ページのトップへ移動

カテゴリー

:生活編

招かざる客

2017年3月28日にサイクロン・デビーがノースクイーンズランド州のボーエンとエアリービーチに上陸して猛威を振るい、その後 勢いは収まったものの南下をしその影響で30日(木)はブリスベン、ゴールドコーストに大雨をもたらしました。ゴールドコーストの南のロビーナ、マジェラバ、タラバジェラ周辺では洪水になりました。よく通っていたカラーラマーケットそばのラウンドアバウトから先ロビーナへの道はクローズになったようで、そこにいた牛たちは洪水で水位が増して湖のようになったところを泳いで渡っている写真が新聞に出てました。北のオクセンフォード辺りも川の水位が増し橋が壊れてしまったりの大洪水でした。一夜明けた31日(金)は晴れ間も出て昨日の大雨が嘘のようです。COOの家のベランダに置いてある背の高い植木鉢が風で少し傾いていて鉢の底にも水が入っていたのでその植木の樹木の部分を持って横向きにして鉢の底の水を出していたら何だか蜂が沢山飛んでいるので何?と思い植木を一度置いてみたところ、蜂がどんどん植木から飛んで出て来るではないですか!!えーーーーととっさにゴキブリ用のスプレーを吹きかけたところ蜂の勢いが少し収まりました。植木を見るとなんとハチの巣が作られていました。その巣の周辺にも蜂が沢山います。ハチの巣に向けてスプレーをしていると、飛んで行った蜂が様子を伺いに戻って来ます。そこですかさずシューシューシューーーとスプレー。何匹も何匹も様子を伺いに戻って来ます。ドキドキでした。

img_coo_31mar17_01.jpg img_coo_31mar17_02.jpg
 

30分程経つと諦めたのかもう蜂は来なくなりました。恐る恐る巣を見て、はさみでチョキンと切り落としました。まだそんなに巣が大きくなっていなかったという事と、昨晩から降り続いた雨と強風で蜂たちもちょっと弱っていたのが良かったのかもしれません。刺される事なくどうにか自分で退治出来ました。会社のジョルジョさんは蜂に刺された時には尿を刺された箇所に振りかけるといいよという昔からの言い伝えを思い出し実行したそうですが、全然ダメだったそうで逆に先生に怒らてしまったそうです。ネットで何でも調べられる時代、早速調べてみました。それはまったくもって意味のない事のようです。くれぐれも真似しないように。

imb_coo_31mar17_03.jpg
 

久しぶりのサイクロンと幹線道路M1

クィーンズランドの北エリア、ボウエンというエリアを直撃したサイクロン「デビー」。(こちらはなぜかサイクロンに女性の名前が付きます。)ブリスベンの北約1,150kmほどにある町で、「デビ―」はグレートバリアリーフでも有名なこのエリアで猛威を振るい、熱帯低気圧となったまま南下。ブリスベンを通りゴールドコーストを通りNSWへ通過中。多いところでは一晩に350mmもの雨量と暴風をもたらしました。昨日、今日は学校もお休みになり、昨日はビジネスも半日でクローズするよう州政府からお達しがでておりました。私はたまたまゴールドコーストにおり、今朝早くブリスベンでお客様とのミーティングに戻るため、氾濫している川を横目に一路、主要幹線高速道路でブリスベンとゴールドコースト間を結ぶ「M1」(Motorway 1)を目指しました。ゴールドコーストを出るときは、もう青空でしたが、周辺の川やレイクの水はまだまだいっぱい。Websiteの道路閉鎖ページを見て出たのでスムースにM1にアクセス。学校がお休みのせいか、道路はがらがら。いつも朝のラッシュ時ブリスベンまでは1時間半以上はかかるのですが、1時間で到着。ブリスベンの街は青空。ビジネスアズユージュアル(通常営業!)でした。それにしても、M1はなかなか素晴らしい道路です。一度乗ってしまえば、雨、風のひどい日でもここは水はけも良く、今朝は道路はしっかり渇いておりました。ブリスベンとゴールドコーストは距離にして、約75km程度。東京、成田間より長いですが、車では時間にして1時間。(電車では1時間15分)この両区間を結ぶアクセスの良さがサンシャインコーストにくらべても、ゴールドコーストーブリスベン間を近く感じさせる利点です。都会ブリスベンに住み、海の美しい自然あふれるゴールドコーストにお手軽にホリデイに行ける、というのもブリスベンの良いところですね。

今回の台風で被害にあわれた方々が早く元の生活ものどられますように!!

