ページのトップへ移動

カテゴリー

:グルメ編

特別な日にお勧めのレストラン「Videre(ヴィデーレ)」in Royal Pines Resort

サーファーズパラダイスから車で約10分、総合リゾート「ロイヤル パインズ・リゾート」の中にある RACV ロイヤルパインズリゾートホテルの21階にあるレストラン「VIDERE(ヴィデーレ)」に行ってきました。

img_jo_07mar19_02.jpg
 

このレストランは、時々、何かの記念日などに利用していましたが、ホテルのメインダイニングだけあって、落ち着いた雰囲気で、ゴルフ場とサーファーズパラダイスのハイライズの景色を楽しめます。最近、人気のあるレストランは、味は、いいけど、静かに食事をしたいときは、ちょっと、というところが多いので、ゆったりと食事をするには、このレストランはお勧めです。

img_jo_07mar19_01.jpg
 

メニューは、アラカルト、セットメニューがありますが、今日は、TASTINGという、7品の料理が楽しめるセットメニューにしました。オイスター、カリフラワーのスープ、カニ包み、ポークベリー、ビーフフィレ、デザート、そしてチーズの盛り合わせで、A$90。食事に合うワイン7種をセットにするとA$145ですが、7杯は、ちょっと厳しいと思い、ワインは、別にボトルで一本取りました。どの料理も、味のバランスが良く、美味しく頂きました。この食事内容とレストランの雰囲気で、A$90であれば、リーゾナブルと感じました(日本円で、7,200円と考えるとお得感があります)。ぜひ、特別な日には、お出かけください。
**今回のメニューは一番下につけておきます。ご参考まで

img_jo_07mar19_03.jpg img_jo_07mar19_04.jpg
 
img_jo_07mar19_05.jpg img_jo_07mar19_06.jpg
 
img_jo_07mar19_07.jpg img_jo_07mar19_08.jpg
 
img_jo_07mar19_09.jpg
 

ロイヤルパインズリゾートは、27ホールのゴルフコース、テニスコート、スパなどのリゾート施設が充実していてます。また、リゾート内には、ゴルフコースフロントの一戸建て、マンション、ビラなどの住宅があり、リゾート特区に認定されているため、外国人でも購入ができる物件があります。

【以下は、今回のメニューになります】

img_jo_07mar19_10.jpg
 

フード&ワインエキスポ 2019

2019年1月11日〜13日の3日間、ゴールドコーストコンベンションセンターで開催された「フード&ワインエキスポ・ゴールドコースト」に参加して来ました。
チケットは3日間で1人A$25。入口でチケットのQRコードを見せて手首にバンドを巻いてもらい会場に入場。私は金曜日の夜にさらっと見に行き、日曜日に友人と一緒に朝から出かけました。友人は金・土・日と3日間通い詰め。フードとワインだけではなく、キッチンウエアやジュースの店、フード&ワインには全然関係ない身体のバランスを見るボディーアライメントのコーナーもありました。COOはまずボディーアライメントコーナーで身体検査をして頂きました。(笑)COOの身体は少し左に傾いているようです。その後、お腹もすいてきたのでチーズやクラッカーのおつまみをいただきながらワインの試飲。Smelly cheese 店でとっても臭いけど美味しいチーズがあり後で買えばいいやと思っていましたが、売り切れてしまいがっかり。でも日曜日もあるからと思っていたら、残念!もうないとの事。やはりどんな時においてもその時に行動を起こす事が大事であると再認識致しました。 日曜日はちょうどいい時間にワインマスタークラスもあり参加。ワインの勉強とワイン当てクイズなどで楽しみました。また来年も参加しようと思います。

2019年は始まったばかり、ブリスベンをはじめ、他都市でも今年開催される予定ですので、興味のある方はぜひ、「FOOD & WINE EXPO」の公式サイトをチェックしてください!!
【FOOD & WINE EXPOのホームページ(英語)】http://foodandwineexpo.com.au

img_coo_25jan19.jpg
 

日本食レストラン「go to(五島)」

新しくサウスポートにオープンした「go to」 レストランに行って来ました。カフェのようなモダンで明るい店内です。カウンター席、テーブル席とがあります。ランチメニューから今日はちらし寿司とちゃんぽんを選びました。ちらし寿司に入っているたまごに店名が焼き印されていて可愛かったです。ネタのお刺身も美味しかったです。ちゃんぽんは野菜たっぷりで麺もモチモチしていて美味しかったです。
サウスポートにお越しの際には一度行かれてみてください。
住所:3002/9 Lawson St, Southport QLD 4215
電話:(07)5663 7422

