ページのトップへ移動

個別記事

クィーンズランドはクジラの季節

9月も半ばを過ぎ、クィーンズランドはすっかり春ですがこの時期(冬から春にかけて)南極界隈の海から1万キロを泳いで海水温の暖かいクィーンズランド東海岸周辺の海にザトウクジラが出産とその子育てのためにやってきます。6月後半から11月まで、ブリスベンでもモートンベイで親子のクジラをみることが出来るホエールウォッチングが人気です。高速カタマランでブリスベンの北にあるRedcliff(レッドクリフ)の港から約40分ほどでモートン島に近づくと、そろそろクジラが見れるというアナウンスが船内に流れます。乗船していたお客様はみんなデッキに上がりワクワクとまっていると『11時の方向に親子のクジラが見えます!!』と!!そちらをみると2つの黒い影が海の中に見えます。それがどんどん船に近づきます。まもなく3つの大きな黒い影が順番に、水面に上昇し大きく潮を吹き呼吸する音とともに手が届きそうなところまできてまた水に潜りました。すごい!!巨大なザトウクジラとの遭遇です。親子ともう一頭がずっと一緒に船の周りを泳いでくれてクジラが呼吸のために水面に上がってくるたびに大きな歓声が沸きます。そのせいかどうかわかりませんが、あかちゃんクジラは水面から飛び上がりくるっとひねって着水する技を2回も3回も見せてくれて、これまた大きな歓声!なんという体験。。。。ザトウクジラは捕鯨が盛んだった1950年代にはオーストラリア周辺の海域では全滅してしまったそうですが、捕鯨が禁止になり再びこの周辺にクジラが戻ってくるようになり現在に至っているそうです。野生動物との共存成功例ですね。ホエールウォッチングの船はみんな厳しい政府の規制の中運営されており、また船内ではクジラの保護/研究のための寄付も出来ます。なかなか他では体験できない素晴らしい時間をクジラとともに過ごせるお勧めのアクティビティーです。
【ホエールウォッチングツアーのHP(英語)】参考まで。。。
https://brisbanewhalewatching.com.au/whale-watching-cruises/

img_mo_24sep19_01.jpg
 
img_mo_24sep19_02.jpg