ページのトップへ移動

個別記事

ブリスベンシティ、川沿いエリア再開発計画

ブリスベンの街中を流れるブリスベンリバーは、ブリスベンっ子の憩いの場所です。ゆったりと流れる川を見ながらランチを食べてまた仕事に戻るたくさんのブリスベンっ子には嬉しいニュースが先日、地元の新聞「Courier Mail(クーリアメール)」に出ておりました。

img_mo_26nov19_03.jpg
【クーリアメールの記事】

「シティーウォーターフロント再活性化プロジェクト!!」はブリスベン市役所が街の川沿いエリア、ボタニックガーデンからハワードスミスワーフのあるストーリーブリッジまでの1.2kmに新しい公園、プール、新しいフェリーターミナル、リバーウォークなどを設置し、川沿いエリアの再活性化を図ると発表しました。中期計画でまだ計画段階ですが、サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフ、シンガポールのマリーナベイのような素敵なウォーターフロントを目指すそうです。
すでにハミルトン地区の川沿いエリアは、大型客船が入るターミナル周辺からシティまでの川沿いがすっかり、綺麗になり、川沿いを自転車、徒歩でお散歩できる歩道も完成しております。クィーンズワーフプロジェクトもいよいよ来年からレジデンシャルタワーの販売が開始される予定。ブリスベンシティ、川沿いエリアは大型開発が続きます。このあたりの不動産からは目が離せませんね!!

img_mo_26nov19_01.jpg
img_mo_26nov19_02.jpg