子とどういうのがいいか考えました。そして決まったのがLEGO Movieに登場する「エメット(EMMET)」に決定!息子は毎週、LEGOの本を学校の図書館から借りてくるので、そうなりました。

img_cyu_27aug19_01.JPG
【写真の右側の子がEMMET】  

とりあえず、Kmartに行き、材料を物色。ベースとなるものが欲しかったので写真のコスチュームを購入。あとは色画用紙を買い、早速、製作に取り掛かりました。

img_cyu_27aug19_02.JPG
【購入した工事現場の人のコスチューム】  

オレンジのベストにはガムテープを貼り、LEGOのロゴを印刷して貼り付け、中に着る青い長袖は家に似た色があったので代用。お面はコンフレークの空箱をベースにし、色画用紙で作りました。覗き穴を作って、ゴムをつけて、はい出来上がり!最後にお菓子の空き箱や、飲み物のフタに色画用紙などを貼り、レゴブロックを作り、ポケットに入れて完成!どうだ!!息子も大喜びで満足(良かった。。。)。

img_cyu_27aug19_03.JPG
【エメットが完成!!】  

コスチュームパレード当日は自宅から着用して学校に登校しましたが、お店に売っているコスチュームを買って(だいたい$20前後です)、それを着てくる子がほとんどでした(なんだ、意外と手抜き)。参考まで、一番多かったのが「ハリポッター」、そしてスパイダーマン、バットマンなどの「ヒーロー」、「スターウォーズ」のキャラクター、女の子はディズニーの「プリンセス」や「エンジェル」でした。さあ来年もコスチューム作り頑張るぞ!

img_cyu_27aug19_04.JPG
 

「100 Days」Tシャツ作り

息子(5歳)は今年1月末からプレップがスタートし学校生活が始まりました。早いもので先週、100日間学校に通ったというイベント「100 days at School」がありました。

さてさて、そのイベントに着る100 Day Tシャツを子供と一緒に準備してください。と3学期が始まった直後に学校から案内があり、急いで白いTシャツを買いに行きました。初めてのことなので、まずはデザインをネットで検索しましたが、結構、気合が入ってる。。。できるのかなあ。と不安がよぎる私でした。

img_cyu_08aug19_01.jpg
【ネットで検索したら気合が入ったTシャツがずらり】  

息子と一緒に考え、ベースは今まで習った100の単語を書き、他に学校で学んだ図形、数字、スポーツも。。。とどんどんアイデアが出てきました。車で100日通ったこともイメージし、「100」という数字も忘れずに!とデザインを夜な夜な考え、家にあるものやDollarショップなどで材料を集め、一気に製作!息子には「Good Work」「Great」「Well Done」などのスタンプを押させました。やれやれ大変でしたが、なんとも言えない達成感!いい思い出になりましたとさ。めでたし、めでたし。

img_cyu_08aug19_03.JPG img_cyu_08aug19_02.JPG
【Tシャツ、表】   【Tシャツ、裏】

本を購入して学校運営に協力

学校から本の購入のお誘いが定期的(Termごと)にあります。本がリストされているブローシャー「SCHOLASTIC Book Club」(写真)は「ベストセラー」、「新刊」、「年齢別」など、わかりやすく、料金も定価より安く設定されていて、中には87%OFFなんてお買い得もあります。息子がチャイルドケアに通っている時も、このブローシャーがあったので、お子様がいるご家庭であれば知っていますね。

img_cyu_30jul19_01.JPG
 

さて、こちら、まずオンライン登録をして会員になります(無料)。その際に、現在通っている学校も登録します。注文した本は学校に届き、子供が受け取るので、「いつ家に届くのかなあ」という心配はしなくていいですね。そして、私が感心したのが購入した本の合計金額の20%分が「Scholastic Rewards」として学校側のポイントになり、たまったRewardsで教育に必要な教材、教具などに交換されるわけです。(オーストラリアは子供が多いので、すぐポイントがたまりそうですね。)こういったことで学校運営に協力できるのはいいことですね。日本はこういうシステムはあるのでしょうか。

img_cyu_30jul19_02.JPG
 
img_cyu_30jul19_03.JPG
 

ゴールドコースト「LEGO Store」

ゴールドコーストに「LEGO Store(レゴ・ストア)」ができました!(って、気づくの遅かったです)きっと子供達大喜びですよーーー!Dreamworld(ドリームワールド)の敷地内にオープンしていたなんて全然気がつかず、4月中旬頃、ふと前を通り過ぎた時に発見!しかも「one of the largest ranges of LEGO in Australia 」だって!すごーーーい。我が家からは車で10分もしないのに、「灯台もと暗し」ってこういうことだわと思う私でした。
見つけた、その日に、LEGOに夢中な息子(5歳)と一緒に走ってお店に入り、「ワオーーーー」な広さで、商品も豊富、地元のショッピングセンターのおもちゃ屋さんで見たことのないものばかり。LEGOで作った大きな作品もいくつか展示されているし、子供がLEGOで遊べるスペースもあります。とにかく目が点になるぐらいです。息子は目をキラキラ輝かせていました。

img_cyu_09may19_01.jpg
 
img_cyu_09may19_02.JPG
 
img_cyu_09may19_04.JPG
 

ちょうど3月末頃にシドニーにLEGO Storeができたとニュースで知り、連れて行ってあげたいなあ、でも東京がいいかも。。。なんて計画していた矢先なので、地元、ゴールドコーストにあったなんて、ものすごく嬉しくて、興奮気味。主人は「東京のお店なんて比べ物にならない。。。ここでいいじゃないの」と呆然と立ちすくしてました。

ドリームワールドに入園しなくても、LEGO Storeに入れるので是非行って見てくださ!!注意*子供におねだりされるのは覚悟の上ですが(笑)。。。大人から子供まで、LEGOは楽しめそう!私もすごいのに挑戦したいという気持ちにさせてしまったLEGO Storeです。週末には楽しそうなイベントも開催されることがあるので要チェック!
【ゴールドコーストのLEGO Store案内ページ】
https://www.dreamworld.com.au/things-to-do/LEGO

img_cyu_09may19_05.JPG
 
img_cyu_09may19_06.JPG
 
img_cyu_09may19_08.JPG
 

ゴールドコーストの地元新聞にPrep2019特集!!

親バカな話ですが、本日のゴールドコースト地元の新聞「Gold Coast Bulletin」はPrep 2019 MY FIRST YEAR という特集が何ページがくんであります。学校の宣伝や記事(あとで読まなくちゃ)もあり、そしてゴールドコーストのいくつかの学校のクラス写真も載っています。そして、そして、その中で、うちの息子も見つけました!!前列の真ん中に座っていてよく顔がわかり、今日の新聞を2部も買ってしまいました(笑)。
さてさて、自分のことはおいといて、これからPrepに入学のお子様がいらっしゃるパパ、ママ、そして、日本にいてオーストラリアへ親子留学などを考えているご両親、子供達とってもいい笑顔です。ぜひ、機会がありましたら、見てください。参考になるかもしれません。

img_cyu_27mar19.jpg
 

1234567