ページのトップへ移動

個別記事

まだまだこれから?恐るべしチャイナマネー

相変わらずオーストラリア(に限らず)経済誌やメディア等では「中国の景気が悪いので 豪州に対する投資が激減する、対外投資規制が強化されるので豪州の不動産を購入し難くなり市場に影響がでる云々」とチャイナマネーの流入に対して悲観的なニュースが流れていますが、ここにいると「何の事やら?」と思ってします。勿論、いずれは影響がでてくるかもしれないが、今のところチャイナマネーはまだ入ってきています。しかもどんどん。。直近の住居の購入事例でいうと以下のとおり(A$1.00=85円)、しかもラグジュアリーな物件ばかり!オーストラリアでこのような超豪華物件を購入する主な理由のひとつとして、子供にそこに住まわせ、オーストラリアの大学へ行かせ、その間、自分達はホリデーハウス(別荘)として利用し、最終的にリタイア後、ゴールドコーストでラグジュアリーなライフスタイルを送るためだそうです。
以下の物件は勿論、googleのマップでもみれますよ。

1、159 Hedges Ave, Mermaid Beach....A$13.25mil (約11億3千万円)

img_ryu_25jan17_03.jpg
 

2、57 The Corso, Isle of Capri....A$15.50mil (約13億3千万円)

img_ryu_25jan17_05.jpg
 

3、18 Southern Cross Drive, Cronin Island..A$11.00mil (約 9億3千万円)

img_ryu_25jan17_04.jpg
 

4、46 Norseman Crt, Paradise Waters....A$10.20mil (約8億6千万円)

img_ryu_25jan17_02.jpg
 

5、Sail in Hope Island Resort(住所非公開)....A$11.00mil (約9億3千万円)

img_ryu_25jan17_01.jpg
 

どうです。ここまでくると、こっちまで気持ちが大きくなってしまって「1億円の家も大した事ないね!と言ってしまいそうです。。ちなみに5のSailは我が家の目と鼻の先!とは言っても我が家はこの家に比べるとうさぎ小屋の類になろうかと。。。
本当に恐るべしチャイナマネーです。