ページのトップへ移動

過去の記事

:2015年

ようこそ、五郎丸選手!!

最近、日本のスポーツニュース番組を見ると、必ず、ラグビーの話題が取り上げられている。

先日のラグビーワールドカップでの、日本チームの躍進の影響だと思いますが、南アフリカ戦の勝利は、地元の人からも称賛されました、夜中の試合だったので、テレビを見ていなかったのですが、朝、ゴルフ場に行ったら、クラブハウスで「日本チームの勝利、おめでとう」と言われ、何のことやらと、思ったところ、よくよく聞いたら、強豪南アに劇的な勝利をしたと、流石、ラグビーカントリーのオーストラリアは情報が早いと思うのと、同時に日本チームを誇らしく思いました。

その中で、やっぱり、一番の注目が、あの独特なポーズでキックを決める、五郎丸選手、日本中に話題になったようですが、その五郎丸選手が、ブリスベンのスーパーラグビーチーム「REDS」に来年加入することが決まったようで、REDSのホームページでも、日本語で「ようこそ五郎丸選手」とウエルカムムードで掲載されています。

来年は、彼の試合を見に来る、日本人が増えることを期待しています。
私も機会があれば、ぜひ、観戦したいと思います。

【REDSのホームページ】http://www.redsrugby.com.au

img_jo_06nov15.jpg
 

初めての水泳教室

海、内海、川、家のプール。。。と何かと身近に水が多いゴールドコースト。オーストラリアでは「Learn to Swim」となるだけ早いうちから泳ぎを習わせましょうと勧めています。
【Swim australiaのホームページ】http://www.swimaustralia.org.au/

img_cyu_05nov15_01.jpg
 

少し前の話ですが、息子も18ヶ月の時に近くのスイミングスクールで体験レッスン(無料)を受けました。親同伴で、4組につきコーチが1人つきます。水泳と言ってもまずは、水に慣れる、水遊びを楽しむというのが基本。お風呂はきらいじゃないけど、息子はほとんど泣きっぱなし、そして片言で「イヤイヤ~」。他の子供達は、初めてじゃないのもあるかもしれませんが、とっても楽しそうで、ニコニコとはしゃいでます。1歳未満の赤ちゃんも多かったです。もっと早いうちに連れてくればよかったと少し後悔。さあ、この先、息子は水に慣れるでしょうか。

img_cyu_05nov15_02.jpg
 

余談ですが何を勘違いしたのか、シャンプー、保湿クリーム、ヘアドライヤー、クシをもって行った私。 そんな場所ないし~。行く時は家から水着姿で、終わった後はパパッとタオルでふいてオムツを とりかえてさっと洋服に着替えて帰る。こんな感じでした。

今回お世話になったスイミングスクール
【Rackley Swimming Runaway Bay】http://rackleyswimming.com.au

相続税のお話1- 私が日本人の富裕層だったら。。

日本では今年の1月1日から相続税&贈与税が最高55%に引き上げられたことで世間ではなにかとこの話題がとりあげられている。
オーストラリアには相続税&贈与税がないのでオーストラリアの友人にその話をするとほぼ100%「Get ou of the country」、つまり「国を出た方(捨てた方)がよい」という。私もそう思う。例えば富裕層は高額な所得税を払い続けた上に相続時には更に半分を税金として支払う訳で(つまり家族の資産が減る)、そのことを考えると、日本に住んでいるメリットがあまりないように思う。ただ何故か日本人は動かない。。。先行きは多額の相続税を払う事になることを分かっていてもである。。。
不思議ではあるが、でも何らかの事情がいろいろとあるのだと思うし、つまるところやっぱり日本が好きなのだと思う。
それにしても勿体ない話である。もし私が日本の富裕層で資産が5億円程あるとしたら。。。先ずその資産を全て現金にかえる。その現金を持ってオーストラリアに渡り永住権をとる。その資金をもとにオーストラリアで不動産や金融資産のポートフォリオを組み立てる。勿論、リスクヘッジとして外貨預金、日本を含む他の国の不動産も購入する。オーストラリアで事業(ただ、一生懸命にはしない)をしてもよい。そして現行の相続税がかからない状況になるまで、或は環境をつくるまでオーストラリアを住まいとしてオーストラリアのクォリティライフスタイルを楽しみつつ、日本のいいシーズンに旅行、また他の国への旅行も楽しむ。ライフスタイルを満喫し尚かつ相続税対策が上手く行った後は日本に帰るか、オーストラリアに引き続き住むか考える。。。
その頃には資産も倍増。。。しかも相続税無し!!。。。と夢なようなお話ではありますが、興味のある方はワイドエステートまで!

