ページのトップへ移動

個別記事

ブリスベン、電車のニュースその2

先日お知らせした地下鉄路線「ブリスベン・メトロ」は2023年に開通予定です。この地下鉄と接続する新しい電車のライン「クロスリバー路線」の開発計画があります。ブリスベンを含めた南東クィーンズランドは2036年までに現在の人口約350万人から490万人への増加が予想されるそうです。その人口増加の80%がブリスベン市の外で起こり、同時に雇用機会増加の45%以上がブリスベンの中心地域で増加すると言われております。結果電車路線に頼り通勤、通学する人口は2036年までに現在の3倍に達するとのことです。ブリスベンの中心地から周辺地域への通勤/通学移動をいかに効率的に増やすかというのはブリスベンの将来にとり、大変重要なキーとなります。この問題解決のカギは既存の電車路線を増やすこと。現在の電車路線キャパシティーはすでにフル稼働に近いことから、これはかなり緊急を必要とする州と市の課題で、その対策の一つとして、クロスリバーレールが登場しました。現在フル稼働状態の市内中心ラインを地下に持って行き、新しく地下にできる4つの駅から、レッドクリフ、ゴールドコースト、ビーンリー、クリーブランド、イプスイッチ、カブ―チャなどへもっと頻繁な本数の電車が走るようになる、という計画です。市内の地下鉄と新しい4つの駅完成は2024年です。この電車の注目ニュースの1つとしては、将来は南に延びる予定で、ゴールドコーストにピンパマ、へレンズビル・ノース、メリマックにも駅が出来るとのこと。ますますゴールドコースト、ブリスベン間が近くなります。
**以下の動画は「Cross River Rail」の詳細動画(TMRQLD提供)

img_mo_22mar19.jpg