img_coo_08jan19_01.jpg
 
img_coo_08jan19_02.jpg
 

早くオープンして、リアルフィッシュ

このブログでも、何度か紹介しました、我が家、御用達の日本人経営の魚屋さん「リアルフィッシュ」、今年の5月にココス・ショッピングセンター「COCOS SHOPPING CENTRE」のお店を閉めて、移転しますと、聞いて、早、7ヶ月。新しい場所の工事の関係で、オープンが延びに延びています。この間、宅配サービスをしていましたが、我が家は、お店に行って、実際にお魚を見て(特にお魚の目)、買っていたので、このサービスを利用することは、無かったのですが、、流石に、我慢の限界となり、ちょうど、季節柄、数の子があるということで、お刺身を出前してもらいました。久しぶりの白身の魚に舌鼓、日本酒との相性は、抜群、今日は、お気に入りの銘柄「雁木」の「鶺鴒」、純米大吟醸、精米歩合35%。一日も早いオープンを、切に願います。

img_jo_24dec18.jpg
 

TOMAMIバーガー?

久しぶりにモスバーガーに行きました。
このところゴールドコーストは健康志向ブームでモスバーガーのメニューにもLow-carbがあります。低炭水化物のメニューです。写真が載っているバーガーもありますが、このTOMAMIの写真は載ってなくて、それに加えてメニューの横にlimitedavailable(数に限りあり)というスタンプも付いて、何だか興味をそそられたので注文してみました。なんと、このようなバーガーが来ました!!(写真の左側)丸ごとトマトの間にビーフパテが挟まってました。トマトはグリルされていて少し味もついてパテはプレミアム和牛。かぶりつくのが大変。トマトのジューシーな汁が滴りちょっとお行儀が悪い食べ方になってしまいます。が、美味しかったです。ここオーストラリアの固めのトマトだから出来るメニューだと感じました。

img_coo_21dec18.jpg

美味しいブラウニーに感動!

先日、新築物件プロジェクト「Markwell」のローンチパーティー(お披露目会)に行って来ました。このプロジェクトは以前にも弊社HPでご紹介していますが 、いよいよ、来年2月から着工が始まるそうです。 既に7割強が売れています(2BRM $590,000~)。 トラム駅前、ビーチも徒歩数分と抜群の立地です。

さてさて本題です。そのパーティーのお土産に写真のブラウニーを戴きました。 冷蔵庫で少し冷やしてから食べてみたところファッジのような食感でありながらそんなに甘すぎずとっても美味しいのです♪♪ 早速お店を調べてみるとブリスベンにあるベーカリーから発展したスイーツショップ「DELLO MANO」のものでした。今度は是非お店に行ってみたいです!!

img_coo_06dec18.jpg

リゾート気分でランチ@サンクチュアリーコーブ

ゴールドコーストの中でも、屈指の統合リゾート「サンクチュアリーコーブ」での仕事の後、マリナビレッジ内の、ヨットハーバーが見えるレストラン 「ANCHOR BUOY CAFE & BAR(アンカーブイ・カフェ&バー」でランチをしました。

img_jo_04dec18_01.jpg

「サンクチュアリーコーブ」は、約30年前に、日本のバブル時代に日本企業が開発したリゾートです。オープニングでは、フランクシナトラやホイットニーヒューストンが歌い、華々しくオープンしました。現在は、マレーシアの会社が運営しています。リゾート内には、36ホールのチャンピョンシップゴルフコース、マリーナ、レストランやカフェがあり、そして、ウオーターフロント、ゴルフフロントの住宅が建っています。

ランチは、まずは、ドライの白ワインでのどを潤し、お食事は、シーフードプラッターを頂きました。エビ、イカ、サーモン、白身の魚、サラダ、そしてチップが付いてA$29.90、二人でシェアするとちょうど良い量でした。味も、なかなか美味しかったです、お値段、雰囲気、料理の内容を考えると、非常にバリューのあるランチでした。また、マリナビレッジ内には、ステーキ、シーフード、イタリアン、タイ、中華などの様々なレストランがあり、リゾート内の「インターコンチネンタル」ホテルのレストランもありますので、お食事も満喫できます。