img_mo_31mar17_01.jpg
ガラガラのM1  
img_mo_31mar17_02.jpg
青空が広がるブリスベンシティ  

オーストラリア人はダンスも好き

日本に住んでいた頃は、ソーシャルダンス(社交ダンス/ボールルームダンス)やその他いろいろ『ダンス』を習うというのは敷居が高い気がし、また本人のリズム感というか才能も自覚していたので、あまり興味がありませんでした。しかし、こちらではとてもカジュアルに、(私のようにまったく才能のない人でも?!)楽しくダンスが習えるスタジオがたくさんあることを発見しました。私が教えていただいているリバーシティ―ダンススタジオでは、レベルに合わせたクラスが夕方から2クラスづつあります。また個人レッスンも有り、クラスには若い世代からシニアまで、バラエティーに富んだ生徒さんが溢れ、皆さん熱心にダンスを習得中。

img_momo_15mar17_01.jpg
 

ひょんなきっかけで、私もソーシャルダンスとアルゼンチンタンゴを習いだし、日々格闘(?)しております。スタジオの先生方は優しく時にはびしっと厳しく、ゆっくりわかりやすく教えてくださいます。また、定期的なダンスイベントもあり盛りだくさんの1年を送ります。一味違う運動にもなり、また姿勢も良くなるようです。ブリスベンにはこういったスタジオが他にもいくつもあるようですが、場所も便利で、スタジオ内もとても良い感じのリバーシティダンススタジオはお勧めです!
どんなダンスでもオーストラリアでは、とても気軽に楽しめる雰囲気なので、ぜひお試しください!
【リバーシティ・ダンススタジオのホームページ】
http://www.rivercityballroom.com.au/

img_momo_15mar17_02.jpg
 
img_momo_15mar17_03.jpg
 

暑くても、涼し〜い気分に!

ゴールドコースト、ブリスベン、そして他州も本当に暑い週末になりました。35度を超えると本当に暑いです。とは言えゴールドコーストは海、内海など水辺が多いし、日本の夏みたいに湿気がないし、なんとか乗り越えられました。

土曜日の朝は用事ついでに年間パスでシーワールドへ寄り、これを見て涼しーーい気持ちに なってきました。そうです!ペンギン!しかも、なんと今、子育て中のペンギンが何組かいて、かわいらしい赤ちゃんの姿を見ることもできました。息子も大喜び。

img_cyu_13feb17_01.jpg
 

翌日は、地元のショッピングセンターのウールワースで買物。会計をしてると店員さんが「Complimentary」と言って、ペットボトルのお水を1本サービスしてくれました。ありがたい。

img_cyu_13feb17_02.jpg
 

まだまだ30度台の夕方前には内海で水遊びと魚釣り。息子も大はしゃぎで、水辺は気持ちいいし、涼しーーーい!暑さも吹っ飛びました。ちょっと車を走らせれば涼めるスポットがあるって、やっぱりゴールドコーストは最高だわ!!

img_cyu_13feb17_03.jpg
 

日本の留学生諸君、大志を抱け!

今年は2017年。初めてオーストラリアに降り立った日が1987年の4月4日なのでオーストラリアに来て、今年で丁度、30年目になります。長いようで短い30年間でした。今年は時折30年前の事、今迄に体験した事を懐かしく思う機会が多くなりそうです。

先日、地元の大学、Griffith Universityに留学する日本人の学生達を対象に講義をする機会がありました。私のオーストラリアにおける人生経験を語って欲しいとのこと。「不動産の話はいくらでもできるが、自分の人生経験を語る?? 何をどんなふうに話しようかっな~」、と考えながら教室に入り、学生さんを見ると、びっくり!!皆さん、なんとお若いこと!! そうかっ~、 考えてみると皆さん20代前半で私が丁度オーストラリアに来たときと同じ位の年だ。
そう考えると、なんだか自分が偉くなった気分になってしまい、ベラベラ喋ってしまいました。学生の皆さん、色々と勉強されているようです。真面目です。
※※講義の様子はこちらのFacebookページへ

ところで、オーストラリアにおける成長分野の産業に「教育サービスの輸出」というのがあります。簡単にいうとオーストラリアの学校に外国の学生を留学させること。直近の留学生の数はなんと650,000人。オーストラリアの人口対比でいうと約2.7%位。多くの留学生がいます。
ただ残念な事に日本からの留学生は減少傾向のようです。例えば、大学などへの留学生は中国は97,000人に対して、日本からは数千人程度のようです。上位5位にもはいっていません。このような状況が続くと将来日本は人材面においては(も)間違いなく国際競争に劣る可能性があると思います。

今、オーストラリアに来ている日本人留学生、これから来る留学生達よ君たちは日豪間における希少な人材になる可能性を秘めている。大志を抱き、是非頑張って欲しいと思います!

img_ryu_18jan17.jpg
 

新年のごあいさつ

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は一方ならぬご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。

時が経つのは早いもので、今年は豪州に移住しで30年目、そしてオーストラリアの不動産&コンサルティング業に従事し28年目を迎えます。

先日、あることがきっかけで「自分にとって成功とは何か?」と素朴に自問自答してみました。一般的には財産・地位・名誉が基準になるのでしょうが、もう少し具体的に私自身に見合ったものは何かを考えてみました。

