ページのトップへ移動

個別記事

期待できる!アドレードの不動産

今後不動産投資で伸びしろが期待できるところはどこがありますか?という質問に対して具体的に「ここだよ」と言えるエリアが幾つかありますが、その内のひとつに南オーストラリア州の州都アドレードの近くにあるハレットコーブ(Hallett Cove)は狙い目です。閑静な住宅エリアは他と類似していますが、大きな特徴は夕日が海(St Vincents湾)に沈んでいく光景が見れることです。ゴールドコーストやシドニーはオーストラリア大陸の東海岸に面していて太平洋から朝日が昇ってくる景色を見れますが、ハレットコーブはその逆で大海原の果てに大きなオレンジ色の太陽がじわじわと沈んでいく光景が見れるのです。初めて夕日を見た時に方向感覚が分からなくなりました。私の知識では大陸の西海岸、例えばパースがあるエリアでのみこの景色が見れると思っていたのですが、アドレードの独特な地形、住宅地の広がり具合からこのエリアでも大海原に夕日が沈んでいく景色が見れるのです。その景色の静粛さは言葉では表現できないほど素晴らしいもので、ここに、このエリアの不動産価値があると考えています。オーストラリアでは一般的に海、湾、内海、川の景色が見れる不動産は価値があり、それに利便性(例、市街地内、市街地に近い等)が加わると価値は増加していきます。このハレットコーブは市街地のアドレードから車で15分、電車も通っており、アドレードの経済規模が大きくなるにつれて(ほぼ同時に)価値が増加していくことが容易に想像できます。今、ほとんどの投資家はシドニー、メルボルンに軸を置きがちですが、アドレードはまだ割安感があります。是非、一度検討してみはいかがでしょうか。

img_ryu_27sep17_01.jpg
 
img_ryu_27sep17_02.jpg