ページのトップへ移動

個別記事

日本の不動産業者と豪州の不動産業者との違い

日本の不動産業者と豪州の不動産業者との違い。先ず違うのは仲介(日本でいう)の役割。豪州の場合、不動産業者は売り主と買い主、何方側の立場に立って仕事をするのか明確にしなければいけない。売り主につく場合には売り主側の業者として、買い主につく場合にはその逆、そして手数料は各々から頂くという業法になっている。日本では同様な形態に加えて、売り主と買い主の間に立ち仲介を行い両方から手数料を貰うという形態もある。業法上問題はない。むしろ業者はこの手法(形態)を用いて商談を進める事を先ず優先に考えている。

日本の仲介業は長い歴史、文化、商慣習などが織り混ざり出来上がったものだと思うので、それはそれでよいが、これを豪州でやろうとしたら利益相反(衝突)になり業法で罰せられる。罰金もある。業者としてどっちがいいかというと日本の方がいいにきまっているが、長い間此方で不動産業をしていると日本の不動産業者の立ち位置がいまいち腹にストンとおちてこない。でも日本の不動産業者は買い主&売り主両方から貰えていいな~とおもう。

ちなみにオーストラリアの不動産情報サイトに掲載されている物件情報(主に中古)は売り主側の不動産業者が交渉の窓口となる。前述の理論でいくと業者は売り主に有利な条件で商談を引き込む可能性があるので此方での不動産取引に不慣れな方は少し注意する必要がある。もう一つ違う点はまたの機会に。

img_ryu_13jun16.jpg
イメージはNikkei Styleから