ページのトップへ移動

個別記事

家賃保証の物件についての留意点

最近居住用不動産の販売広告で「家賃保証/Rental Guarantee」という宣伝文句を見かけるようになりました。別に珍しいということではなく、不動産の市況が少し停滞すると開発業者が不動産購入額に対して一定の家賃を支払うことを約束(日本でいうサブリース形式に類似)、つまり利回りを保証しますよ、という一つの販促手法(キャンペーン)として宣伝されます。投資家の一つの関心ごとに物件が完成し引き渡しを受けた後に直ぐにテナントが付き家賃収入が見込めるか?という点がありますが、開発主が物件引き渡し時から即家賃を支払いますのでこの点心配ないですよ!、という約束がが売り文句になり投資家も安心して購入できるという仕組みです。この仕組み自体は特に問題はないのですが、留意点として支払われる家賃の設定額が市場を鑑みて適当かどうか?という点は注意してみる必要があります。設定家賃が市場に見合っている、あるいは市場より低い場合には賃料見直し時に引き上げることができますが、市場より高く設定されている場合には見直し時期によっては家賃を下げなければいけない状況になり家賃収入に影響を与える可能性があります(つまり減額する)。販促の一環として開発業者から提供される家賃保証金額、そして契約条件は適当かどうか?賃貸市場のトレンドや仕組みを考量しながら検討していくことはとても大切なことです。この分野でもワイドエステートは実績がありますので是非ご相談ください!

img_ryu_25mar19.jpg