ページのトップへ移動

個別記事

2019年度の予算、総選挙もろもろ

4月のはじめに来年度の予算発表がモリソン政権から発表されました。総選挙を控え、国民の気持ちと票の獲得を見据えた予算のようで(!)所得税の減税はもちろん、インフラへの投資もたっぶり盛り込まれ、これなら、ブリスベンの地下鉄や高速道路拡張も先が明るい!!盛りだくさんの予算発表でした。(特にクィーンズランド州は連邦政府のインフラ予算の優先順位が高い!)財務大臣が分厚い予算書をたくさんのメディア関係者にどーんと見せ、こんなに素晴らしい1年が待っている!!という自信満のインタビューがたくさん報道されました。そしてその数週間後、そろそろ(いよいよ?)今度は政権がかかる総選挙の日程が発表されます。予算の行方はもちろんですが、その予算も政権が変われば、また内容も変わり不動産投資関連のルールにも影響が出ます。投票日は5月18日が濃厚のようですが、しばらく、ニュースから目が離せませんね。

img_mo_08apr19.jpg