その結果、自分にとっての成功とは、「自分が本気で取り組める仕事に就けていること、そして愛する家族と一緒にいる時に幸せを感じる事ができていること」という内容に至りました。

とてもシンプルな内容なのですが、この二点をバランスよく達成できていれば、成功といわずとも上出来とし、これを当分の間私の成功の基準として新たな気持ちで頑張って いこうと決めました。

今年も尊敬できるお客様に巡り会えたこと、そして長年にわたり支えて頂きましたことに深く感謝しつつ、素晴らしい社員に恵まれたことを励みに、また今日迄積み上げてきたキャリアに驕ること無く、社員と共に最高で良質なコンサルティングが提供できるようにつとめていきたいと思います。

今後とも一層のご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

新しい年が素晴らしい一年になりますよう、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

本年もなにとぞ宜しくお願い申し上げます。

代表 砂川盛作

img_suna_04jan16.jpg
 

クリスマス、年末年始休業日のお知らせ

もうすぐクリスマス!!この1年もあっという間でした。

さて、ワイドエステートのクリスマス、年末年始の休業日のお知らせです。
12月26日(月)(ボクシングデー)、27日(火)(クリスマス振替休日)がオーストラリアの祝日ですので、12月は12月24日(土)〜12月27日(火)まで休業日となります。
年末年始は、1月2日(月)(お正月振替休日)がオーストラリアの祝日となりますので、12月31日(土)〜1月2日(月)が休業日となります。

皆さん、素敵なクリスマスを!

img_cyu_22dec16_01.jpg
 

かわいすぎるクリスマスツリー

先日、マリーナミラージュへクリスマスランチにでかけました。とっても久しぶり!ついでにヴェルサーチホテルでクリスマス気分を味わってきました。いつ来てもゴージャスで誰を見てもセレブに見えてステキ。
今年のクリスマスのデコレーションはどんなかなあ。あれーなんだろう。

img_cyu_16dec16_01.jpg img_cyu_16dec16_02.jpg
 

近づいてみると、なんともかわいらしいテディベアがたくさん「テディベアのクリスマスツリーだわーーー、かわいいーーー」さすがヴェルサーチ。

img_cyu_16dec16_03.jpg
 

そして、案内をよく見ると、ヴェルサーチのテディベアはチャリティー・グッズとして販売されていて、ひとつA$69。これを買うことで、この案内に書かれている団体に寄付されるそうです。

img_cyu_16dec16_04.jpg
 

煙探知機設置法(SMOKE ALARM)の強化

現在、各家には煙探知機の設置が義務付けられていますが、料理をすると煙が出て、探知が鳴り、うるさいという理由で電池を外したりするのを見かけます、それでは、探知機の意味がないのですが、ついつい大丈夫だろうと思いやってしまうようです。今回、クイーンズランド州では、煙探知機の設置法が強化されますので、ご案内します。

【 1、何が変わりますか?】
クイーンズランド州のすべての家は、連結可能な光電タイプの煙探知機(interconnected photoelectric smoke alarms)を、全寝室、廊下に設置。(連結可能というは、ひとつの探知機がなった場合、他の探知機も同時に作動するタイプ)

【 2、いつから変わりますか?】
2017年1月1日から、下記のように家の状況により、変更されます。
*2017年1月1日以降に建築、改装申請をする家
*2022年1月1日以降に賃貸、もしくは売却された家
*2027年1月1日以降、上記以外のすべての家

【 3、どのような探知機ですか?】​
*2017年1月1日以降に新たに設置、もしくは既存の物と交換する場合は、オーストラリアスタンダート3786を受けた光電タイプ探知機を設置
*設置してから、すでに10年以上経過している探知機は、光電タイプ探知機に交換する必要があります。

時間的に余裕がありますが、この法案強化は、過去の火災による悲劇の再発防止のためですので、早めに交換することをお勧めします。

夏真っ盛り、ブリスベン!

今年も早いもので12月を残すのみとなりました。だいたいいつも感じるのですが、11月初旬のメルボルンカップという大きな競馬のレースが終わると、あとはあっという間にクリスマスがやってきます。今年もその通りにすすみ、気が付けばカレンダーの最後のページです。南半球は日本と季節が逆になりますので12月にもなると、外はすっかり夏です。サブトロピカル(亜熱帯)地域に属するブリスベンだけあり、夏のお花は色とりどり。朝のお散歩中には様々なお花の色が目に入ります。

img_mo_01dec16_01.jpg img_mo_01dec16_02.jpg
 
img_mo_30nov16_03.jpg img_mo_01dec16_04.jpg
 

毎年咲いているのですが、やはり夏になるととてもお花がきれいに見え、都会の中にいることを忘れてしまいます。とはいっても、建設現場は相変わらず。昨年と違うのはジャカランダの向こう側にビルが増えているところですね。

img_mo_30nov16_05.jpg
 

前の10件 345678910111213