ページのトップへ移動

個別記事

低利率と不動産市場への影響

昨日オーストラリア連邦準備銀行は、オーストラリア史上最低となる利率1.25%を発表しました。3年ぶりの利下げでもあり、経済界、不動産関連業界でも大きなニュースとして受け止められております。銀行の利子が下がるということは、国の経済状態がいま一つであるという背景がありますが、News.comnによれば、ホームローンやクレジットカードの返済額が減少してくれるので、すでに家を所有しているホームオーナーにとっては大変良いニュース、とのこと。これにより普通の家庭の財政に若干の余裕も出てお金をつかってくれるようになり、経済が廻りだしてくれるはずで、連邦銀行も期待してるのでしょう。不動産関連はここ1年以上価格が停滞しておりましたが、利率が下がることで市場も刺激され、価格持ち直しの期待感も出ております。とは言いながらも、初めて家を買うファーストホームバイヤーといわれる方々には、銀行の預金利率も下がるため、頭金を貯金をするのが大変になる、とも言われております。勝ち組、負け組、色々あるようです。

銀行利率が下がることは豪ドルを下げる要因にもなるそうで、日本から投資される方には良い時期ですね。不動産は金額が大きなお買い物。1ドルが2-3円、5円と下がると購入価格も更にお得となります。ここしばらくは海外からの買い手に有利な市場が続きそうですね。

img_mo_05jun19.jpg