ページのトップへ移動

個別記事

クィーンズワーフ(Queens Wharf) 開発アップデート

ブリスベン市街中心地の川沿いエリアはブリスベンっ子の憩いの地です。川周辺の公園や歩道は、オフィスで働く人、街に遊びに来る人両方で賑わいます。サウスバンクと街をつなぐメルボルンブリッジの街側一体の大がかりな再開発エリアはクィーンズワーフ(Queens Wharf)と呼ばれスターカジノをはじめ、リッツカールトン、ローズウッドホテルなども入る予算豪ドル$3Billion(約2700億円)の総合開発です。開発の中心部分(カジノとホテル、住宅タワー)は2022年完成をめざしており、特に話題を呼んでいるスカイデッキは、シンガポールのマリーナベイサンズを思わせる設計で、ブリスベンのホットスポットになること間違えなしです。敷地は基礎工事が始まっており、古い建物は解体され順調に進んでいます。住宅タワーの売り出しは今年の後半あたりになりそうです。定期的にプロジェクトの進捗をお知らせいたしますので、どうぞお見逃しなく!!

img_mo_04feb19_02.jpg
 
img_mo_04feb19_01.jpg