ページのトップへ移動

過去の記事

:2015年

毎週水曜日はセブンイレブンへ

毎朝セブンイレブンの前を通るたびに広告を見て気にはなっていたのですが別にどうしてもという用事がないので行かないでいたのですが、今朝はたまたまミルクを切らせていたのでそれを買いに行きました。今日は水曜日!ショップの外には「サンドウィッチ、サラダA$2」と広告が出ているけど店内のサンドウィッチコーナーには何も広告は出ていない。通常通りに棚に陳列されていて1つ1つにそれぞれA$5とシールが貼られています。どれがA$2?と思い店員さんに聞いたら、なんとそのコーナーにあるものはすべてA$2だと。ラップもサラダもすべてA$2。朝食をまだとっていなくてお腹がすいていたCOOは思わず、4つ(家族の分)もサンドウィッチを買ってしまいました。家に帰ってよく見ると単価がA$7のもあり、超お得なお買い物をしたと朝からいい気分。みなさんも気が付いたら行ってみて下さい。

img_coo_07oct15.jpg
 

ゴールドコースト大型プロジェクト第二弾

地元ゴールドコーストブリテン新聞によると

中国企業 フォリス・ホールディングス(Forise holdings)が、ゴールドコースト、サーファーズパラダイスに超高層マンション建設の許可を得た報じました。高さは285 メートル、88階建て。開発費は、12億豪ドル、総戸数693戸、レストランや小売店が入り予定。

先日の、ジュエルアパートメント(THE JEWEL)に続く、チャイナマネーによる大型プロジェクト。

「爆買い」は世界中で展開しているようです、インフラが整備されることは、ゴールドコーストにとっては吉報です。

img_haya_02oct15.jpg
 

オーストラリア不動産投資ローンの特徴

お客様より「日本在住ですが、オーストラリアの不動産を担保に融資を受けられますか?」というご質問を度々頂きます。答えは勿論「Yes」です。自己資金額、所得、属性その他の審査の結果によりますが、基本的には日本在住の方でも不動産担保ローンを組んで不動産を購入する事ができます。さて、オーストラリアの不動産ローンの特徴に元金の一括返済というのがあります。どのようなものかというと、借りている期間は利息のみを支払い、例えば売却時にその売却額から一括でローンを返済するというものです。元金が減らなくて損をしている気分という方もいるかもしれませんが購入する不動産が投資物件、しかもキャピタルゲイン狙いであればこの手のローンを使ってもよいかと。そんな怪しげなローンきっとノンバンクでしょう?とおもいきやそうではありません。豪州の大手四大銀行のHPをみるとちゃんとローン商品としてあります。貸し付け期間は3年、5年、長いものになると10年ものあります。低金利で借り入れをおこしキャッシュフローをプラスにしながら長期でキャピタルを狙う。低金利が続いている今であれば可能性はあります。
是非、ワイドエステートにご相談下さい。

img_suna_17sep15_02.jpg
 

プレママ、ママ応援のお楽しみ袋?

もう、だいぶ前の話ですが、「あれ、日本はこういうのあるのかなあ?」と思ったのでご紹介します。
妊娠中から出産後に節目、節目でもらえるBounty Bag。
「MOTHER TO BE BAG」は妊娠12~14週頃に産婦人科医や超音波健診に行った時に、「NEW MOTHER BAG」は出産後すぐ、病院でもらえました。「NEXT STEPS BAG」は確か赤ちゃんが3~6ヶ月の時にバウチャーを印刷してTargetにもらいに行きました。
このお楽しみ袋?、Bounty Bagの中には、紙オムツ、おしりふき、オムツかぶれ用クリーム、ベビー用ボディーソープ、ベイビーフード、妊婦用商品等の盛りだくさんのサンプル品、車につける「Baby on Board」のサイン、ベビー用品店の割引券、チラシ、育児ガイドラインそして育児雑誌やプレママ雑誌などが入っていたので、妊娠中の過ごし方、赤ちゃん用品は何が必要になってくるか、その他の知りたい情報が入手できたので、本当に助かりました。
プレママ、子育てママの応援BAG!!、オーストラリアで、これからも続いて欲しいです。そして日本もまねしてくださいね。
【Bounty Bagsの詳細ページ】http://www.bountybags.com.au/

