ページのトップへ移動

個別記事

豪州と日本の実質利回りの比較方法

不動産投資に対する利回りがどのくらいあるか?これは日本国内&海外においても関心高いテーマであることは間違いありません。最近は東南アジア諸国の不動産も価格が上昇してきて利回りが下がり始めている、と聞きます。他の国はおいといて、豪州の居住用不動産利回りはベンチマークとして表面利回りは5%、実質利回りは2-3%となります。勿論、人気のあるエリアは価格があがりますので、その分利回りは下がります。さて、そのような案内をいたしますと、日本の不動産投資家の中には「それではあまり日本(東京)と変わらないね、むしろ日本がいいと」とコメントされる方も多くいます。私は日本の不動産のことはあまり存じませんが、海外不動産への投資は資産のリスクを分散するという一面ももっています。利回りの比較は当然考量されるべきだと思いますが、その際、投資する国との比較も大切です。不動産投資をする際に検討されるデータの比較表を簡単にまとめてみました。
日本と豪州を比べてみると同じ例えば同じ利回りだとしてもその利回りを実現する環境がかなり異なるということが読み取れると思います。勿論、比較はこれだけではないですが、客観的なデータをみることもポイントですね。 いつでもワイドエスートまでご相談ください!

img_ryu_06feb19.jpg