img_suna_24sep15.jpg
【早見表は国税局からの抜粋】  

ジャカランダお花見の季節

今年は開花が遅いなーと思っていたジャカランダ、すっかり満開となり我が家のそばの川沿いもとてもきれいです。

img_mo_26oct15_01.jpg img_mo_26oct15_02.jpg
 

ジャカランダは日本の桜のような花で南半球の春になると一斉に咲きます。桜より咲いている期間は長く、1ヶ月以上楽しむことができます。9月のおしまいから10月にかけてブリスベンでは川沿い、ボタニックガーデンなどお花がとてもきれいです。今年は咲はじめが遅かったせいか、そろそろ11月ですが、まだまだきれい。
川沿いは最近市が設置した健康用のマシンもあり、週末や朝、夕方ジャカランダのお花をバックにブリスベンっ子が利用する姿が見られます。

img_mo_26oct15_03.jpg
 

きれいな紫の後ろには建築中のビルのクレーンが見えるあたりは、ブリスベンならではの景色かもしれないです。この季節にブリスベンにおいでになったら、お時間あれば、是非お花見も!!

安くて質がいい紙オムツを使おう!

もうすぐ2歳になる息子。離乳食、そして幼児食となっていくと、捨てるものにはお金をかけず食のほうにお金をかけたいと思うようになりました。
生まれた時から紙オムツはHUGGIESでしたが半年ぐらい前から、ネットの口コミやママ友からの情報をたよりに、いろんなオムツを試し、値段と質、そしてフィット感で、Colesの紙オムツ「comfy bots Nappies 」を使い続けています。ちなみに今のサイズ、13-18kg WALKERだと44枚入りでA$11、なんと一枚A$0.25。その前のTODDLERサイズは50枚でA$11でした。ALDIの紙オムツ「mamia」も同じぐらいいいので、こちらも時々買ってます。

img_cyu_22oct15_01.jpg
 

ちなみにおしりふきもColesの「comfy bots baby wipes」で80枚入りが6個入った480pkの箱買いをしています。なんとA$10と、ありがたい値段。

img_cyu_22oct15_02.jpg
 

意外と質がいい、このオムツとおしりふきは、よく見てると商品棚から在庫がなくなるのがとっても早いです。オーストラリアでも、どこの国でも、みんな考え方は同じですね。
トイレトレーニング開始もそろそろ。でもオムツ替えがなくなるのも少し寂しい気がしますね。

NBNになる!

NBNとはオーストラリア全国を光ファイバーケーブルで結んで、高速ブロードバンド回線のネットワークを構築するというものですが、ゴールドコーストではまだ全家庭の5%くらいしか接続が進んでいないそうです。そのNBNが今COOが住んでいるコンプレックスに入る事になり、近々工事をするというニュースレターが来ました。先週土曜日にはコンプレックス内のコミュニティーセンターでそれに移行する手続受付がありました。NBNプランは何社からか出てますが、今回コンプレックスに来たのはテルストラでした。COOはテルストラではない通信会社と契約してますが、何不自由なく低料金で電話と無制限インターネット接続が出来ているので特にNBNにスウィッチする必要はないと感じていましたが、コンプレックスそのものが18ケ月以内にすべてNBN回線になるそうで、そうなると今のADSL回線は自動的に破棄されてしまうという事が判明。
まだ先の事なので慌てなくてもいいけれど、ダブル容量、各部屋へのインストレーション、プロフェッショナルアクセスフィー、モデムなどすべて無料というスペシャルをつけてくれるという事なのでテルストラへ移行する事にしました。今月末までにコンプレックス内のファイバー工事をし、各ユニットの接続は11月1日~順次。今までインターネットでのストレスはほとんど感じなかったけど、これがもっと早くなるのかな?手続をしてくれたテルストラのスタッフから「You get NBN connection, So jealou! (羨ましいわ!)」と言われたけど。。。ちょっとワクワクです。

img_coo_19oct15.jpg
 

食パンA$1.90で幸せ気分

パン好きの私がゴールドコーストで、見つけた美味しい食パンはウールワース内のベーカリーで焼いてる食パン、「Extra Soft White Loaf 680g」でA$1.90。
でも、実はウールワースならどこの店舗でもいいと思ってはいけないのです。家から近い、数店舗で何度か買ったのですが、パンのふっくら感、食感、全然違います。何度「やられた~、これじゃない」と思ったことか。。。。
あまり教えたくないですが、私がはまっているのはサーファーズパラダイスのサークル・オン・カビル店の食パン。特に焼きたての時間帯に行くと、まだ食パンはあたたかく、袋の中で汗をかいてます(笑)。そして、パンの厚さも日本の6枚切りに近い。つぶれないように大事に持って、車の助手席にそっと置く。焼きたてパンの香りが車内いっぱい。。。幸せ。我慢できず、そのまま、フワフワの食パンをかじりついてしまいます。ご飯派の主人も、21ヶ月の息子も、このパンだと食べっぷりがいいです。
この美味しさ続いて欲しいなあ、、、

