ページのトップへ移動

個別記事

円高基調、豪ドル買い、不動産投資のチャンス

ここ数日、円高が続いています、経済学者でもないので、今回の円高の理由を的確に分析はできませんが、巷では英国のEU離脱懸念、日銀の政策金利政策の現状維持、アメリカの利上げ見送りなどの原因により、安全な通貨と見なされている円が買われている、など諸説が報道されています。この先、円高が続くのか分かりませんが、今日の為替レートは、1豪ドルが76.841円と2012年以来の円高です。不動産という高価な買い物をすることを考えると、為替の影響は大きいです、例えば、50万豪ドルの物件を、2014年10月19日の終値1豪ドル/95.128円で計算すると、日本円で47,562,500円、今日2016年6月17日に、この物件を購入すると38,420,500円と、9,142,000円と安く購入できます。20%引きで購入できたことになります。不動産市況の影響による価格の上昇下降どころではありません。すぐに不動産購入をする予定が無い方も、この機会に豪ドルを購入して、約年利3%の定期預金口座を開設して、利息を稼ぎ、将来の不動産投資に備えるということを検討されてはいかがでしょうか。資産運用として、今、豪ドルがチャンスです。オーストラリアの銀行口座は、現地で簡単に開設が出来ます、ゴールドコーストへは、成田空港からカンタス航空やジェットスター航空が毎日飛んでいます。この機会にオーストラリアへ。

img_jo_17jun16.jpg