ページのトップへ移動

個別記事

ソファーから5km走る!!

先日のテレビのニュースで太りすぎの人が増えて大変なアメリカでは、今New Norm「新しい"普通"」という言葉が作られ、「太ってももういいのです。これが普通。だからダイエットもしない。。。。」という「新しい"普通"」な人がいっぱいなのだそうです。とはいっても、はやり太ることは病気の根源ということで、ダイエットはもちろん、健康を維持するための携帯アプリは山のようにあると思います。今年のはじめに私が紹介されたアプリで、C25K(C to 5km)というのがあります。これはアメリカのアプリだと思いますが、Cというのはカウチ(ソファー)の意味で、ソファーに座りっぱなしの人が8週間のトレーニングで5kmジョギングできるようになる!というすごいもの。私は走るのは大の苦手。。。なので、「まった、そんなことありえないでしょう。」という半信半疑の態度で始めたC25K。途中で休んだ日もありましたが、週3回のペースで走り続けたら知らない間に8週間目に突入!!なんとあの「走れない私」が28分間休まず片道2.2kmを往復できるようになりました。アプリはなかなかマニアックで毎回走る時間が変わり、携帯から聞こえる「あと何分走ると中間地点、はい、3分歩いてよし!」という声に励まされ、まぁ、ゆっくりジョギングペースですが目標の5kmまであとわずか!!となりました。とはいっても、8週目28分間の最後の3分は時計を1分おきに見てしまうほどへとへと?!状態で。。。マラソンを走る人は一体どういう心臓で、どういうトレーニングしているんだろう。。。。などと思いながら、終わった後のストレッチをしています。ブリスベンの川沿いのジョギングコースは緑も多く素敵な歩道が整っており、走る間に色々な人とすれ違いとても楽しいです。また市が設置してくれている無料のジム器具がところどころにあったりして歩く人は散歩途中で軽いマシンエクササイズも可能です。天候も落ち着き、涼しいくらいの朝、夕。健康維持のためのこんなに良い環境が整っているので、歩くか走るか、とにかく何かしないともったいない秋のブリスベンす。

img_momo_06apr17_01.jpg
【ここを超えると4km】  
img_momo_06apr17_02.jpg
【川沿いのジョギング/散歩道】  
img_momo_06apr17_03.jpg
【市が設置しているジム機材】