ページのトップへ移動

個別記事

開発物件もロケーション!

最近取り扱わせていただいた弊社のお客様のブリスベンの売却物件ですが、今、若い世代がどんどん増えているエリアGeebung, Zillmereに位置する古い一軒家でした。築50年近い物件でしたが、テナントさんも入っており、買主は将来小規模ですがDuplex(デュープレックス)と呼ばれる2軒が1つとなるテラスハウスを建てて賃貸されることを検討中。順調に人口が増えるブリスベンだけあり、このあたりは、市の開発計画ガイドラインが変わり今まで戸建てのみが建築可能だったところから、こういった集合住宅も立てられるようになり人気です。これを見極めて何年も前にこの物件を買われた売主もすごいですが、築50年の一軒家を買って将来開発しようとする若い買主もすごいですね。
『不動産はロケーション』と言われますが、先を見ながらこういった情報を集めて良さそうな物件を買うというのは、そう簡単なことではありません。ワイドエステートでは、地元に密着した情報を集め良いロケーションの物件探しのお手伝いをさせて戴いております。

img_mo_18jun18_01.jpg