ページのトップへ移動

個別記事

円高!!不動産購入の好機到来

昨年2018年12月2日、1豪ドルが81円であった豪ドル為替レートは、本日、6月27日、1豪ドル75円と7.5%の円高になっています。背景には、日中貿易戦争による経済不安、イランの核問題、北朝鮮問題、イギリスのEU離脱など、世界的な不安材料により、比較的安心の通貨「円」が買われて円高になっているとのことですが、この辺の話は、経済の専門家に任せるとして、円高は、オーストラリアの不動産購入には、好機です。前述のとおり、昨年末の比較すると7.5%下がったということは、実質、不動産価格が、7.5%下がったと同じ効果があります。つまり、1億豪ドルの物件の場合は、昨年末は、8,000万円の資金が必要であったのが、今ですと7,5000万円で購入ができるということで、500万円、お得ということです、この差は大きいです。さらに、昨今は、中国の経済成長の鈍化、中国政府の海外送金規制などが影響し、新築物件市場の動きがスロー気味で、購入の際に、家具を付ける、管理組合費の6か月無料にするなどのボーナスがつくことがあるので、時期的には、絶好の時期です。この円高の機会をお見逃しなく。

img_jo_27jun19_01.jpg
【外為情報ナビの為替チャートより】