ページのトップへ移動

個別記事

不動産投資、将来上がりますか?

お客様よりゴールドコーストで不動産の投資を考えているが、将来あがりますか?という質問を頂きます。大きな買い物となりますので当然の質問だと思いますが、幾つか留意点がありますので簡単に説明しましょう。

先ず、オーストラリアで不動産の購入を検討する際、大きく分けて二つの入口があります。(ここでは別荘は除きます)
純粋に投資、つまり「儲ける」ということのみを考えるのであれば主要都市においては経済規模が大きいシドニー、メルボルン、ブリスベンを最優先に、ゴールドコーストは最後に考えた方が適当だと思います。経済規模が大きいエリアは賃貸事業、キャピタルゲインともに狙えると思いますし、最近はホバートの不動産の価格上昇も顕著で投資であればこのエリアも検討されるべきでしょう。
次に、買った物件の運用をホテルオペレーター等に任せ、自分が使いたい時には使い、使わない期間は観光客に貸し出しをして収入を得たいという方にはゴールドコーストやケアンズの 物件は最適です。この入り方はどちらかといいますとご自身、或いはファミリーの「ライフスタイルの質の向上」という側面に重きをおいていますが、こちらも実はご自身のモチベーション、満足度合いをあげるという意味では投資リターンの類かもしれません。

さて、前述の質問に戻ると、答えとしては「不動産投資で[儲ける]ことを目論むのであれば、ゴールドコーストではなくシドニー、メルボルンを先ず考えた方がベストですが、例えば、ライフスタイルの質の向上が目的であればゴールドコーストはお勧めです。素晴らしい環境が整っていて、夢を叶えられそうな物件も多数ありますし、お持ちの間はホテル会社等に運用を託してご自身が使わない間は貸し出しをして収入を得ることができます。留意点としては、シドニーやメルボルンと比較して市場規模が大きくない為、大きなキャピタルゲインを得ることは難しいかもしれませんが、長くお持ちになり市場が良い時に売却されているお客様の中にはプラスα、或いは大きなキャピタルゲインを得て売却されている方も多くいらっしゃいます、という答えになります。

どうでしょうか、このアドバイス?参考になりますでしょうか。オーストラリアで不動産投資をする際には、どちらの入り口がご自身にとって適当か考えてみるきっかけになれば幸いです。

img_ryu_05dec18.jpg