ページのトップへ移動

個別記事

スパイクヘルメット

オーストラリアにはカラスより一回り位小さくて白×黒の「マグパイ」という鳥がいます。その鳥の子育てシーズンは要注意です。子育てをしている木の周辺を通ろうものならものすごいスピードで攻撃を仕掛けてきます。

img_coo_26nov15_01.jpg
 

COO自身はまだ攻撃された事はないけれどうちの犬はいつも標的になってます。上から犬をめがけて急降下してスレスレのところでパチンという大きな音をたて威嚇し、何度も何度もそれを繰り返します。
ニュースにもなってましたが、小さな子供やサイクリストなどもよく襲われるそうです。その周辺を通らないのが一番なのはわかりますが、そうもいかないのが現実で外出時には帽子とメガネの着用が必要です。ここでは自転車に乗る時にはヘルメット着用が義務となっているのでそのヘルメットにはこんなプラスチック製のスパイクを取り付けています。(荷物を縛ったりする時に使うコードです)これをいっぱいヘルメットにツンツン立たせておけばなかなかマグパイも手出しが出来ないという訳です。特にお子様と一緒の場合にはこれでもかという位ツンツンさせたヘルメットを着用されるのがいいと思います。

img_coo_26nov15_02.jpg
 

COOはロープ(犬のリードで代用)を頭上でグルグル回しながらその周辺を通過します。すると攻撃を仕掛けて来ようとしてもロープにあたりそうになるので途中であきらめて木に停まりジィーと通り過ぎるのを見てます。通り過ぎても追いかけて来て攻撃してくる時もあるので気は抜けません。この頃はだいぶ落ち着いて来ましたが、春~秋にかけての子育てシーズンには十分注意しましょう。