ページのトップへ移動

個別記事

リゾート気分でランチ@サンクチュアリーコーブ

ゴールドコーストの中でも、屈指の統合リゾート「サンクチュアリーコーブ」での仕事の後、マリナビレッジ内の、ヨットハーバーが見えるレストラン 「ANCHOR BUOY CAFE & BAR(アンカーブイ・カフェ&バー」でランチをしました。

img_jo_04dec18_01.jpg

「サンクチュアリーコーブ」は、約30年前に、日本のバブル時代に日本企業が開発したリゾートです。オープニングでは、フランクシナトラやホイットニーヒューストンが歌い、華々しくオープンしました。現在は、マレーシアの会社が運営しています。リゾート内には、36ホールのチャンピョンシップゴルフコース、マリーナ、レストランやカフェがあり、そして、ウオーターフロント、ゴルフフロントの住宅が建っています。

ランチは、まずは、ドライの白ワインでのどを潤し、お食事は、シーフードプラッターを頂きました。エビ、イカ、サーモン、白身の魚、サラダ、そしてチップが付いてA$29.90、二人でシェアするとちょうど良い量でした。味も、なかなか美味しかったです、お値段、雰囲気、料理の内容を考えると、非常にバリューのあるランチでした。また、マリナビレッジ内には、ステーキ、シーフード、イタリアン、タイ、中華などの様々なレストランがあり、リゾート内の「インターコンチネンタル」ホテルのレストランもありますので、お食事も満喫できます。

そして、リゾート内では、カンガルーにも会えました。

img_jo_04dec18_02.jpg
img_jo_04dec18_03.jpg
img_jo_04dec18_04.jpg