そして、リゾート内では、カンガルーにも会えました。

img_jo_04dec18_02.jpg
img_jo_04dec18_03.jpg
img_jo_04dec18_04.jpg

クィーンズランド産ワイン「Sirromet Wine」のこだわり

ブリスベン商工会主催の勉強会にて、クィーンズランド州でワインを生産しブリスベンから車で20分ほどのMt Cottonというところでブティークワイナリーとしてワインの販売をされている「Sirromet Wine」という会社からのプレゼンがありました。州のほとんどが熱帯、亜熱帯に属するクィーンズランド州でワイン生産?!ですかと思いがちですが、日本の有名旅館や、レストランでもこちらのワインを出しているという素晴らしいワインを送り出しているワイナリーでいらっしゃいます。日本へのマーケティングを担当されている佐藤氏のご説明では、低価格政策で日本マーケット参入を試みたオーストラリアワインは、現在南米のチリワインに押され苦戦しているそうです。その中でSirrometは和食に合うワインを作るこだわりを持ち続けて研究、開発をした結果、お刺身にしっかり合う『お料理の1っ歩後ろを歩くデリケートなワイン』を作ることに成功されたそうです。彼らのブドウ畑はクィーンズランド州の南西にあるGranit Beltと呼ばれる地域にあり、海抜850mに畑があるそうです。花崗岩の土地質はそれほど肥沃ではないそうですが、水はけがよくブドウの木には向いており1っ本の木からのブドウ生産量は低いですが、その分、粒一つ一つに栄養が行き渡り、良いブドウができるそうです。この地域は、標高が高いので平均気温は夏でも19度から21度程度、雨が少なく、ブドウの栽培には極めて良い気候なのだそうです。実はこのクィーンズランド州南西端の街はイタリアからの移民がワイナリーを初めてすでに150年の歴史があります。アフォーダブルプレミアムワインのレンジからいくつか試飲させていただいた中で、赤のスパークリングワインと白(Verdelho)は、本当に美味しく、超お勧めです。日本からの注文も可能だそうです。季節もそろそろクリスマス。是非一度お試しください。
【Sirromet Wine】https://www.sirromet.com/

img_mo_28nov18_01.jpg
 
img_mo_28nov18_02.jpg
 

ブロードビーチの日本食レストラン「大地」

先日、ブロードビーチにある日本食レストラン「大地」に行ってきました。このレストランは、回転ずしチェーンの寿司トレインが運営しているレストランですが、隣には、高級日本食レストラン「天」がありましたが、最近、「天」は業態を変更して、ワインバーになっていました。以前、 「大地」には、ランチに行ったことがありましたが、夜は行ったことがありませんでした。

img_jo_05nov18_01.jpg
 

メニューを見ると、お酒のつまみもあり、お酒を飲みながらでも、楽しめそうです。レストランは、BYOなので、ワインやビールもOK。この日は、枝豆、お刺身、出汁巻卵(メニューには、日本風オムレツ トリフ入りと謳っていますが、出汁巻という感じ)そしてヒレカツを注文。お刺身は、白身のハマチが美味しかったです。また、出汁巻卵も、ふんわりとしていて、味も良く、いい食感でした。

img_jo_05nov18_02.jpg img_jo_05nov18_03.jpg
 

ヒレカツは、上手にかりっと揚げていて、こちらも美味でした。

img_jo_05nov18_04.jpg
 

ご飯とお味噌汁と付けて、二人で、満腹になり、A$61でした(ワインはBYOでしたの、持ち込み料のA$3)、満足度の高い、お食事でした。

感動!ミーバイの刺身食べられる!!

「刺身食べたーい!」と思ったら、我が家もFerry Rd Market内のREEF SEAFOOD & SUSHIへ 買いに行っています。先日、と言っても8月末に主人のお誕生日お祝いのご馳走の一品として久しぶりに行き、サーモン、マグロ、ホタテ、、、、そして目にとまったのは白身の魚。「これ、なんですか。」と尋ねると、「ミーバイです」と。「えーーー 、感動!ゴールドコーストで食べられるなんて!」と沖縄人の主人は大喜び。結果、こんなにお刺身買ってしまいました。

img_cyu_13sep18_01.JPG
【手前の白身がミーバイ】

もちろん、お酒は泡盛じゃないとね。こちらも日本食材店「フジマート」にて購入!(ちなみにオリオンビール缶も買えますよ)。こんなに沖縄を楽しめるとは、あー、ゴールドコーストっていいところと再実感!!

img_cyu_13sep18_02.JPG

1234567891011