img_cyu_16oct15_01.jpg img_cyu_16oct15_02.jpg
 

ワイナリーで朝食を

先日、ブリスベンからも、ゴールドコーストからも気軽に行けるシロメィ・ワイナリー(Sirromet Winery)へ朝食を食べに行きました。このワイナリーの詳細は以前、COOさんがブログで紹介しましたのでここにリンクつけておきます。
ここの朝食は今回3度目。確か土曜日、日曜日しか朝食はやっていなかったと思います。午前8時30分に予約をいれて、まだ車が少ない時間帯にドライブ。朝の空気はとっても気持ちがいいです。40分程で到着。空がとってもキレイです。

img_cyu_13oct15_01.jpg img_cyu_13oct15_02.jpg
 

レストランへ行くと、すでに子供連れのファミリーがいました。私達も子連れなのでちょっと安心。こんな景色を見ながら、美味しい朝食が楽しめます。

img_cyu_13oct15_03.jpg
 

私はVegetalian Breakfast、主人はBig Breakfast。まるごと大きなトマトのグリルは驚きで、美味しかったです。21ヶ月の息子は私達のプレートからモグモグ。ふわふわのスプラングルエッグとお豆が美味しかったようで、何度も欲しがり、食欲旺盛でした。

img_cyu_13oct15_05.jpg img_cyu_13oct15_06.jpg
【Vegetalian Breakfast】   【Big Breakfast】

食後はレストランをでて散策。子供の遊具もあったりしたので、遊ばせるのには良い場所でした。ただカンガルーの落とし物がたくさんあって、息子が拾って食べないようにとヒヤヒヤ。

img_cyu_13oct15_04.jpg
 

そして幸運にも、野生のカンガルー(おそらくワラビー)親子と遭遇。息子が追いかけようとした瞬間、ピョンピョン逃げて行っちゃいました。初めて見た野生のカンガルー、息子にとっていい体験でした。

img_cyu_13oct15_07.jpg
 

必ず予約して行って下さいね。
シロメィ・ワイナリーのレストラン詳細ページはこちらからどうぞ

ますます便利な私書箱(PO BOX)

サーファーズパラダイスの私書箱(PO BOX)はこんな感じです。小さな箱が沢山並んでいて1つ1つに番号がついてます。

img_coo_12oct15_01.jpg
【サーファーズの私書箱】  

ワイドエステートの私書箱はPO BOX 816,Surfers Paradise QLD4217。そこに郵便物が届きます。箱が小さいので大きい郵便物は入りません。そういう場合は「他にも郵便物がありますよ」と言う通知が入っているので、その通知をカウンターのスタッフへ提出して私書箱に入りきらなかった郵便物を受け取る仕組みです。スタッフが不足していると順番を待つだけでも時間が経ってしまいイライラしてしまいます。それが郵便局も便利になりました。
私書箱に入りきらなかった郵便物がある場合は私書箱に「Locker ○番」と書かれたタグキーが入っているのでそれを取り、ロッカーエリアへ移動し、タグキーでロッカーを開けて郵便物をピックアップします。

img_coo_12oct15_02.jpg img_coo_12oct15_03.jpg
【ロッカーを開けるタグキー】   【ロッカーエリア】

その後はタグキーを返却ボックスに返せば終了です。待つことなく郵便物が受け取れます。待ち時間短縮でイライラ解消です。

img_coo_12oct15_04.jpg
【返却ボックス】  

ちょっとドライブがてら、キラのレストランへGREENHOUSE FACTORY

ゴールドコーストも大分暖かくなってきたので、ゴールドコースト空港近くのキラ(KIRRA)にドライブがてら、ランチを食べに出かけました。キラは、サーファーには有名な場所ですが、最近、新しいリゾートマンションが出来、おしゃれな街に変貌しました。この辺は、白い砂浜と緑の公園がきれいで、気軽に行ける、くつろぎの場所です。

img_jo_08oct15_02.jpg img_jo_08oct15_01.jpg
 

ランチは、ベジタリアン料理の「グリーンハウス・ファクトリー(GREENHOUSE FACTORY)」、最近、グルテンフリーの食事を試したり、グルテンフリーの味噌づくりを挑戦したりと、オーガニック系の食べ物に興味を持ち始め、TRIPADVISORの評価も、結構高かったので、試してみることに。

img_jo_08oct15_03.jpg img_jo_08oct15_04.jpg
 

ランチのメニューは、野菜や豆をふんだんに使った食べ物で、コーヒーも、中に入れるミルクまで、大豆のミルク(SOY MILK)や、アーモンドミルクなど、なかなか徹底していました。味も、結構おいしかったです。ちょっと驚いたのは、若い女の子が、沢山いて、美味しそうに食べてました、昔なら、若い子は、ハンバーガー、チップス、などの食べ物を好んでいたと思いますが、健康志向のようです、オーストラリアも変わったとつくづく思います。

img_jo_08oct15_05.jpg img_jo_08oct15_06.jpg
 
img_jo_08oct15_07.jpg
 

食事の後、目の前のビーチで散歩、ちょっとお出かけするには良いところです。サーファーズパラダイスからだと、車で30分ぐらいです。

img_jo_08oct15_08.jpg
 

前の10件 12345678