img_cyu_28sep15.jpg
 

ブリスベンのベイエリア

ブリスベン市街中心地から車で約20分海に向かって走りますと、大変のんびりとした海沿いの町Manly(マンリー)とWynnum(ウイナム)という地域に出ます。このあたりはベイエリアと呼ばれ、ブリスベン市の管轄する一番海よりの町。ヨット、クルーザーのメッカで南半球で一番大きなマリーナがあり、あたりはすっかり海の町です。潮風を感じながらの食事ができるおしゃれなレストランもあり、坂を上がって街の中心にでるとカフェやかわいい小物のお店などが並びます。Wynnumは比較的不動産もまだお手頃。海の見える2ベッドルームで60万ドル程度から。とはいえ、昨今の建築ラッシュで売れ行きも早いようです。ブリスベンのシティ(市内)に近く、でも海の雰囲気がほしい!とおっしゃる方、お勧めです。新築物件情報はワイドエステートのホームページをご覧下さい!

img_shim_25sep15_01.jpg
 
img_shim_25sep15_02.jpg img_shim_25sep15_03.jpg
 

ブリスベンのカルチャーエリア

ブリスベンのシティ(市内)から川を挟んで、向いのサウスブリスベンの川沿いはカルチュアルディスリクトと呼ばれるエリアがあります。サウスバンクに沿って立ち並ぶ建物には州立の劇場、博物館、美術館、近代美術館、そして図書館がはいっておりブリスベンっ子の憩いと、学び、芸術の広場です。私はこの中で博物館と図書館のレギュラー(?!)。図書館にはシティとブリスベンリバーを眺めながらコンピューターをぱちぱちできるエリアもあり、Wi-Fiも無料で早いからおすすめ。

img_shim_23sep15_01.jpg img_shim_23sep15_02.jpg
 

博物館の無料で入れるエリアもなかなか充実しており、ほぼ等身大のクジラが天井からつるされて泳いでいるように見えるホエールモールはクジラの鳴き声まで聞こえ、そこに立っていると「まったり」気分になります。ただいま美術館は恐竜展示中。館外にはなんとここにも等身大の恐竜がおいてあり(広いブリスベンならではですよね!)、動くし鳴く、という芸の細かい置物。やるなぁ。。。。州立美術館。。。。ブリスベンにおいでの際は、お勧めスポットです。
【州立美術館ホームページ】http://www.qm.qld.gov.au

9月27日までサウスバンクではブリスベンフェスティバルも開催中。
【ブリスベンフェスティバル情報】http://www.brisbanefestival.com.au/

img_shim_23sep15_03.jpg img_shim_23sep15_04.jpg
 

他人の名義で中古物件を購入するリスク

オーストラリアには規制があり一般的に外国人は中古の住居不動産を購入することが出来ません。購入出来ないとなると何とかして購入できる方法はないものかと考えるが人情。あの手この手はないかと色々と相談をうけることがありますが、その中にオーストラリアに在住している友人、知人の名義を借りて購入できないかという相談があります。実際に他人の名義を借りて購入している方もいるようですが私はそれは辞めた方がよいとはっきりと伝えます。名義を借りたつもりでも実質上は「あげた」という可能性があり仮に将来その方とトラブった場合取り返す事が困難になると想像出来るからです。裁判沙汰になった際に「何故その方の名義で購入したの?」と裁判官から問われたらどう答えるのでしょうか?
その方と人間関係が上手く行ったとしても仮にその方が突然亡くなったらどうするのでしょうか?その方の名義なのでその方の家族の相続財産とみなされる可能性もあります。
というようにいろいろとリスクがあります。そのようなリスクを負ってまで中古物件の購入に固執する必要があるのかな?と考えてしまいます。
で、私が名義貸しを頼まれたらどうする。。どうしよっかな~。。うけちゃおうかな(笑)。

img_suna_17sep15.jpg
 

便利な公共のバス(ブリスベン)

