ページのトップへ移動

個別記事

日本のリゾート物件は破格!

前回、日本に出張で帰国した際に越後湯沢&苗場に行きました。目的はオーストラリ人に日本のリゾート物件が売れないか?と思案しているからです。越後湯沢&苗場はご存知のとおり私達の世代でというと知らない人はいないくらい有名「だった」スキーリゾート地。物件情報をみると結構状態のよいもので1LDK、2LDKでも100万~300万、苗場ではなんと10万円ものも!ここなら東京からも近いしオーストラリア人にも売れるかもと思い現地&不動産視察にいったいきました。結果、といいますか感想としては「宝の山」でした。少し淋しい感じがしたのはシーズンのせいもあるかもしれませんが、冬景色はきっと素晴らしいものと想像ができ、またリゾート物件も山ほどあり「これはいける!」と思い期待をつのらせ地元の不動産業者に面談にのぞみました。

img_ryu_01aug16_01.jpg img_ryu_01aug16_02.jpg
 
img_ryu_01aug16_03.jpg img_ryu_01aug16_04.jpg
 

が、難題が。。何と、外国人が物件を買う際にはいろいろと諸条件が課せられるということ(しかも難題)。聞くと、外国人は物件を購入した後、固定資産税や管理費を払わなかったりするケースがあったり、また管理規約を守らず他の住民に迷惑をかけているからというのが主な理由。地元の不動産業者に限らず都内の不動産業者からいろいろとお話をききましたが同様な問題から取引に少し消極的な(場所によっては事実上ほとんど受け入れない)印象をうけました。確かにオーストラリア人は外国人だけれど少し国民性が違うのにな~、と思いましたが、考えてみるとオーストラリア政府&銀行も外国人が最近爆買いをしているので不動産購入について消極的なスタンスをとりはじめている。日本人は違うのにな~と思いながら仕方がないと思っています。話がそれましたが、日本のリゾート物件は破格ですが工夫をするとオーストラリア人に良い値段で売れると思います!日本でリゾートマンションを一棟お持ちで売られたい方、是非、ワイドエステートにご相談下さい。