ページのトップへ移動

個別記事

小分けのスナック菓子は便利!

スーパーのお菓子の棚には写真のように小さな袋に小分けされたスナック菓子がズラリと並んで売っています。だいたい一袋に5〜10袋入っています。こちらは主に学校に通う子どものモーニングティーなどのおやつやランチなどとして持たせるためにおおいに活躍しています。もちろん、大人も子供も外出時に「お腹すいたーーー」と言われたら、さっとあげられるし、オーストラリアのバラマキ用お土産としても重宝しますね。

img_cyu_02oct19_01.jpg img_cyu_02oct19_02.jpg
 

小さい袋と言っても、6歳(もうすぐ)の息子に、これを一袋持たせると、少し多すぎるので、今は小さいタッパーに何種類か入れてあげて、学校に持って行かせます。息子は塩からいのがダメで、塩味でもなんでも薄い味のスナックを好みます。いちよう、袋の表示を見て、私なりに厳選したり、お友達が持ってきているものや、学校の売店で売っているものなどを参考にしています。今、我が家では写真の商品をよく買っています。

img_cyu_02oct19_03.jpg
 

Jumpy'sは最近新しく売っているVEGGIE味、こちらはスナックがカンガルーの形をしていて、子ども受けして可愛いです。ポップコーンは、ほんのり塩と甘い味、プリングルスは筒に入っている大きさよりチップがひとまわり小さくて、かわいらしく感動しました。そして日本でもおなじみのカルビーの枝豆スナックです!
お値段は一袋ものより、お高めですが、一袋ものは、1回では食べきれず、開封してしまうと、封をしても湿気ってしまいます。その点、小分けにされている方が、何かと重宝します。半額の時や安くなってる時に購入すれば、一袋ものとトントンになりますから、そこらへんは買物上手にね!

img_cyu_02oct19_04.jpg