先日ブリスベンシティに用事があり出かけました。出かけついでにサニーバンク(中国街)、イナラ(ベトナム街)そしてIKEAにも寄りたかったので車で出発。でもブリスベンシティの駐車場代が高いのは知っているので市内には駐車したくない。それなら電車の途中駅に併設されている駐車場に駐車しようと行ったのですが考える事は皆同じで満車。仕方なくサニーバンクプラザショッピングセンターに駐車してバスでブリスベンシティへ。バスでブリスベンシティへ行くのは初めてです。シティ行のバスは大学や病院経由という事もあり次から次へとバンバン出てます。来たバスに乗るとここはどこ?と感じる程乗車している人達のほとんどはアジア人です。サニーバンクプラザから一般道を走り3つくらい各駅停車をしたと思ったらバスはものすごいスピードで高速道路を走り始めました。なんとこの道路はバス専用の高速道路で通常の高速道路と並行してブリスベンシティまでつながってます。自家用車でブリスベンへ行った時に隣に見える道路がそれでした。長くゴールドコーストに住んでますが知りませんでした。サウスバンクで高速道路から降りてバス専用レーンに入る為に少しだけ一般道を走行します。その時だけ渋滞に巻き込まれますが、そのあとはまたバス専用レーンでシティまでつながるので非常に便利です。バスは移動の時間が読めないのが難点でしたが、バス専用高速道路のおかげでほぼ渋滞なしでシティに行けます。ちなみにサニーバンクからシティまでの所要時間はおよそ26分です。これからちょくちょく利用しようと思います。

img_cyu_15sep15_01.jpg img_cyu_15sep15_02.jpg
【隣に見えるのは通常の高速道路】   【バス専用高速道路にあるバス停】

マックカフェ

子供が小さかった時はカラフルなプレーグランドで遊ばせたり、バースデーパーティーに参加したりと結構お世話になっていたマクドナルドですが、この頃はめっきり訪れる回数が減って来ていました。そんなある日の夕方、久しぶりにちょっとチップスを買いに立ち寄りました。たまたま立ち寄ったマクドナルド店はマックカフェも併設されていてキャンペーンをしてました。(月曜日はコーヒーのダブルショット分がフリー、火曜日はシニア割引で1杯買うと1杯フリー)ファーストフード店もお客様確保の為にいろんなサービスをしているのですね。

img_coo_15sep15.jpg
 

ブリスベン連絡事務所オープン

ワイドエステートはゴールドコースを中心に日本のお客様への不動産コンサルティングの事業を展開しておりますが、ここ数年増えてきている州都ブリスベンでのご依頼に更にしっかり対応させていただくため、今年8月からブリスベンに連絡事務所を開設いたしました。場所はバス、電車、フェリーでのアクセスも便利な320 Adelaide Streetになります。ゴルドコースト同様、一般不動産売買、賃貸サポート、ビジネスコンサルティングなど、お客様のご要望にお応えできるよう精進してまいります。

img_shim_14sep15_00.jpg img_shim_14sep15_02.jpg
【320 Adelaide Street】   【建物入り口】

今回、弊社が借りたオフィスはサービスオフィスという形態です。受付、応接エリア、秘書サービスなどを他の方とシェアするシステムで電話やインターネットなどすべて完備されれているオフィススペースを短期(1ヶ月くらいから)でも借りることができます。電話、インターネット接続は意外と複雑な作業となることもあり、また、まだ事務所のロケーションが絞れていないが、業務開始をすぐにしたい、と思われる方のベースとしてもこのスタイルのオフィスレンタルは大変便利です。もちろん、気に入れば長期での賃貸も可能です。詳細はワイドエステートまでおたずねください。

ブリスベンおいでの際は、ぜひご連絡くださいませ!!

img_shim_14sep15_01.jpg img_shim_14sep15_03.jpg
【笑顔が素敵な受付のスタッフ】   【応接エリア】

前の10件 12345678