ページのトップへ移動

個別記事

ハワイの不動産について

去年ハワイの不動産を視察する機会があり、久しぶりにハワイを訪れました。海外のリゾート物件というと、先ずはハワイが挙げられ、それに続いてゴールドコーストか、或いは他の国のリゾート物件が挙げられるかと思います。

なぜ、私がハワイに行こうと思ったのか?理由は最近多方面から「ハワイの不動産は凄く高い、随分と高くなっている」という話を聞く機会が多くなったことから「百聞は一見に如かず」ということわざの如し、この際自分の目で確かめてみようと思い立ったからです。

レジデンスコンドミニアムを視察して私なりに感じたところを簡潔にまとめると、
1. 価格は聞いてた程高いとは思わなかった。
2.豪華物件の共有施設は広く豪華なものもある。
3. 新築物件の仕様はゴールドコーストと類似。
4. 仕上げはハワイが優る
かなと思いました。

一番肝心な価格の点でいうと、
1. 年間150万人の日本人観光客が訪れる街(因みにゴールドコーストは直近で7万人にも満たない)。
2. 外国人不動産購入者は日本人がNo.1
3. 高級物件においては建物内至る所で使用人がいてサービスを提供するために高額な人件費がかかっている筈。
4. 後ろ盾として世界No.1の経済大国がアメリカの存在がある。

これらのことを考慮すると(限定的ではあるが)、ある意味価格には合理性があるかなと思いました。別の見方をすると、ハワイの不動産が高くなったのではなく、単に円安に振れたので、円換算で考えると高くなった、ということかも一因あるかもしれません。何れにしても驚愕するような値段ではなかった、というのが正直な感想です。
ハワイの雰囲気は好きですが、チップ制度はどうも馴染めないな〜、というのも改めて感じた滞在でした(オーストラリアはチップ制度がありません)。
写真は視察時に案内された35億円以上もするペントハウスの写真です。価格は抜きにして心底素晴らしい物件だと思いました。

img_ryu_04mar19_01.JPG
 
img_ryu_04mar19_02.JPG